よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

舟屋日和-京都府伊根町

2012年06月06日 | 京都(京都市以外)
さてさて、京都府の丹後半島にある伊根町にやって来たワタクシは
伊根のシンボルともいうべき舟屋が並ぶ町並みを歩くことにしました。

昨日のブログにも書きましたが、「舟屋」はそんな伊根湾の沿岸部に沿って並んで建つ、
一階部分が「舟のガレージ」とも言うべき船着場及び漁具の格納場所、二階部分が住居になっている建物であります。
海に暮らす人々の日々の生活の中で、便利に、かつ必要に迫られて出来上がった無駄のない建築ですな


まさに海と生活が密着したというか、まるで海の上に家が浮かんでいるかのように感じます。


豊かな湾内は漁場としても素晴らしく、かつては外海に出ずとも様々な海の幸を獲る事が出来たそうです。
人々はすぐ目の前の海で生活の糧を得、日々の暮らしを営んだのでしょうね


小舟を漕ぎ出せば、自分の家が見える範囲、陸からすぐの場所で漁が出来、漁が終わればまたすぐ家に戻ることが出来たのです。
さすがに現在は外海に出て漁をすることがほとんどのようですが、町の風情は昔のままなんですね


聞こえてくるのは鳶の鳴き声、ウミネコの鳴き声、そして船のエンジン音だけ。


ちなみに京都府内の漁業高のおよそ25パーセントがこの伊根漁港の水揚げで占められているとのこと。
伊根で水揚げされる魚介は、ブリ、アジ、アオリイカ、タイ、ヒラメ、サバ、スズキなど。
特に伊根のブリは“絶品”だとされています。


舟屋の中を見せていただきました。磯の香りが漂います。

使用したカメラ:Canon EOS7D


この日は土曜日ですから学校の授業はないはずなのですが、何か行事でもあるのでしょうか
小学生の女の子が3人、自転車に乗って学校に向かっていました。
彼女たちは私の姿を見ると「おはようございます」と大きな声であいさつをしてくれました。
私も大きな声で「おはようございまーす」と返事をしました。
お互いに顔を見合わせてニッコリと微笑みあうことが出来ました。
都会では失ってしまった温かさが、ここにはまだ残っていました


人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください


ジャンル:
ウェブログ
コメント (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舟屋の里へ-京都府伊根町:伊根湾 | トップ | 海と暮らす-京都府伊根町 »
最近の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アトムパパ)
2012-06-06 01:23:42
こんばんわ。
はるか昔、夢で見た様な風景です。

はた目には、羨ましいですが、
実際に生活するとなると、大変なんでしょうね~。
Unknown (くまくま♪)
2012-06-06 06:14:36
おはようございます

素敵な写真を拝見させていただきました
国内の行ったことがない風景を見るのが好きです
これからも宜しくお願い致します
            くまくま♪
並ぶ町並み・・・ (かつみ)
2012-06-06 06:36:03
お早うございます。
舟屋の中を見せていただきました・・・
素敵な写真ですね。

私も風景でゆっくりレンズ交換できる時は
するのですが、
祭りのような時はレンズ交換が無理です。
広角と長いレンズを2台に付けて撮ります。

ランキングに応援 ☆
Unknown (チーちゃん)
2012-06-06 06:57:29
おはようございます♪
風情のある景色
ステキですね。
時間がゆっくり流れるのを感じます。
いつもありがとうございます。
応援☆~
おはようございます(^o^) (YUMI)
2012-06-06 07:36:54
私が行ったときも、舟屋の中を見せていただき、おばあちゃんが説明をして下さいました。
漁に出ている旦那様が帰ってくるまでは、不安もある毎日ですよね。
この風景、本当に大好きです。
海に浮かぶ家のような。。。 (紗真紗)
2012-06-06 11:00:59
よっちんさま^^こんにちは~♪

これは船のガレージですか。
人と船が一体になって素敵な風景ですね~!
この日は、穏やかで、
石まではっきり見えて、
まるで、映画のシーンのようです。。。
あぁ~潮風を思いっ切り吸ってみたいです。。。
Unknown (バジリコ)
2012-06-06 12:36:03
とても心惹かれる町並みです。
初めて見るのに懐かしさを感じます。
漁業と生活の場がこんなに密接に関係しているつくりは興味深いですね。
Unknown (KYR)
2012-06-06 15:41:36
京都府の丹後半島にある伊根町の舟屋の舟のガレージ、近くで見るとこのようなのですね。
海の水が生活の一部になっているのですね。
海面の色合いも素敵ですね。
今日も、ありがとうございました(*^-^)ニコ☆
Unknown (Ichino)
2012-06-06 16:38:06
綺麗な海ですね!
皆さん毎日潮の香りを感じながら、生活されているのですね。
お家の中に入って、潮風を感じてみたくなりました。
時間がゆっくりと流れている感じが良いですね!

こんばんは♬ (qoo)
2012-06-06 17:49:34
舟屋というものを詳しく教えて
頂きました。
ありがとうございます♪
海と密着した生活。
自然の中で生きていくのですね。
自然を大切に、海を綺麗にして
いきたいですね。
Unknown (マリア)
2012-06-06 19:31:45
よっちんさん (*・v・*)∵∵はじめまして・・・!!

拙ブログにコメント ありがとうございました。

今 遡って、記事を拝見し、私まで、旅をした気分に
浸っております。。。(笑)

私も、ここ伊根には、2年前に行きました。
美しい海と、舟屋に、感激いたしました。

まだまだ、関西地区の事はわからないので、こちらで
いろいろ情報を頂けたら。。。と思います^^

どうぞ、宜しくお願い致します~!
Unknown (るな)
2012-06-06 20:44:19

>ちなみに京都府内の漁業高のおよそ25パーセントがこの伊根漁港の水揚げで占められているとのこと。
特に伊根のブリは“絶品”だとされています。

はい。ここんとこ、しっかり頭に入りました。
お魚大好き。
知らなかった~です。

家の窓から
おかずになる魚が釣れそうな景色です。
それもいいなぁ。
Unknown (butaneko)
2012-06-06 21:25:07
進学や転勤で10回近く転居しましたが、
一度も海沿いに住んだことがありません。
こういうところ、一度住んでみたいです。
新鮮な魚貝を食べ放題なんだろうなぁ(//∇//)
Unknown (だちょう)
2012-06-06 21:28:57
私のブログにお越しいただきありがとうございます。
山育ちには珍しい風景、楽しませていただきました。無断ですがリンクさせてもらいました。
よろしくお願いします。
よっちんさん (wingtom)
2012-06-06 21:56:47
こんばんは
ポチッ

遠くから眺めていた舟屋の町ですが
近くに寄れば
現実が見えてきます。
磯の香り漂う海が家の中にあるのですね。
不思議な家だと思います。
ありがとうございました。
アトムパパさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:01:19
大変なのでしょうが
この建物を愛している気持ちも
地元の人の話で感じましたよ。
くまくまさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:01:59
訪ねていただきありがとうございました。

こちらこそ
よろしくお願いします(^^)
かつみさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:03:44
舟屋の中は
興味深いですよねぇ。

けっこう狭いのも
印象的です(^^)
チーちゃんさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:04:45
本当に
時がゆったりと流れていました。
気ぜわしい大阪とは
えらい違いです(^^)
YUMIさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:05:53
YUMIさんも
行動範囲が広いですねぇ(^^)

京都に来ても
ここまで来る人はなかなかいないですよ。
紗真紗さんへ (よっちん)
2012-06-06 22:10:39
ここの海は
三方を囲まれた入り江なので
いつも波静かなんですよね。

天然の良港です。
バジリコさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:11:40
本当に興味深いです。
一度でいいから
舟屋に泊まってみたいです。

民宿にしているところがあるんですよねぇ。
KYRさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:12:55
日本海側とはいえ
三方を囲まれた入り江なので
波穏やかな伊根湾なんですよ。

いい街ですね。
Ichinoさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:16:22
舟屋を民宿にしているところがあってね
そこに泊まって
潮風が吹く二階の部屋でのんびりしたいなぁ。
なんて思ってしまいます。
qooさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:24:00
自然との共存…
これが一番大切なことですよね。

自然は征服したり支配するものではなく
共存すべきものですよ。
マリアさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:25:31
私の方こそ
京都のことを
いろいろ教えていただきたく思っています。

私の拙いブログに
足を運んでいただきありがとうございました。
るなさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:27:04
ブリといえば
富山の氷見が有名ですが
ここ伊根のブリも
朝廷に献上されたほど
絶品だそうですよ。

私もブリ好きです(^^)
お邪魔します。 (マーチャン)
2012-06-06 22:27:53
こんばんは。
今日は遅くなりましたが、
伊根の舟屋の画像見せて頂きました。
いいですね感激です。
こんな素敵なところを、
早いうちに出かけなくちゃあ、
いけませんですね。
凄く刺激を今回も受けました。
今日もポチして、
有難う御座いました。
butanekoさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:32:27
私も何度か引っ越しましたが
ベイサイドもリバーサイドもありません。

でも、夢はマウンテンサイドに住むことです(^^)
(山麓やんけ~)
だちょうさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:33:38
蓼科大好き、八ヶ岳大好きな私には
素敵なブログと出会えたことを
喜びに感じています。

よろしくお願いします(^^)
wingtomさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:34:59
近くに行って
見れば見るほど
海との距離の近さに驚きます。

遠くから見るだけでは
わからないですよね。
マーチャンさんへ (よっちん)
2012-06-06 22:46:11
マーチャンさんの行動力なら
明日にでも行けそうじゃないですか(^^)

私は
マーチャンさんのフットワークに
驚くばかりですよ。
Unknown (花音)
2012-06-06 22:53:25
こんばんは

ここは本当に海の中に家があるような感じがしますね。
すぐ舟をこぎ出せば、漁が出来そうですね。

海の色が綺麗ですね~♪
家の中でも潮の香りがしそうですね。

小学生の子供さんのあいさつ、うれしいですね。
Unknown (FREUDE)
2012-06-06 23:35:56
海の底を覗くと、タコがいそうな底ですね

伊根沖では昔、
ヒラマサを釣って帰った記憶があります

この街並みがいつまでも残るといいですね
花音さんへ (よっちん)
2012-06-07 23:01:48
あいさつが嬉しかったんですよ(^^)

「おはよう」とか「ありがとう」とか
あんな笑顔で言われただけで嬉しいです。

でも、あの子たちの目には
変なおっさんとしか
写って無かったかなぁ。
FREUDEさんへ (よっちん)
2012-06-07 23:03:33
多趣味なFREUDEさんは
釣りもなさるのですね。

私は「無芸大食」なので
才能豊かな人が羨ましいです。
Unknown (KYR)
2012-06-08 20:08:40
今日はブログお休みで、応援ポチだけです。(*^-^)ニコ
KYRさんへ (よっちん)
2012-06-08 22:32:34
いつも感謝感謝です(^^)
懐かしい香り (カノン)
2012-06-10 23:00:28
海の香りもそうですが
暮らしの匂いがする、
どこか懐かしい風景ですね。
「おはよう~」~「おはよう~」
いいですね。
当たり前の事が今では貴重になりました。
一人一人自覚をすれば
まだまだ何とかなりますよね。
そう願います。



カノンさんへ (よっちん)
2012-06-11 00:48:13
「おはよう」「ありがとう」…
そんな言葉が
普通に飛び交い
笑顔でいられる国でありたいですね。
現実は厳しいけど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL