晴れたらそらと遊ぼう!

グレートピレニーズ「そら」と家族のブログ

ちょっくらお花見

2013年03月24日 | 日記

23(土)は職場のお泊り送別会でした。

4月から異動の辞令がでた私。

あー、そろそろだと覚悟はしていたものの、
いざ決まると、さびしいやら忙しいやら…

24日午前中には帰宅したので、
あわてて近所の神社でお花見。

 

だってね、来週じゃぁもう終わりそうな勢いで満開を迎えちゃっているんだもの。

何の心の準備もしてないうちに出た、開花宣言。

ちょっとでも、ながーく咲いていて!と願うばかりの美しさでした♪

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

房総春爛漫 2日目

2013年03月19日 | 旅行

春を満喫する房総の旅。2日目。

道の駅「千倉潮風王国」で迎えた朝の散歩。

目の前は外房の穏やかな海、
道を隔てた反対側には、花畑が広がる。

房総は早春の花で有名だけど、
中でも、ここ千倉は町全体が色とりどりの花であふれている。

花畑屋さんが開くのを待って、
朝の花摘み。
ストック、キンセンカ、アスターなど、色鮮やかな花をつみとる。(7本で300円)
ちょうどお彼岸になるから、帰ったらお墓参りに行こう。


道の駅のお土産コーナーにはこんなものも…

サザエのユーフォ―キャッチャー。とれるのかなぁ。

そして、外房をもう少し上がって、道の駅「ローズマリー公園」へ。

ここでは、イチゴ狩り。そう、花の次は食べ物じゃなくちゃ。
イチゴ狩りも、そろそろシーズン終わりなんだけど、
そのおかげで、時間制限(ほんとは30分らしい)なしでいいし、
どのハウスに行ってもいいよ。種類が違うから食べ比べてみて。と言ってくれた。
イチゴは、ご存じ、そらの大好物。
夢中になって、食べてます。ちゃんと赤いのを選んで…


でも、途中でもっと美味しそうなものに気付く。
それは、ミルク。「あたしにもそれくださーい」とばかりに顔を寄せてきた。


でも、そらさんには素材のお味を堪能していただいて…
これ以上食べたら、人も犬もお腹壊すよというほど食べたら、
おじさんが、「もう無理っていうほど食べてね。でも、夜8時くらいになったら、
また食べたくなるから、この袋に詰めてそーっと持っていきな。
かぁちゃん(奥さん)に見つかると、うるさいから、かくして持って帰ってね!」
と、ビニール袋をくれた。お持ち帰りOKのイチゴ狩り。
この時期、1300円はちょっと高いと思ったけど、これなら元とったよね。
家帰って、8時にちゃんといただきました。

なんだかんだで、11時。
また、またはやお昼の時間。
2日目は、これまたよくTVで紹介される人気の地魚回転ずし 丸藤。
旬の御魚握りをたらふく食べた。
あれ、さっきイチゴで満たされたはずのお腹のどこにこんな空間が…
値段気にせず食べたけど、一人3000円ぐらい。
頼んだネタを考えても、めっちゃ安いしうまかった。

煮アナゴ1本握り

おおトロ

鯨(房総は鯨のお土産がいっぱい)


他にも、白身地魚がおすすめ。

そのあと、安房の誕生寺(日蓮上人が安房で産まれてるから)へ寄って、

帰路に着いたのでした。

私は千葉出身だから、小学校の修学旅行とか、家族とかで、
子どものころは身近な房総だったんだけど、
そらパパは初めて。
お天気に恵まれて、花も満開で、いい旅が今回もできました。

さぁて、今年は桜の開花も早くなってるし、
次はさくら、さくら~ってかー!

追伸
次の日、私は年に1度の胃カメラ検診。
あまり胃が丈夫ではないので(いつでも、腹12文目まで食べてて丈夫じゃないって言っても
誰も心配してくれないけどね。)定期検診。
最近じゃぁ、胃カメラの達人と呼ばれているとかいないとか…
で、結果は去年より良くなって良好だった。

その時、ついでに、花粉症の薬も処方してもらった。
毎年のことなので、例年なら、副作用も怖いので、我慢して何とかやり過ごすんだけど、
今年はあまりにひどく、今頃になって、薬をもらう。
そうしたら、やっぱり今日はすごく楽。
最近では、薬も改良されて、寝る前に1錠飲むだけ。
副作用もほとんどないから、くしゃくしゃしているより、
よっぽどいいらしい。
もっと早く薬を飲んでいればよかった。
そうすれば、こんなに顔もひどくしわにならなかったのに…(あー、これは歳のせいか)
皆さんも、ひどい時は無理せず、お薬、お勧めですよ。


 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

房総春爛漫 1日目

2013年03月19日 | 旅行

3月16,17日。土日を利用して、
春本番の房総へ行ってきたよ。

房総って、かなり遠いイメージがあるけど、
アクアラインで川崎からひとっとび。
思いのほか近いのにはびっくり。

海ほたるで休憩。
朝早かったので、人もまばらでよかったし、
天気も最高。
「そらー、こっち向いて~」

木更津へ渡って、内房沿いを南下。
目指すは、鋸山(のこぎりやま)。

ロープウェイもあるんだけど、確か抱っこ犬のみOKだし、
山歩きが好きな私たちは、有料登山道もパスして、
あえて、その先の道から入って、(無料だし)
東口駐車場に止めて、てくてく登る。

ここ鋸山は山全体が日本寺の境内地になっていて、
東口から登ると、すぐに、でっかい大仏がお出迎え。


この大仏、日本一の大きさだそうで、奈良の大仏が高さ18メートルに対して、
31メートルの高さがあるんだって。


それから、点在するほこらに祭られる羅漢像を見ながら、
階段やら山道やらをのぼり、


山頂展望台へ。
せり出した絶壁からは、東京湾の向こうに富士山も見えて、
360度、まさに絶景。


左側、欄干の隙間からうっすら見えているのが富士山。

下山して、程よくお腹が空いたところで、
昼食は、番屋で。
保田漁港直営の、番屋は常に混んでいることを知っていたので、
早めの11時に入店。ほぼ並ばずに通された。
いけすには、ヒラメとかいろいろ生きていて、
メニューの品数もずらりとたくさん。


そらパパは、するめいか刺身定食と蒸しサザエ。

私は、姫小鯛の甘酢から揚げ。
家で、魚を丸ごと揚げるのって、時間がかかるからやらないし、
野菜たっぷりもうれしくて、ぱりぱりすごくおいしかった。

写真じゃわかりずらいけど、ここはどれもボリュームがあって、
食べきれない人も多いらしい。(お持ち帰り用の容器も10円で売っている)
で、12時に店を出るころには、1時間待ちの行列で、
早めの作戦で大正解ね。

午後からは、房総の南端、館山ファミリーパークで遊ぶ。
小さなドッグランもあって、そらも大満足。


ポピーが満開で、かわいい写真もとれた。

あまりの可愛さに、カメラや携帯で「撮らせてください」の人が続出。
モデル犬として大活躍。(親ばかです…)

それから、房総最南端の灯台、野島崎灯台へ。


遊歩道や、芝生が整備されていて、
海や灯台をバックに写真を撮ったり、散歩したりするのにちょうどいいところ。
もちろん、灯台にも上れるんだけど、わんこは無理なので、下で遊ぶ。

少し仮眠をとって、その時間を待っていたのが、
房総の海に沈むサンセット。




お天気に恵まれて、それはそれはきれいだった。

ところで、房総半島は、道の駅がぐっちゃたくさんあって、
寝場所には事欠かない。
そんな中、チョイスしたのは、千倉潮風王国
ここも広く公園になっているので、朝の散歩に便利。
大きい道の駅なので、車中泊の車も多かったわ。

と、本日はここまで…
旅は明日へ続く。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年に1度のお楽しみ

2013年03月11日 | 日記

今日はわんこの話題から少し外れて…

職場の仲間で、年に1度の豪華ディナーに行った話。

4月から毎月1000円づつちびちび貯めて、1年で1万2千円。
3月に家族じゃ絶対行けないようなディナーに行こうという企画。
(いや、家族で行ける人はたくさんいるかもしれないけど、
少なくとも、私たちメンバーには誰もいない)

で、去年はフレンチだった。
さて今年は…
ステーキハウス。しかも目の前で焼いてくれる鉄板焼き。

お店は、静岡市清水にある「ルセール

店内へ上がる階段には有名人の色紙がいっぱい。
個室感覚のブースがいくつかあって、それぞれに大きな鉄板付テーブル。
それだけで、リッチな空間。

私たちはその中の一番奥の部屋をキープしてもらっていた。
オーダーしたのは黒毛和牛シェフのお任せコース。

まず、前菜の前菜、サービスメニューとか言って出てきたのが、
カラスガレイのエスカベッシュ・牛のにこごり・フォアグラのミルフィーユ仕立ての3点盛り。
どれも、この後のご馳走を予感させる深い味わい。

そして前菜、ホタテのテリーヌ。
写真だとわかりずらいけど、まわりをね、昆布で包んであるの。
こんなテリーヌ初めて!

そしてエスカルゴのブルギーニョグラチネ。
要はグラタンのようなものなんだけど、
クルミやらきのこやらが入っていて、エスカルゴの食感とマッチして、おいしすぎ~。
鉄板では、次のお料理のために、茄子が焼かれ始めてる。

私たち6人だけのために、2人のシェフが軽いジョークや、パフォーマンスを交えながら、
色鮮やかなお料理を仕立ててくれる。目でも楽しめる、なんて贅沢な時間。

で、お次は、フォアグラの茄子のっけソテー。
いや、もっと洒落たメニューだったんだけど、忘れた。
っていうか、ここまでのおしゃれなメニューの名前だって、覚えていたわけではなく、
食べながら、必死になってペン片手にメモしてたわけで、
そこらへんが、田舎者丸出しで、なんともおしゃれじゃない私。


このフォアグラが、まぁおいしかったこと!
今まで食べたフォアグラの中で1番ですわ。
って、あたしゃ人生何回フォアグラなるものを食べたことあるんだい?
大してないわけで、そんな私のコメントなんかあてにも何もなりませんが、
でも、間違っていないと思う。

続きまして、ビスソワーズタイプのコールドスープ。
これが、あーた、お花の活けた器に入っているザます。
スープにもお花の絵。どうよ、これ!女性客を虜にする演出でしょ。

そして、オマールエビのポワレ。


で、鉄板焼きのパフォーマンスの定番、フランベ。
おー!!と、これまたお決まりの歓声を上げる私たち。

メインのお肉がステーキされるころには、私たちのおなかはほぼ満腹状態にありまして、

それでも、海賊のナイフみたいなので、かちゃかちゃ楽しそうにパフォーマンスしながら焼いてくれたお肉は、
とろけるうまさで、私の胃袋の中に消えました。




締めのガーリックライスも絶品。                          

そして、これは別腹。(こんだけ食べて、まだ別腹がある自分に驚きながら)
飴細工仕立てのデザートアイス。

と、ここまで、もうそれはそれはスペシャルなひと時に拍手で終わり
と思いきや、まだサプライズ。
この日、退職祝いを兼ねていたKさんのために、
お店からケーキのプレゼント。
&記念写真も撮ってくれて、台紙に張って全員に配ってくれた。

リッチな空間で、楽しいパフォーマンスとともに出されるおいしいお料理。
そして心のこもったおもてなし。

来てよかったと思える、本当に素敵なお店でした。

ちなみに、オーナーの愛犬はイングリッシュゴールデンのサマンサちゃん(8歳)
今度またこれたら、わんこ話でも盛り上がれそう!

ちなみに、そらパパのこの日の夕飯は某お弁当屋ののり弁でした。
いいのか?これで・・・
年に1度だからね、許されて!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

梅&桜

2013年03月08日 | 日記

しばらくでっす!

いい加減な管理人をどうぞお許しくださいね。
そらは元気そのものです。

昨日あたりから一気に春めいてきた日本列島。
花粉症の私としては、つらい時期本番となってます。

ですが、せっかくの春を満喫したく、
先週末(3月9・10)伊豆方面へちょっとドライブ。

今や全国区となった河津桜。
地元の利を生かして、夜桜見学と洒落こんでみた。
うちを出たのが、午後3時ごろ。
ちょっと渋滞にはまって着いたの6時。

河津桜はね、ほぼ毎年来てるんだけど、夜桜は初めて。
昼間ほど混んでなくて、そらと散歩しながら歩くにはちょうどいい感じだったんだけど、
正直、あまりお勧めできないわ。

出店がもっと開いて、にぎやかなのかと思ったら、
みんな閉店しちゃってるし、(花より団子的なところあるじゃない?)
そもそも、ライトアップと言ってもそれはどちゃんとしてない。
花そのものも、太陽光の中で観た方が、全然きれい。

ということで、写真も今一つ。

着の身着のままで出てきた私たち。
とりあえず、桜街道すぐそばの、踊り子温泉会館で、日帰り湯。
でも、ここも撃沈!
1000円もとるのに、リンスインシャンプーだし、ティッシュの一つも置いてない。
唯一良かったのは、この時期限定、露天の際に河津桜があるので、
花見風呂が堪能できる。
でも、やっぱ高いよ!

車中泊の旅だと、日帰り温泉結構寄るんだよね。
当然、あたりもあれば、はずれもある。
今度からはそんな情報も加えておこう。

その夜は道の駅「伊東マリンタウン」
さすが、観光地伊豆の道の駅、駐車場は車中泊の車が40台くらい。
うち、15台くらいキャンカーだった。
それもそのはず。この道の駅にも立ち寄り湯があって、朝は5時から500円で入れる。
朝食も、干物定食とかが、6時から500円。
あー、ここで入浴にすればよかった。

明けて日曜日。
長浜海浜公園で、わかめ祭りをやっていたので、ちょっと寄ってみた。

わかめのつめ放題500円。
げぇ!素手で入れるの?と、衛生チェックに厳しい私はやや躊躇。
が!せっかく来たし、ブログネタになるからというそらパパに背中を押されてお買い上げ。
ほにゃららつめ放題って、苦手なんだよね。
おじさんに、欲がないねぇと言われた。

それから東海岸沿いをさらに北上して、熱海梅園へ。
こちらもこの日まで、梅まつりだった。

駐車場代600円、入場料300円。
まつり期間外だと、入場料もかかんないから、
今頃行った方がよいかもね。

今年は、何の花も開花が遅めなので、
梅もまだまだ見ごろ。

ってな感じで、梅&桜まつり見学の模様をお伝えいたしました。

あー!鼻水とまんないし、目もかゆすぎ!
皆さんもお大事に…

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加