よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

ポルトガル旅行記:6日目(その5)ー「宗教」:ポルト大聖堂・ポルト

2017年12月13日 | 海外旅行ーポルトガル
Sé do Porto, Porto, Portugal

さてさて、ポルト大聖堂(Sé do Porto)を訪れたワタクシ達は、美しい回廊を歩いた後は
大聖堂を訪ねることにいたしました。ここがまた素晴らしかったんですよ


厳粛な雰囲気というか、張り詰めた空気が大聖堂の中に漂っています。
ワタクシはキリスト教信者ではありませんが、身が引き締まる思いがします


これだけの装飾を作るのに、何人の職人さんが必要だったのかなぁ。
どれだけの年月がかかったのかなぁ。いくら費用を使ったのかなぁ。
そういうことを、ついつい考えてしまうワタクシです


敬虔なカトリックの国であるポルトガルは、どこの教会や礼拝堂に行っても、多くの人々が熱心に祈りを捧げていました。
宗教というものが、人々の生活に密接に結びついているんだなぁと感じます


ワタクシは仏教徒だといっても、特別に信心深いわけではありません。
ただ、お寺さんの話を聞いたりすると、本当に教えられることが多いです


我が家に来てくれるお寺さんは(まあ、お寺さんの大半はそうでしょうが)本当に人徳のある人で、
法事の時に話を聞いているだけで、何か心に残るものがあるんですよねぇ


それは「宗教」というものとはちょっと違うのかもしれませんが、
ワタクシにとっては心が救われる思いを何度もさせていただきました


今、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めると宣言したことで、
また聖地エルサレム(キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の三つの宗教の聖地です)は、
大きな混乱に陥ることでしょう。このことをきっかけに中東和平が根底から覆り、
またアラブ諸国とイスラエル、さらには米国との対立が激化しないことを願うばかりです


大聖堂を出てくると、大道芸人が美しい音色のトランペットを奏でていました。
どこか哀愁を帯びたトランペットの音色は、美しいポルトの街に似合っていたのです

使用したカメラ:1,6枚目はFUJIFILM X-T1、他はFUJIFILM X-Pro2


先日、12月8日はジョン・レノンの37度目の命日でした。
彼が「イマジン」で歌ったような、国家や宗教によって人々が対立することなく、
誰もが平和で暮らせる日を夢見ることは、叶わない夢で終わるのかなぁ



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

ジャンル:
ウェブログ
コメント (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポルトガル旅行記:6日目(そ... | トップ | ポルトガル旅行記:6日目(そ... »
最近の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ポチ♪ (ゆーしょー)
2017-12-13 00:20:15
こんばんは。
ポルト大聖堂はポルト市内で最も古い建造物ですね。
これだけ造るのに、200年もかかったと聞きましたが、
気が遠くなる話です。
カテドラル (八犬伝)
2017-12-13 00:22:53
そういえば
この大聖堂の中には、入りませんでした。
クルーズの予約を取ってあったので
建物の外だけ、ぐるりとしただけでした。
今さらながら、惜しい事をしました。
よっちんさん おはよう御座います(^^♪ (安人(あんじん  )です)
2017-12-13 05:33:17
吹雪で旅客機も飛ばなかったりぼ

ここ数日です

ニュースでも多く見かけます

本当に寒いです 気を付けて下さいネ

ポチ (^^)/
Unknown (チーちゃん)
2017-12-13 06:22:14
おはようございます♪
今日も寒くなるようですね。
昨日から大阪に来ています。
今日は応援で失礼します。
☆~
Unknown (アトムパパ)
2017-12-13 07:23:08
見事な建物ですね!

日本では宮大工さんたちがいますが、
ポルトガルにも、宗教建築専門の職人さん達がいらっしゃるのでしょうね。

宗教の問題は、人の根源に関わるので、
難しいんでしょうね・・・
Unknown (こた母)
2017-12-13 07:58:37
ほんと、ため息の出そうなほどの、
装飾ですね~。
どれだけの手間と時間がかかったのか。
宗教関係なく、厳粛な気持ちになるの、
分かります。
そうそう、お坊さんの話は、小さい頃に
よく聞いてました。
お寺に出向いて、説法なんかも聞きました。
今は、そんな機会がありません(汗)
John (PRS。)
2017-12-13 09:09:19
Johnの曲は中学生の頃から
大好きだったんですけど
その言動・思想については
当時は違和感しかなかったなぁ・・・

特にベッドインは
不思議な違和感しか無かった(-_-)
今の自分よりずっと年下だったJohn
その真意を知れば凄い人なんだと
あらためて・・・

応援!ポチ!ポチ!ポチ!
Unknown (はりさん)
2017-12-13 09:24:51
素晴らしい装飾ですね。
細かいところまで見事な職人技です。
こういう技には東西を問わず
感動してしまいます。
Unknown (hirugao)
2017-12-13 09:53:42
どっしりとした見事な建物ですね~
日本建築にはない感じですものね。

NHK出何かやっていましたね。
丁度命日くらいの頃でした。
Unknown (アネッティワールド)
2017-12-13 10:27:55
無信仰者でもこういうところに来ると
ピンと背筋が伸びる気持ちになるもんですね。

いつかは石油が取れなくなった中東に
大国は見向きもしなくなるんでしょうかねェ

コメントを投稿

海外旅行ーポルトガル」カテゴリの最新記事