晴れたらそらと遊ぼう!

グレートピレニーズ「そら」と家族のブログ

お久しぶりです。

2011年03月25日 | その他

気がつけば今年度もあと数日・・・

お久しぶりになってしまいました。

まず、今回の大地震で被災された皆様にお見舞いを申し上げますと同時に、被災地で様々な困難と向き合っている方々にエールを送らせていただきます。

あの日、11日は職場で地震予知情報を30秒前にキャッチ。たまたま事務所にいた私は、あわてて調理室に走って「火を止めて!出口開けて!」と叫ぶのがやっとでした。その後長い横揺れ。ただの地震でないことはラジオの情報ですぐわかりました。職業柄、月に1度必ず避難訓練をやってはいるものの、実際となるとあれがない、これはどうする?あわてることばかりでした。

そんなで、その時そらはどうしていたのか知ることもできず、職場で対応に追われながらも心配はピークでしたが、その日の夜のそらは何の変化もなく、ほっとしたのですが・・・

問題だったのは、その後の余震で富士宮を震源とする地震が夜にあってから…

あの時は、11日よりもむしろすごく揺れて、地響きのように下から突き上げてくるような感じでした。まず、大人がパニくってしまったのでまずかったと今にして思うのですが、

その日から、夜になるとそらがパニックを起こすようになって・・・  昼間外にいる時は何でもないのです。ただ、夜家の中に入ると、顔はおびえて、耳は逆立ち、うろうろ家中を歩き回り、外に行きたくて玄関にかじりつき、時にはさっき散歩でしたばかりなのにまたトイレでしーこをしたり、その行動が何時間も収まらないのです。しょうがないので、リードをして、そらに声をかけながら私たちは朝までソファーで寝て・・・   そんなことが1週間ぐらい続きました。

よほど、恐怖を感じたんでしょう。地震そのものよりも、私たちのあわてように。かわいそうなことをしてしまいました。でも、余震がなくなった最近では、もうすっかり大丈夫になりましたので、ご心配なく。

今回の地震により身近で一番被害が大きかったのは浦安の私の実家。断水が11日間も続いたそうです。

 

そんな中で開催が危ぶまれましたが、沼津でペットフェスタがありまして、                   

そらはまたまた、ふれ愛犬コーナーでボランティアを努め、たくさんの方にさわっていただきました。                                                                                               

わんこのための義援金集めも行われました。                                                   

原発のこととか、まだまだ予断を許さない状況ではありますが、これ以上悲しいことにならずに、1日でも早くまた平穏な日々がくることを願ってやみません。

 

下は来年のカレンダー用に撮った、菜の花とそら。                                             

                                                                                                         

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ももです。よろしく!

2011年03月02日 | その他

さてさて昨日の続き…

そう、いちご狩りを楽しみ、ドッグカフェでランチをしていた26日(土)。娘からの電話。

娘は1年ちょっと前にアメリカ人と結婚して、今は横浜に住んでいる。最近の彼女の話のテーマは犬と暮らしたいということだった。アメリカではレスキューした犬を育てるのが日本よりも一般的で、自分たちもできればそういう形で犬を探したいと言っていた。

ただ、娘の希望というか理想はかなり高く、毛あしの短い大型犬の女の子で、さらに仔犬がいいという。できればラブのミックス犬のような…

そんな理想にぴったりの里親募集の子なんて、そうそういるはずもなく、最近では大型になるだろうと思われる雑種の女の子の仔犬という条件で何頭かあたってみたりもしていた。

ご存知の方も多いと思うけど里親になるのもそう簡単ではなく、ペット可の住居に住んでいることはもちろん(賃貸の場合それが証明できる契約書も提出)、場合によっては先住犬がいないとか、小さな子どもがいないとか、50歳以上の人はだめとか、様々な条件がある。

娘たちの場合、共働きということで申し込んでも断られたりしていた。確かに幼犬の場合、留守番が長くなるのは実際難しいので当然といえば当然のこと…

もう気長に探すしかないかとあきらめかけていたそんな矢先、願ってもない仔犬がレスキューを求めていた。そう、ラブラドールの女の子、3カ月。まさに理想そのもの。しかも同じ横浜で…  生後6カ月になったら横浜市内の指定した病院で避妊手術ができる人というのが主な条件だった。

でも、きっと応募がたくさんあるから共働きだとまた断られるねとあきらめながらも申し込んだら、なんと26日に面会してみてくださいとの返事があったという。

で、話はやっと元に戻るんだけど、面会に行ったら話はとんとん拍子にすすんで今夜6時に引き渡しに来るという。(飼育環境を確認するために必ず届けに来る形をとる) まだ何の準備もしてないんだけどどうしたらいい?って…

もうお昼を過ぎてるじゃん!車がない娘たちの行動範囲は限られてるし、そうと決まればそらが小さいころに使っていたものなんかもあげればいいから、こりゃーもういくしかない!

ということで、あわてて清水を後にして、家に戻りあれこれ積んで横浜に行ったわけ。

あー、文が長くなっちゃった。 そんなわけで縁あって娘たちの家族になったラブの女の子。

名前はまだないというので、もも に決定。                               

聞けば、新潟のイギリス人のお宅で、避妊をしていなかったために10頭の子が生まれ、そのうち2頭をその方(里親ボランティア)が引き取ったという。50件近くの問い合わせがあったらしいけど、避妊手術やワクチンなんかの諸経費6万円とか言うと、タダじゃないならペットショップで買った方がいいとかなどで辞退した人も多かったんだって。イギリス人のうちで生まれ、アメリカ人のうちに嫁ぐなんて、なんと国際色豊か…  実際、娘夫婦の会話は8割以上英語なのでバイリンガルに育つかな?                               

びっくりしたのは、ボランティアのおうちでしっかりしつけてくれてあったので、いきなり買ってきたトイレで排せつしたこと。ゲージの中にトイレを置いたら外で失敗するようになったので、もう一つゲージのそとにトイレを置いたら、必ずどちらかのトイレでするという。

2日間、夜泣きもあったけど、その後はほとんど泣かないらしい。人の話をよく聞いて、2階へ上がろうとしたのでNO!といったら、もうついてこないで下で待ってるという。           

うーん、悔しいけどやっぱりレト系は賢いのう。そらはこんなに人の命令に集中していなかったよ…   でも、食べる時はものすごい!!むさぼるようにフードを巻き散らかしながらものの数秒で完食。こちらは、そらの方がゆっくりきれいに食べたよな…

そう、親戚になったももと対面したそらの反応は…         仔犬特有のテンションの高さについて行けず、ちょっと距離を置いてました~。さらに、夜泣きが始まったももの声に不安を感じたのか、離れて寝ていたのに無理やり私と夫の間に入り込んで朝までぎゅうぎゅうだったのであたしゃぁももの鳴き声というより、そらの重さで眠れなかったよ。            

なにはともあれ、どんなに賢くたって幼犬のラブのハイパーは、はんぱないからね。泣いてすがってきたって知らないからね~。なんていじわる?  おっと、もうすでにゴールデンウィーク2週間預かる話に…(ももが来る前に娘たちは旅行チケットを購入済み)   あー、泣きをみるのはこっちかぁ?この分だとちょくちょく遊びに来るような…(そうそう、車がないと話にならないということで、ももがきた次の日、みんなで車も購入してきた)  そらもぼーっと寝てばかりいられないよ!しっかりしつけを頑張らなきゃね。久しぶりに腕が鳴ってきたよ!

いつでもおいで!もも。

ということで、長文にお付き合いありがとうございました。                                                           

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

いちご狩り

2011年03月01日 | その他

そらは苺が大好き。他の果物は食べないのになぜか苺だけは食べる。

ならばこの時期、行くっきゃないでしょう!  そう、人呼んでイチゴ街道。 久能海岸沿いの道端にずらっと並ぶいちごハウス。 週末ともなれば、いちご狩り目当ての車でどこも大にぎわい。

そんな中でも、わんこと一緒にいちご狩りが楽しめるというハウスがいくつかあって、今回行ったのは「いちごランド マサミ

朝、予約の電話を入れてレッツゴー!  1時間弱で現着。                 

「ワンちゃんを連れている方はこちらへどうぞ」と、すぐ近くのハウスに案内してもらうと、中は赤く熟したいちごが石垣にぎっしり。  一番上の段が、紅ほっぺ。2,3段目が章姫ということで、2種類のイチゴが食べ放題。                                     

それから、あまーいいちごをどのぐらい食べたでしょうか…もう無理っていう限界までいただきました。

そらは・・・始めは私がとってあげるのをおいしそうに食べて…                

そのうち、待ちきれなくて自分も上手にいちご狩り…いやいや、まだ青いのも食べてるって…

もういい加減にしなさい!大体あなたは入園料はらってないでしょうが!

入園料は一人1800円。(3月はもう少し安くなるようです)わんこはタダ。  いやー、元が取れたかといえば微妙だけど、そらも頑張ってくれたからトントンかナ。 しかし、ハウスの人に見られてなくてよかったよ。今度からわんこの入園料もいただきますなんてことになりかねない食べっぷりでした。

そして、都合のいいことにそのハウスの隣がドッグランつきのカフェ「POCKET」        

いちご狩りを満喫した後は軽ーくランでひと遊び。 向こうに見えるのは駿河湾の海。                           

そして人はランチタイム。そらパパはペスカトーレ、私はキノコとガーリックのドリア。これがおいしかったこと。ちゃんと手間暇かけて作っている味がしました。(写真を撮り忘れたのが残念。)リピーターが多いのもうなずけました。これなら春以外のシーズンもまた寄ってみたい。おすすめです。

そんなこんなで、ほっと一息しているところへ娘から電話が…

その電話から私たちの休日は急展開。思いもよらないハードスケジュールになったのです。その模様はまた後ほど…ちょっと楽しい話なの。こうご期待。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加