よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

雲上の楽園-長野県宮田村:木曽駒ケ岳

2017年10月19日 | 信州(南信)
Mt.Kisokomagatake, Miyata Village, Nagano Pref.

さてさて、長野県宮田村の木曽駒ケ岳を登るワタクシ達でありますが、
濃ヶ池に向かって斜面を下って行くのでありました


このあたりはナナカマドがけっこう赤く染まっていました。嬉しいですねぇ。
写真の左奥の方は八ヶ岳の稜線です。この日は日本中の山が見えるような気がいたしました


赤、黄、緑…絢爛豪華な色彩の競演です。遠回りのコースですが、こちらのルートを選んで正解でした


初めて本格的に山に登った時、初日は強い雨の中でした。
今のように雨具も、ザックも軽くて防水性がある素材ではありません。
何の景色も見えない中、ただただワタクシには登山が苦行のように思えました。
「もう山なんて登るのはやめよう」…ワタクシはそう思っていたのですが、翌朝は一転して好天でした。
山の彼方から登って来るご来光を眺めながら、ワタクシは魂が揺さぶられるような思いがしました。
あの時、翌日も雨だったらワタクシは登山を辞めていたかもわかりませんね


ワタクシ達は濃ヶ池に到着いたしました。カールに抱かれた濃ヶ池はさながら雲上の楽園でした


ワタクシ達は、しばしこの濃ヶ池で大休止をとることにいたしました。
穏やかな秋の日差しを浴び、錦色に染まる山並みを眺め、爽やかな秋の風に吹かれる…
なんて贅沢で、なんて幸福な時間をワタクシは過ごしているのでしょう


ワタクシは同行者の「今では晴れ男さん」とこの光景を眺めながら、「山はええなぁ」「ええ景色やなぁ」
「来てよかったなぁ」とアホのように何度も何度も繰り返していたのでありました


正面奥に宝剣岳の山頂が、そして浄土乗越の平坦な場所が見えます。けっこう下ってきたものですね


よっちん氏はこの光景に大満足でありました。まだまだ足取りはしっかりしているようですな

PS.この日のワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/1234463

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


趣味は何?」って訊かれると、思い浮かぶのは「写真、登山、旅行、洋楽鑑賞」です。
これらの趣味がどれも30年以上続いているというのは、いいことなのかもしれませんが、
新しい趣味が全然生まれてこないというのもどうなのでしょうねぇ



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加