よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

旅は尾道から-広島県尾道市

2015年12月31日 | 広島
Onomichi City, Hiroshima Pref.

さてさて、平成27年も今日で最後となりました。いつもワタクシのブログを見に来て下さる皆さん、本年はありがとうごあいました。
ワタクシ、26日から29日まで旅行に行ってきたのですが、今日から旅行の写真をアップしていきますね。
なにせたくさん写真を撮りましたので、しばらくは旅行の写真が続きますがよろしくお願いいたします

ワタクシはいつもの「恐怖の雨男」さんと大阪を4時に出発し、8時半に広島県尾道市に着くといういつもながらのスケジュールで、
9時前にはこの日に泊まるホテルの駐車場に車を停めて、尾道の散策に出向きました


ホテルは尾道駅の近くなのですが、この日の予定は尾道市街地の西端にある尾道駅からバスで東端まで行きまして、
そこから山沿いの道を尾道駅まで戻って来て、次は東西に続く商店街から歓楽街を東端まで歩き、
次は海岸沿いを東端から西端の尾道駅まで戻ってくるという行程を考えました。ではでは出発です。
あっ、山の上にお城の天守閣が見えておりますが、あれはお城ではないんですよ。
かつては博物館として建てられ、今は廃墟となっている建造物なんです


バスから下車すると目の前に尾道水道の小さな港と尾道大橋がありました。
「しまなみ海道」は尾道大橋からスタートし、愛媛県の今治をゴールとしているんですよね


まずワタクシ達は「古寺めぐりコース」と呼ばれる、尾道の山沿いの散策路を東から西に向かって歩くことにしました。
尾道は山麓にずらりとお寺が並んであおりまして、このお寺は浄土寺という立派なお寺さんです


浄土寺のすぐ隣に海龍寺というお寺があり、小さなダルマさんがいっぱいありました。
ダルマさんがあるから禅宗のお寺かと思うと、真言宗のお寺でした。上の写真の浄土寺も浄土宗ではなく真言宗でした


穏やかな冬の日差しが尾道の町に降りそそいでいます。年末とは思えないような穏やかな気候で、坂道を歩くと汗ばむほどでした


次々と立派なお寺があるのですが、ここは西郷寺という時宗のお寺さんなんです。
関西には時宗のお寺が少なく、ワタクシなどは珍しい気がいたしました


尾道という町を歩くと、なんとも言えない懐かしい光景に出会います。それがワタクシが尾道を好きな理由なんです。
歩けば歩くほど、次から次に心惹かれる光景に遭遇するんです。ですので、尾道は歩くのにふさわしい町なのです


こういう路地を歩いていると「尾道に来たんやなあ」という気持ちになるんですよね。
ではでは、大好きな尾道の町をゆっくりと紹介しますね

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


尾道を訪ねるのは、今回で四度目になりました。市街地は地図を見なくても、ほぼ迷わずに歩くことが出来るようになりました。
夏に一度、冬に三度尾道を訪ねたのですが、いずれの訪問の時もすべて快晴なんですよ。
私は尾道と天候の相性がいいようで、今回も「恐怖の雨男」さんのパワーは封印されたのでありました



写真日記ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加

新たな門出-大阪市福島区:「焼肉ソムリエ萬樹亭」

2015年12月30日 | 大阪(大阪市内)
Restaurant“Manjutei”, Fukushima Ward, Osaka City

さてさて、この日(12月20日)に梅田の方に出向いた理由は、以前から親交がある知人が大阪市福島区に新しいお店を開店したので、
お祝いを兼ねて食事に行くのが目的だったんです。ワタクシはJR福島駅で同行者を待ち合わせをして、知人のお店に向かいました


福島駅から南に10分ほど、ABC朝日放送の社屋の西向かいに「焼肉ソムリエ萬樹亭」の店舗がありました。
以前は大阪市の南側にある松原市に店舗があったのですが、「30代のうちに大阪市内で勝負したい」という意気込みで開店されたんです


お祝いの胡蝶蘭などがいっぱいあったお店は、庶民的だった以前の店舗に比べてずいぶんと高級感がある店舗に変わっておりました。
ではでは、ゆっくりとお肉を食べるとしましょうかねぇ


どーですか。まずは「ツラミのユッケ」です。数年前、ユッケによる集団食中毒(4人が死亡しました)のせいで、ユッケに対する規制が厳しくなりました。
オーナーは規制がかからないツラミ(頬肉)でユッケを提供してくれるのですが、これが美味いんですよねぇ。ああ、幸せ


どーですか。左は「ナムルの盛り合わせ」、右は「白菜キムチ」ですな。ワタクシはナムルもキムチも大好きなのですが、
最近は浅漬けのキムチを出すお店があるんですよね。キムチはじっくり漬け込んでいるのがワタクシは好きなのです


どーですか。続いては「焼肉上盛り合わせ」が運ばれてまいりました。
「上ロース」「上カルビ」「上ハラミ」「鶏のせせり」が盛られておりました


写真でも肉質の良さが伝わるのではないでしょうか。また隠し庖丁が入れられているのもわかると思います。
肉を美味しく食べてもらおうというオーナーの姿勢が伝わってくるんですよね


良質の肉はあまり焼いてはなりませぬ。ミディアムレア、もしくはレアでいただくのが一番美味しいのです


そしてそして、良質の肉はタレをつける必要もありませぬ。まずは塩でいただきます。ああ、幸せ


「赤身の肉はワサビで食べるのも美味しいですよ」とのこと。なるほど、これも美味いですねえ


どーですか。この「ミノ」(一番目の胃)を見てください。ホルモン(内臓のこと)は新鮮でなければ美味しくないのですが、このツヤツヤ感が見事です。
ミノはコリコリして堅いのですが、隠し庖丁のおかげで実に食べやすいミノでありました


どーですか。この「厚切りタン塩」もワタクシは大好きなのです。このタンを食べるようになってから、薄切りのタンは物足りなくなりました


久々に焼肉を食べに行ったのですが、満足満足とあいなりました。ぜひとも、また行きたいお店です

焼肉ソムリエ萬樹亭…大阪府大阪市福島区福島2-1-41

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


オーナーさんを若い頃から知っているのですが、肉の仕入れから調理まで自らの手でやっておられます。
他のお店ではなかなか食べられないような希少部位も食べることが出来るし、新しい店舗はワインもかなりの品揃えになっておりました。
福島駅周辺で美味しい焼肉を食べたいと思われるなら、ぜひお勧めしたいお店です



写真日記ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

梅田素描-大阪市北区:梅田

2015年12月29日 | 大阪(大阪市内)
Umeda, Kita Ward, Osaka City

さてさて、北浜から中之島を通り、ワタクシは大阪市北区を梅田に向かって南から北に向かって歩いておりました


露天神社(つゆのてんじんじゃ)という神社が見えてきましたが、大阪の人でもこの名前を知る人はほとんいません。
誰もがこの神社をお初天神と呼んでいるんですよ


1703年に堂島の遊女「お初」と平野屋の手代「徳兵衛」がこの神社の裏手で心中を遂げました。
一月後近松門左衛門はこの二人の悲恋を人形浄瑠璃『曽根崎心中』として発表したところ、当時の大きな話題となったんです。
事件の神社は一躍有名となり、そのヒロインである「お初」の名前から以後今日に至るまで「お初天神」と呼ばれているんです。
そう言えばワタクシの知人が「あのなぁ。うちの息子が社会のテストで『近松門左衛門の代表作を答えよ』という問いになぁ、
『六本木心中』と書きよってん。アンルイスちゃうがな」と言っていたのを思い出しました


悲恋物語の舞台なのに「恋人の聖地」と書かれておりました。「ちょっと違うんとちゃうの」と突っこみたくなるワタクシでした


阪急梅田駅、阪神梅田駅、JR大阪駅が隣接する梅田の中心部へとやってまいりました。
この大きな観覧車も出来た当初はインパクトがあったのですが、今ではすっかり見慣れた光景になりました


誰が調べたのかわかりませんが、大阪人は歩く速さが全国で一番速いそうです。これにはワタクシも納得します。
ちなみに一番ゆっくり歩くのは鹿児島県人だそうで、南国のおおらかさが反映しているのですかねぇ


JR大阪駅の北側から梅田スカイビルを眺めてみると、あれあれ、大阪駅前の広場にスケートリンクが作られておりました。
「なかなかオシャレやん」と思いましたが、リンクの名前が「梅田スケートリンク つるんつるん」というのは大阪らしいセンスですな


JR大阪駅の北側にグランフロント大阪という巨大な商業施設が出来ました。梅田はこの数年で大きく様変わりしています


この日は12月20日でしたが、もう今頃はクリスマスの飾りつけはすべて片付けられているでしょうね

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


電車で旅行に行くと、JR新大阪駅やJR大阪駅に帰ってくるので、そのついでに梅田で食事をすることも多かったんです。
でも、車で旅行に行くことがほとんどになり、本当に梅田に行く機会が減りました。
たまには都心に出てきて、都会の空気を吸うのも楽しいですね



写真日記ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

英国への憧憬-大阪市中央区:「北浜レトロ」

2015年12月28日 | 大阪(大阪市内)
Tea House“Kitahama Retoro”, Chuo Ward, Osaka City

さてさて、大阪市中央区の北浜にある「北浜レトロ」にやって来たワタクシは、30分ほど待たされてやっと席に着くことが出来ました。
ワタクシは「スコーンセット」を注文し、オーダーが運ばれてくるまでの間は、しばし窓の外に見える中之島の風景を眺めておりました


スコーンにたっぷりのクロテッドクリームとジャムがついているのが嬉しいですね


飲み物のチョイスは「ロイヤルミルクティー」にいたしました。なんとも素敵な香りが漂います


ストレートティも好きなのですが、たっぷりとミルクを入れた紅茶が冬には一層おいしく感じるのです


スコーンも数多くある種類から2種類をチョイスできるのですよ。ワタクシはシンプルなプレーンとレーズンを選びました。
たっぷりとクロテッドクリームとジャムを塗りました。なんとも優雅な午後のひと時です


今でも英国の多くの人が、午後の紅茶を楽しむような習慣があるのかどうか知りませんが、昔の英国貴族にとっては楽しい会話の時間だったのでしょう。
ワタクシは英国には行ったことがありませんが、一度は行ってみたい国の一つです


ワタクシは中学生の頃からブリティッシュロックに熱中し、ザ・ビートルズ、ローリング・ストーンズ、デビッド・ボウイなどを
毎日のように聞きながら、知らず知らずのうちに英国という国への憧れを持つようになりました


ロンドンのローリングストーンズゆかりの地を、リバプールにあるビートルズゆかりの地を訪ねてみたい。
歌の歌詞に出て来た土地を歩いてみたい。歌のタイトルになった場所をこの目で見てみたい


高校生の頃に抱いた憧れは今も心の中に残っています。その夢を実現させ、英国のカフェで美味しい紅茶を飲みたいものです

北浜レトロ…大阪府大阪市中央区北浜1-1-26 北浜レトロビルヂング

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


特別に英語を勉強したことはありませんが、旅に出て困らない程度の英語の会話はなんとか出来るのです。
その理由は洋楽をいつも聞いていたからで、教科書には出てこないような言い回しや汚い言葉も音楽を聴いて覚えました。
今でもビートルズの曲でしたら、ほとんどの曲を歌詞カードを見なくても歌えるんですよ。
でも、最近の歌の歌詞は全然覚えることは出来ません



写真日記ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (39)
この記事をはてなブックマークに追加

レトロビルの紅茶館-大阪市中央区:「北浜レトロ」

2015年12月27日 | 大阪(大阪市内)
Tea House“Kitahama Retoro”, Chuo Ward, Osaka City

さてさて、ワタクシにしては珍しく大阪都心を散策しているのでありますが、大阪市中央区の北浜には大阪取引所の建物がありますが
その建物の前に、最近話題の人物の銅像が建てられているんですよ


NHKの朝の連続ドラマ「あさが来た」はかなりの人気のようで、ワタクシも毎日録画したものを見ております。
そのドラマの中で五代友厚が取り上げられ、今まで五代友厚の名前すら知らなかった人でも興味を持ったようですね。
実在の五代も写真や肖像画を見るとなかなかの二枚目ですが、ドラマではディーン・フジオカというハンサムな俳優さんが演じています。
その影響でしょうか。最近はこの五代友厚の銅像の写真を撮る人が増えているようです


北浜に来るとワタクシは必ず立ち寄る場所があるんです。ワタクシはコーヒーよりも紅茶の方が好きなのですが大阪にはあまり紅茶の専門店がないんですよ。
ここ北浜には「北浜レトロ」という紅茶の専門店があり、ワタクシのお気に入りの紅茶館なんです


明治45年に証券の仲買業を営む企業の社屋として建てられ、国の登録有形文化財ともなっている建物が紅茶館になっているんです。
一階は茶葉やティーポット、マグカップなどを売っていて、二階がカフェスペースになっているんです


ワタクシがこのお店を過去に訪ねたのは、仕事でこの界隈に来たときですから平日ばかりでありました。
「ビジネス街の店やから休日は空いているだろう」というワタクシの見込みは大きく外れ、若い女性たちで店内は満員でありました


並んで待つのが苦手なワタクシにしては珍しく、二階に登る階段で列に並ぶこと30分。
ただ、店内は女性が90%以上でありまして、女性のグループが圧倒的多数派で、あとは若いカップルがわずかばかり。
ワタクシのようなオッサン一人というのは全くのマイノリティで、肩身が狭いのでありました


それでも「オッサンが紅茶を好きで何が悪い。アッサムとダージリンの味の区別がつかないようなガキとは違うんやぞ。オイ」などと、
何故か攻撃的な気持ちになりながら、座席が空くのを待つワタクシでありました


ところが、「次のおひとり様のお客様、お席が空きました」と呼ばれると、「ハーイ」と満面の笑みで答えるワタクシでありました

北浜レトロ…大阪府大阪市中央区北浜1-1-26 北浜レトロビルヂング

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


チェコに旅行に行ったとき、いろんな種類のコーヒーがあり、市民の日常の中でコーヒーというものが文化として根づいていることを感じました。
その反面、カフェに入っても紅茶を飲んでいる人は誰もおらず、メニューを見ても片隅に「tea」と書かれているだけでした。
紅茶というのがイギリスという大陸から離れた国に根づいた文化であるということを、実感したのでありました



写真日記ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加