よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

日本の教育を憂う-三重県上野市:旧小田小学校・旧崇廣堂

2015年04月30日 | 三重
Old Oda Elementary School& Old Suuokudou School, Iga City, Mie Pref.

さてさて、三重県上野市にやって来たワタクシは伊賀上野城を散策した後、お城から北東の方向へ歩いて行きました


小田という集落の中に擬洋風の建造物が目を惹くのですが、これは旧小田小学校の校舎なんですよね。
旧小田小学校は、明治14年(1881年)に建てられたもので、現存する小学校校舎としては三重県で最も古い建物です


当時は「啓迪学校」と呼ばれていたそうですが、決して裕福とは言えない小田村の人たちが資金を出し合い、立派な小学校を建てました。
この時代の校舎をワタクシはよく訪ねるのですが、いずれも地元住民の、あるいはその土地出身で成功をおさめた人などが
莫大な資金を工面して建造したものが多いんですよね。「将来を担う人材を育てよう」という気概に溢れていた時代だったのでしょう


こういう昔の学校を訪ねて、いつも感心するのは展示されている昔の子供たちの、作文の字の上手さと文章力なんですよ。
恥ずかしい話ですが小学校3年生くらいの作文の文字が、ワタクシよりずっと上手なんですよね。
訓練、修練の賜物でしょう。指導する先生は厳しく、時には今で言う体罰もあったでしょうが、ワタクシはただただ感心するばかりです


今の時代の学校に比べ自由も無く、規律も厳しかったことでしょう。でも、向学心は今の子供たちよ何倍も強かったことでしょう


そして、旧小和田小学校から南に進んでいくと旧崇廣堂の建物が見えてまいります。
旧崇廣堂は文政4(1821)年、伊賀・大和・山城の領地に住む藩士の子弟を教育するために建てられました


長らく続いた幕府の支配体制が崩れ始め、いよいよ幕末へと向かって行くこの時代に、藩士たちは何を思っていたのでしょう。
彼らが描いていた理想の日本とはどのような国だったのでしょう。ふと、そんなことを思いました


明治時代、「富国強兵」「殖産興業」などのスローガンの下、国家に有用な人材育成のために各地に学校が建設された時代に建てられた旧小田小学校。
江戸時代の幕末期、幕府に頼らず各藩の改革を担うような優秀な人材を育てようと、各藩に藩校が建設された時代に建てられた旧崇廣堂


時代や目的は違えども、学び舎で学んでいた若者や子供たちの志は高く、崇高な理想を描いていたことでしょう


それに比べて今の教育はどうなのでしょう。先日、小中学校で実施された全国学力学習状況調査のことがニュースで取り上げられていました。
大阪などは某市長が知事時代から「どうして大阪府は全国で45位なんだ。教師は何をしている。全国平均を超えろ」などと
毎年言っておりますが、教育というのはそんなテストで一喜一憂するものなんですかねぇ。
ワタクシなどは、教育は「人材育成」のためにあると思うのですが、今の教育はそうとは思えないんですよね

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


教育は「人材育成」であることと、もう一つは「夢や志を抱かせる」ことだと思っています。
数年前、とある開発途上国に行った時、子供たちと話をすると目を輝かせて自分の夢を語ってくれました。
一方、日本では「キミの夢は?」と聞いても「別に」「さあ」「わからん」「特に無い」と答える子供が多いと聞きました。
この国の教育はどこに向かうのでしょうか。私はどうしても憂いてしまうのです


写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の趣-三重県伊賀市:伊賀上野城

2015年04月29日 | 三重
Iga-Ueno Castle, Iga City, Nara Pref.

さてさて、4月も後半になってやっと晴天が続くようになりました。快晴となった先週の土曜日に
ワタクシは三重県伊賀市の上野へと行くことにし、まずは伊賀上野城に向かいました


三重県伊賀市の上野…なんとも違和感のある表現です。というのも、平成の大合併が行われるまで
今回ワタクシが向かった場所は三重県上野市であり、「伊賀上野」という言い方で呼ばれておりました。
周辺の町村を合併して伊賀市となったのですが、ワタクシとしては上野市のままであってほしかったなぁ


場内の楓の葉は朝の日差しを浴びて、瑞々しい新緑が輝いているように見えました


伊賀上野城は、徳川家康が築城の名手として知られる藤堂高虎に築城を命じたものなんです。
というのも、江戸幕府が成立したとはいえ、当時は大阪には秀吉がいなくなったとはいえ大阪城があり豊臣氏がおりました。
家康は豊臣氏との戦いに向けて、大阪城を攻撃することを目的にこの地に立派な城を築かせようとしたのです


ところが築城中に暴風雨によって天守閣は倒壊し、その後、大坂冬の陣と夏の陣によって豊臣氏が滅亡します。
ですので、天守閣を建造する必要性がなくなってしまい、上野城の天守閣は再建されることはありませんでした


ではでは、現在の天守閣はいつ建てられたのかと言いますと、昭和の初めに上野出身の川崎克という衆議院議員が
自分の財産を投げ打って建築したものなんですよ。なかなか太っ腹な人物ですな


この川崎克という人物ですが、同郷の尾崎行雄を慕って東京に行き、尾崎の下で政治を学んだそうです。
当時の門閥政治や軍国主義化に反対し、大正デモクラシーの時代には普通選挙の実現に尽力するなど、調べてみると立派な政治家なんですよ


そして、上野出身である松尾芭蕉を敬愛しておりまして、昭和17年には松尾芭蕉の生誕300年を記念し、同じく私財を投じて俳聖殿を建立した。
これが俳聖殿でありまして、松尾芭蕉の旅姿を表現しているのだそうです。
川崎克という人物が、故郷である伊賀上野に残した功績は多大なものがあるのですね


この石垣は藤堂高虎が築いたものなのですが、「高石垣」と呼ばれ、その高さは日本の城の中でも屈指だそうです。
築城の名人と呼ばれた藤堂高虎の面目躍如というところですかね

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


この日は朝から「一日中快晴」の天気予報でしたが、文字通り雲一つない快晴でした。
午前10時頃になると歩いていたら汗ばむほどの陽気で、もう初夏がやって来たかのような気候でした。
こういう日に半袖一枚で歩くのが、私は大好きなんですよねぇ



写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

いいお店に出会いました-奈良県奈良市:「Cafe TANNE」

2015年04月28日 | 奈良(奈良市内)
“Cafe TANNE”, Nara City, Nara Pref.

さてさて、奈良県奈良市の奈良町界隈を散策してきたワタクシでありますが、そろそろ時刻もお昼前となりました。
となると、どこかで食事をいただきたいのでありますが、奈良町のお店はどこも人がいっぱいで
雑誌などで取り上げられるようなお店は行列が出来ている有様でした。ワタクシは「どこかいいお店がないかなぁ」と
奈良町から「もちいどの通り」という商店街の方に向かいました


すると「Cafe TANNE」というお店がありました。「タンネ」というのはドイツ語で「もみの木」を意味する言葉です。
なんとなく感じがいいお店でしたので、ワタクシはここに入ることにいたしました


天井が高く開放感のある店内でした。「タンネ」という言葉にふさわしい、木の香りがするお店です


女性のオーナーと女性スタッフで経営されているお店でした。後から知ったのですが、オーナーは信州の戸隠で季節の野菜や果物を使った料理を
学んでこられたそうなんです。そうえいば戸隠にはもみの木の森がありますので、店名はそこに由来しているのかもしれないですね


ワタクシは大好きな「パニーニランチ」をいただきました。パニーニ好きなんですよねぇ。
バゲットも美味しいですし、ローストビーフやベーコンもとても美味しかったです


そして、添えられていた生野菜が実に美味しかったんですよ。信州戸隠で料理を学んでこられたので、新鮮な野菜にはこどわりがあるのでしょうね。
初めて訪れたお店なのですがなかなかいいお店でした。今度は電車で行って、ワインと一緒に食べたいメニューがいっぱいでした


そしてそして、自宅への帰路、天理ICのすぐ近くにワタクシが奈良に行くと必ず立ち寄るお店があるんです。
真っ白な外観が印象的な「中西ピーナツ」というこのお店は、豆菓子を作る工場の直営店でありまして
ワタクシは必ずここで豆菓子を買って帰るんですよ


そしてもう一つ必ず買って帰るのが、その場で作ってくれる純度100%のピーナツペーストなんですよ。
トーストにバターと一緒に、あるいはハチミツと一緒に塗って食べるのもいいですし、料理にも使えるんです


翌日は美味しい朝食となりました。ここのピーナツペーストを食べると、市販のピーナツバターは食べる気がしなくなるんですよね


パンの香りがすると紋クンはすぐにやってまいります。そうそう、前日にヘアカットをしたので、ちょっと男前になったかな。
なぜかこの日はカメラの前でおすまし顔の紋クンでありました

Cafe TANNE…奈良市下御門36

中西ピーナツ…奈良県天理市櫟本町2340

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


普段、職場で昼食を食べる時は、10分か15分程度で食べているのが常です。
ですので、休日にゆっくりと朝食や昼食をいただくのは、私にとってささやかな幸せを感じる時間です。
この日はすごく素敵な時間を過ごすことが出来、嬉しい気持ちで帰路につくことが出来ました



写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加

そぞろ歩き-奈良県奈良市:奈良町

2015年04月27日 | 奈良(奈良市内)
Naramachi Town, Nara City, Nara Pref.

さてさて、奈良県奈良市の奈良町にやって来たワタクシでありますが、奈良町のエリアはさほど広いわけではありません。
ですので、地図を見ずに縦横無尽に気の向くまま歩くのも楽しいものなんです


古びた牛乳箱ですが、その下にあるヤクルト箱(こう呼ぶのかどうか知りませんが)にワタクシは目を惹かれました。
同じものがワタクシの実家に小学生の頃にあったんですよ。ということは40年以上前のことですね。
あの頃はヤクルトやジョアが配達されてくるのが嬉しかったなぁ


古民家に入ると空気がヒンヤリしています。日本の民家は高温多湿の夏を心地よく過ごすための工夫がなされてるんですよねぇ


その反面、昔の民家は冬の寒さに弱く、信州や東北のような地域では家の中でも相当の寒さだったでしょうね


奈良町のど真ん中に御霊神社という立派な神社があります。御霊神社という名前の神社は、日本各地に多数ありますね


この神社は桓武天皇の勅願によって建てられたというのですから、西暦800年頃の創建ですね。歴史の古さに驚きます。
無実の罪で幽閉されたあげく死去した井上親王とその子を祀った神社ですので、「非業の死をとげた者」を祀る神社なんですね


ここにも外国人の観光客が来ており、珍しそうに神社の境内を眺めておりました。
欧米人の方から見ると実在の人物を神と崇める神道は不思議な宗教でしょうが、建造物には興味があるようですね


古びた井戸がありました。水は出るのですが「この水は飲めません」という貼り紙が貼ってありました。ちょっと残念


「鹿サイダー」というのがありました。別に鹿の匂いがするとか、鹿のエキスが入っているわけではなさそうです。
ブラリブラリと歩いていると、面白いものに出会いますな

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


私は地図を見るのが大好きなので、地図を見ながら歩くのがすごく好きです。
でも、時には地図を持たずに、気の向くまま歩くのも大好きなんです。
ただ、そんな時でも頭の中ではいつも地図を思い浮かべているんですけどね


写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (42)
この記事をはてなブックマークに追加

かわいいお土産-奈良県奈良市:「がまくち雑貨工房Janji」

2015年04月26日 | 奈良(奈良市内)
Pouch Shop“janji”, Nara City, Nara Pref.

さてさて、奈良県奈良市を訪れて奈良町と呼ばれるエリアを、ワタクシはまばゆい陽光を浴びながら歩いておりました


ここ奈良町は普通に人が暮らしている町です。歩いていると、人々の暮らしを垣間見ることが出来るんです


奈良町も今では「観光地」の様相を呈しつつありますが、それでも「素朴さ」が残る町並みです


とはいえ、最近は奈良町に来るたびに新しいお店が増えています。一方で閉店しているお店も少なくありません。
開店したからといって、誰もが成功するわけじゃないですからねぇ


ワタクシなどは大阪人ではりますが、およそ「商才」などはありそうもないので、店などを開いても失敗するのがオチでしょう


そんなことを思いながら奈良町を歩いていると、見たことが無い新しいお店がありました。
「がまくち雑貨工房Janji」というお店でして、ちょっといい雰囲気なので中に入ってみることにいたしました


名前の通り小銭を入れるがま口がいっぱいあるかと思えば…


小物入れくらいのサイズのもの、携帯電話や財布を入れるのに良さそうなポーチ、そして小さめのデイパックサイズまで
なかなか素敵な作品が並んでいました。若い男の人がミシンで作っておられました。爽やかな好青年でしたよ


ワタクシ、ポーチサイズのが気に入りまして、ワタクシ用と家人用にお土産として買って帰りました。
このポーチは肩から下げることもできるし、ベルトを通すこともでき、また、ベルト通しのひもにぶら下げることも可能な3WAYです。
ワタクシが使っているカメラバッグに取り付けてもいいなあ…などと思うワタクシでした。
そうそう、紺色の水玉模様がワタクシので、黒色にネコの模様が家人のものです。
これからどんなふうに使おうか、ちょっと楽しみなワタクシです

がまくち雑貨工房janji…奈良市鳴川町5

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


背中に背負うリュックタイプのカメラザックは気に入ったものがあり、長らく愛用しているのですが
肩にかけるショルダータイプのカメラバッグはなかなか気に入ったものがありませんでした。
ところがLoweproの「パスポートスリング」というバッグを買ったところ、実に使いやすく大いに気に入ってます。
Amazonで購入すれば実売価格は4000円を切りますので、コスパは抜群だと思いますよ

http://www.amazon.co.jp/dp/B0039NLS3I/ref=twister_B005JQZTZG?_encoding=UTF8&psc=1


写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加