よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

山の秋は駆け足で…-長野県駒ケ根市:木曽駒ケ岳

2017年10月16日 | 信州(南信)
Mt.Kisokomagatake, Komagane City, Nagano Pref.

さてさて、長野県駒ケ根市の千畳敷カールにやって来たワタクシ達ですが、
まずはカールの中の散策路を歩き、それから登山道に向かうことにいたしました


カールの中にある剣ヶ池は薄ら氷が張っておりました。この日は快晴だった分、早朝は放射冷却によって
グッと気温が冷え込んだんですよ。このあたりは標高2500m~2600mになりますので、
早朝は-3℃くらいまで気温が下がったようですね


ただ、本来ですとこの時期はナナカマドが真っ赤に紅葉するのですが、色づきがイマイチなんですよ。
赤色というよりは赤茶色だったり、黄色っぽい色だったりするんです。
夏の天候不順のせいか、ちょっと色づきが良くないんですよねぇ


足下を見ると霜柱が立っておりました。この日の朝の冷え込みがよくわかりますね


正面の山並みがやや低くなった場所を浄土乗越と言いまして、まずはこの場所まで標高差250mを一気に登ります。
登山道は整備されていますので、問題なく登ることが出来ます


秋の山を表現する言葉に「山粧う」という言葉がありますが、まさにその言葉が相応しい山並みです


雲一つない青空。柔らかな秋の日差しが実に心地よいのです。
この日に信州各地で山に登った登山者は、誰もが大展望に歓声をあげたことでしょう


南アルプスと富士山の堂々たる姿は、ワタクシ達登山者の目を惹きます。
そして、中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那谷が、いかに広大な谷であるかがよくわかります


徐々に、そして着実にワタクシ達は標高を上げていきました。天気がいいと足取りも軽いのです

PS.この日のワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/1234463

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


もう10月半ばともなれば、標高3000m近い稜線には雪が積もり始めます。
山の秋というのは、本当に駆け足で過ぎ去ってしまいます。
ほんの一瞬の秋の装い…その姿を見ることが出来て幸せです



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加