よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

今シーズン最後のカニ三昧-京都府京丹後市:間人

2013年02月28日 | 京都(京都市以外)
さてさて、ワタクシはこのブログによく書いていますように、団体行動が苦手でありまして
どこかに出かけるときは大半が一人であるか、もしくは気心の知れた友人と一緒か、家人と一緒に行動するくらいで
団体での行動というのはまずありません。
そんなワタクシではあるのですが、先日、以前に仕事の上でお付き合いのあった方々からお誘いがありました。
「みんなで日帰り旅行に行こうと思っています。企画はこちらで考えるのでぜひ一緒に行きましょう。行先は当日のお楽しみ」という内容でした。

団体行動が苦手なワタクシではありますが、楽しく仕事でお付き合いさせていただいた方々からのお誘いです。
気持ちよく参加させていただくことにしました

当日、バスが出発してしばらくしてから、その日の行程が幹事さんから発表されました。
「間人に行ってカニを食べ、出石に行って蕎麦を食べて帰ってくるのだ」というなんとも満腹ツアーでありました
12月にもカニを食べに行ったワタクシですが、またまたカニ三昧の日となったのでありました。

かくして、ワタクシ達はまず京都府京丹後市の間人に向かって出発したのでありました
間人と書いて「たいざ」と読む超難読地名のこの場所は、間人ガニで有名になりました。
鳥取から兵庫、京都、福井にかけての海岸部では冬になるとズワイガニが水揚げされますが
場所によって様々な呼び名があります。鳥取から兵庫にかけての松葉ガニ、福井の越前ガニは皆さんも聞いたことがあるでしょう。
その中でも、最高級と呼ばれるのが「間人ガニ」なんですよね。
なぜ間人ガニが最高級と言われるのかと言いますと…


上の地図のように京都府の最北端経ヶ岬の沖合いを漁場として日帰りで漁をし、獲ったその日に帰港して競りにかけられ食膳に出されるのが間人ガニです。
その驚くべき鮮度と極上の肉質から、“ほかの蟹とは格が違う” “一度食べたら忘れられない”と賞賛されるそうなんですよね。


どーですか。まずはワタクシ達の「茹でガニ」がずらりと並びました。
しかししかし、このカニをワタクシ達は食べないのです。他のカニ料理で満腹になるので、このカニはお持ち帰りなんですよねぇ


どーですか。「お刺身の盛り合わせ」でございます。当然主役はカニの刺身ですな。
カニが美味いのは言うまでもないですが、甘えびもイカも貝柱も最高のお味でございました。


どーですか。「アワビ」ではあーりませんか。アワビは刺身にするか、ステーキにするのかを選べるのでございます。


どーですか。「カニ味噌」でございます。カニ味噌の豊潤なお味がたまりません。なんとも贅沢ですなぁ。


どーですか。「カニの天婦羅」でございます。これは絶品。あまりの美味しさにビックリいたしました。
身の詰まったカニの足にサクサクの衣…あぁ、もう一度食べたいよぉ


どーですか。「焼きガニ」でございます。ワタクシ、カニの食べ方では焼きガニが一番好きなんですよねぇ。
カニの旨味が凝縮されて、もうワタクシはノックアウト寸前です


どーですか。「カニのしゃぶしゃぶ」でございます。左の写真のカニの身に注目していただけますか。
生のカニの身をお出汁に入れると、カニの身がまるで花が咲いたかのようになるんですよ
新鮮だからこそこうなるのですよねぇ。もうこの頃には満腹満腹でありました


どーですか。左は「サザエご飯」、右は「カニ雑炊」でございます。
真昼間からカニをたらふく食べ、お酒もたっぷりいただきました。あぁ、バチがあたるんではないでしょうか…

間人温泉郷「かねみつ」…京都府京丹後市丹後町間人砂方4706

使用したカメラ:FUJIFILM X-E1


かつて仕事の上でお付き合いがあった方から、仕事を離れても連絡があったり、お誘いがあるのは嬉しいものですね。
団体行動の苦手な私ですが、美味しい料理に舌鼓を打ち、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
あらためて、仕事というのは人を相手にしているのだと、実感した一日でした



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください



コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

廃校が素敵なカフェに変身-京都府南山城村:「cafe ねこぱん」

2013年02月27日 | 京都(京都市以外)
さてさて、京都府南山城村の旧田山小学校を訪れて、昔懐かしい小学校の雰囲気を楽しむワタクシでありますが
この旧田山小学校には大きな楽しみがあるんですよねぇ
それは教室の一つを利用して「cafe ねこぱん」という素敵なカフェがあるんです


下足室の横に案内板がありました。黒板を利用した案内板…手作り感がいいですねぇ


矢印の方向に歩いていきますと…おぉ、この教室がカフェなのですねぇ。


なんだか微笑ましいですねぇ。どんなカフェなのかワクワクしてきます


机や椅子もかつての教室のものがそのまま使われているのですね。ちょっと給食を食べるような気分になります。


ストーブも昔使われていたものなのでしょうね。
心が暖かくなるような気持ちになるのは、ストーブが暖かいからだけではないでしょう。


メニューも黒板に手書きされていました。
どんなに時代が変わっても、今も学校では黒板にチョークが使われているんですよねぇ。
先生によって黒板に書く字に癖や個性があって、それを見るのが楽しかったなぁ


それではそれでは、廊下側の窓際にあるこの座席に座りましょうか。
子供の頃、窓際の座席が好きなワタクシでありました。


「地産地消」…食材は地元のものばかり使っていると聞きました。野菜が美味しいんですよねぇ
大阪で食べる野菜に比べて味が濃く、大地の恵みをいただいている感覚がありました。


暖かい紅茶をいただき、心も暖かくなったワタクシでありました

「cafe ねこぱん」…京都府相楽郡南山城村田山中シヨジ 旧田山小学校

使用したカメラ:Canon EOS7D


過疎化、少子化…各地で小中学校が廃校になっています。
時々、全く手入れされることもなく朽ち果てていく校舎を見かけることがあります。
廃校になった校舎に再び子供たちの声が聞こえることは無理でしょうが
地域コミュニティの核になる場所として、再利用を工夫してほしいものだと思うのです。
なぜなら、学校の校舎には地元の人達の思い出がいっぱいでしょうから



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください




コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

郷愁-京都府南山城村:旧田山小学校

2013年02月26日 | 京都(京都市以外)
さてさて、最近は少子化が進み、日本各地で廃校になった小中学校がたくさん存在します
廃校になった学校の大半は校舎が取り潰されてしますのですが、中には再利用されることで校舎が残る場合もよく見られます。
京都府南山城村に旧田山小学校という場所があり、ワタクシは以前にもこのブログで紹介させていただきました
ここは京都府とはいっても南端に位置する村で、奈良県との県境に近い場所になるのですが
2003年春に128年の歴史に幕を閉じ廃校となった小学校は、木造平屋の校舎が立派な状態で残されているのです。
かつての校舎は木工教室や工房として利用されているんです


ワタクシは大阪市内にある鉄筋コンクリートの校舎で学びました。
ですので、木造校舎を「懐かしい」と感じるのは本来おかしなことなのかもしれません。
しかししかし、木造校舎を見ると「懐かしい」感じてしまうんですよねぇ


「廊下を走ってはいけません」…そんなことを言われても、走ってしまうのが男の子です
廊下を静かに歩くような奴とは、絶対に友達にはなれませんでした


炎天下の校庭で走り回り、汗だくになって水道に駆けつけたものでした。
カルキ臭がするのも気にならず、蛇口からゴクゴクゴクと水を飲んだものでしたね


コンピューターゲームなんて無い時代でしたから、単純なオモチャで十分に楽しかったんですよねぇ。
ダルマ落としという遊びが「慣性の法則」を利用したものだなんて、中学校で学んだのでしたっけ


木の椅子、木の机…机の上にコンパスの針や彫刻刀で名前を彫ったりして先生に怒られたなぁ


この教室はかつての理科室だったのでしょうか。顕微鏡や上皿天秤が置かれていました。
ワタクシは小学校の時は理科が大好きだったのに、高校に行ってからは化学や物理はまるで駄目になりました


講堂の中を見てみると子供たちが作ったのでしょう。銅板の校歌が掲げられていました。
ワタクシはふと、卒業した小学校の校歌を口ずさんでみたのですが…
なんとなんと驚くことに、1番も2番も歌詞がすらすらと出てくるんですよねぇ


校舎の外には二宮尊徳(金次郎)の像が置かれてありました。
戦前、孝行・勤勉・学問・自営という4つの徳目を代表する人物として描かれた尊徳は、日本各地の小学校に像が造られました。
彼のことを「功利主義」「立身出世」などと批判する人も多いですが、ワタクシは今の時代に再評価したい人物だと思うのですがねえ。

ではでは、校舎の中にもう一度入りましょうか。ここには大きな楽しみがあるのです

使用したカメラ:Canon EOS7D


先月、たまたま卒業した小学校の前を何年かぶりに歩きました。
校舎は当然のごとく新しく建て替えられており、不審者の侵入を防ぐために正門は閉ざされていました。
ただ嬉しかったのは、校庭で遊んでいることども達が着ている制服や帽子が
私の小学校時代と何も変わっていないことでした




人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください



コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

ホッとするひと時-奈良県橿原市:今井町

2013年02月25日 | 奈良(奈良市以外)
さてさて、古き寺内町の風情を楽しもうと奈良県橿原市の今井町にワタクシはやってまいりました。
昨日のブログにも書きましたように、今井町は中世には称念寺を中心とした寺内町として発展しました。
時は戦国時代ですから町を環濠で囲み、一種の城塞都市のようだったのでしょうね。
江戸時代になって、いわゆる天下泰平の時代になると商業都市として大きく発展し、
「海の堺」に対して「陸の今井」と称されるほどの財力を持っていたそうです

そんなことを思いながら、今井町をブラリブラリと歩いていきました


この街並みなのですが、テレビ東京系(関西だとテレビ大阪ですな)で放映されている「出没!アド街ック天国」
の『懐かしい風景が残る街』で堂々の1位に輝いたのです
ちなみに2位白川郷(岐阜県)、3位妻籠宿(長野県)、4位金沢(石川県)、5位高山(岐阜県)、6位内子町(愛媛県)、
7位関宿(三重県)、8位近江八幡(滋賀県)、9位川越(埼玉県)、10位函館(北海道)という名だたる町が続きます


どういう基準で選ばれたのかは知りませんが、白川郷や飛騨高山よりも上にランクづけられたのですから
今井町の保全に努めてきた人たちには嬉しいことだったでしょうね。


ちょっと古民家の中に入ってみましょうか。「今井まちや館」という18世紀初期頃の町家なのですが、
明治以降は、空家の期間も長く破損も甚だしい状況になっていました。
調査の結果、今井町の大型町家の基本平面を持っている貴重な建物であることが判明し、痕跡資料にもとづき当初の姿に復元したとのこと。


格子窓からの柔らかな日差しがなんともいいですねぇ。今度家を引っ越すことがあれば、格子戸をつけたいなぁ。

この日は朝から冷え込みが厳しく、奈良盆地は盆地特有の底冷えがしておりました。
ちょっと暖かいものが飲みたいですねぇ


ワタクシ、今井町には何度も足を運んでいるのですが見たことが無いお店を見つけました。
「大川珈琲屋」と書かれたお店です。「ほっとしませんか」の文字に思わず微笑んでしまいました。


古い町家を改築したお店の中には、マイルズ・デイビスのトランペットが流れておりました
名盤『Kind Of Blue』が心地よい音量で流れていたのです。それだけでワタクシは嬉しくなるのです


まだまだ新しいお店です。これからどういう風になっていくのかはわかりませんが、ぜひ素敵なお店になってほしいですね。

大川珈琲屋…奈良県橿原市今井町1-9-20

使用したカメラ:FUJIFILM X-E1


歴史が残る町」「懐かしさを感じる町並み」…そんな言葉で表現される町をずいぶんたくさん訪ねました。
「じゃあ、あなたが選ぶベスト10を選んでみてよ」と言われたら、ずいぶん悩んでしまうでしょうね。
ただ、どんなに悩もうと1位には別格で「京都」を選ぶのは間違いありません



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください





コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

美しき寺内町へ-奈良県橿原市:今井町

2013年02月24日 | 奈良(奈良市以外)
さてさて、明日香村の稲淵で棚田の光景を楽しんだワタクシは、その後奈良県橿原市の今井町に立ち寄りました。
今井町は典型的な寺内町の姿が残る町として知られていますが、ちょっと寺内町について説明させてくださいね

寺内町とは、室町時代に浄土真宗などの仏教寺院を中心に形成された自治集落のことを意味します。
濠や土塁で囲まれるなど防御的性格を持ち、信者、商工業者などが集住しました。
寺内町は自治特権を主張または獲得し、経済的に有利な立場を得たのです。
ここ今井町も「大和の金は今井に七分」とか「今井しんど屋は大金もちや 
金の虫干し玄関までも」と言われるほど繁栄した町でした。(しんど屋は山尾家のこと)


江戸時代のまま残され、時代劇の撮影などにも使われる町並みは歴史的に貴重な財産でありまして、
平成5年には「重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けています。


東西約600m、南北約310m、面積にして17.4haの地区内には、全建物数約1500棟弱のうち、
約500棟の伝統的建造物があり、全国で最も多い地区となっているということですから驚きです


ワタクシは当然ながらここ今井町には何度も足を運んでいますし
このブログでもたびたび紹介させていただきました。
それでもまた、足を運びたくなる魅力がこの町にはあるんですよね


今井町に来るといつも「いいなぁ」と思うことがあるんですよ。
それは町の中心部は電信柱と電線が無いことなんですよね
それだけでずいぶんと町の景観が美しく感じられるんですよ。


ワタクシが暮らす大阪にも、富田林に立派な寺内町があるんです
富田林の寺内町も本当に素晴らしい寺内町なのですが、電線と電柱がかなり美観を損ねるんですよねぇ。
それに比べて、電線と電柱の無い今井町はいいなぁといつも思います。


電柱を無くして電線を地中に埋めるということが、どれほどの労力と費用がかかるのかはわかりませんが
そういう街が増えることによって、街の景観というものにみんなが注目してほしいなと願うワタクシです。


古き良き今井町…ではでは、のんびりと歩いてみますかね

使用したカメラ:FUJIFILM X-E1


この日もワタクシの手には、FUJIFILMのX-E1がありました。
まだまだ「使いこなしている」とまではいきませんが、このカメラを肩から下げて歩くのには慣れました。
普段着で肩を張らずに撮影するには、最適な相棒が出来ました



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加