はりせんぼん

今は調査員のお仕事をしている、もと看護師。最近、お勉強不足、渇を入れてやってください。

美しい

2016-09-18 20:30:11 | 日記
美しいと書いて、かなしい と読みます。
哀しい
悲しい
愛しい
のいずれも かなしい と読みます。
おおむかしの日本の表記でした。

悲しみから美も愛も生まれてまた哀しい。
地に足を付けた暮らしから生まれてくる、
魂のこもった言葉かもしれません。


人気ブログランキングへ

とあるアーティストが大学時代、どうしても苦手だったジャンルがあったそうです。
苦手だから懸命にやっているうちに職業になってしまった。
手が届かないかもしれないけれど、手を伸ばつづけている。
その志のようなものが昇華されてアートが生まれてきたと綴っています。
自分が死んだ後も残るってこともまた憧憬であるとも。

懸命に生きた軌跡のようなものに触れることは悲しくも美しく愛おしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルコウソウ | トップ | チャイム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。