晴れたらそらと遊ぼう!

グレートピレニーズ「そら」と家族のブログ

至仏山&尾瀬 ②

2017年07月22日 | 山歩き


至仏山下山からの続き。

鳩待峠から今度は尾瀬ヶ原に向けて整備された登山道を下ります。
預けてあったザックを背負ってね。


尾瀬はツアーもたくさん入り込んでる観光名所。
でもね、知らない人は、ツアーのバスを降りたらすぐ目の前が、あの歌に出てくるようなさわやかな湿原だと思ってるらしいけど、
違うんだな。
バスはここ鳩待峠までしか連れてきてくれないから、
あとは自力で黙々と1時間ほど木道を歩くんだよ。
しかもそれなりの傾斜。行きは下りだからいいけど、帰りは結構きつい。
それなのに時折大きな勘違い野郎がいるんだよね。
スニーカーならまだましで、
この日見た、はぁ?ってのは、オーガンジーみたいなフワフワのワンピースにクロックスサンダル。
アホちゃうか?

そらパパは私より重いザックを背負って。ストックまで使ってますから。
ここはまだ平らなところ。階段もいっぱいある。


丁度1時間ほどで、山の鼻という尾瀬湿原入り口に着いた。ここまでくれば、あの尾瀬はもう目の前。
はぁ。至仏山登頂してからだから結構な疲労感。もう歩けない~って感じ。
立派な至仏山荘&食堂やらがあるよ。
時間は2時ごろだからまだ人がいっぱい。


トイレ棟も大きいなぁ。びっくり。この建物全部がトイレ。


さぁ、なにはともかくテント設営しなきゃね。
狭いテント場だから混んでたらどうしようと思ってたけど、
場所あったから良かった!


先客さんのテントもたくさん。


山テント泊は2014年夏、八ヶ岳編笠山ふもとでそらと泊まって以来だな。
そらと一緒にテント泊、忘れられない思い出。


今回はちびそらと一緒。あーそらがいたらなぁと少し😢


そうこうしてるうちにツアーの人が引けてあたりが静かになってきた。
尾瀬を歩くのは明日のつもりだけど、ちょっとだけ行ってみますかってことで。
正面に見えるのは今登ってきた至仏山ですねー。


ワタスゲが一面に広がってるー。


そうそう、ここまでくればお散歩程度なら登山靴はいらないの。サンダルの解放感!


ここはいろんな高山植物の見本園になってるんだって。
今はカキツバタが満開🌸



あとは明日のお楽しみにして、テントに戻ってきた。
ちょっと早いけど、夕飯ね。
といっても、荷物軽量化のため、レトルトカレーだけどね。


でもご心配なく。
さすが観光地。夜も呑み処が10時までオープン。

タコのから揚げともつ煮でワインいただきましたわ。

そしてもひとつお楽しみ。ってか、お勉強。
PM7時からビジターセンターなる建物で、尾瀬についての講習会&スライドショー。
満員御礼の大盛況。

なんでもね、尾瀬は群馬・福島・新潟・栃木の4県にまたがる日本最大の湿原で、
ディズニーランド272個分もあるんだって!
あとは成り立ちとか動植物のこととか、大変興味深く聞くことができた。

夜から朝にかけては、テントをたたきつけるような本降りの雨。
どうしよう。こんなんで散策できるのか?と思ったら、7時前にはちゃんとやんでくれた。よかったー♪
なので静かなうちにハイキング。
朝の空気がすがすがしいなぁ。

おー!水芭蕉が1輪だけ咲き残ってくれてたぁ。尾瀬っていえばの花ですからね。

どこまでも続く木道。ほんとに広いわ。



少しだけ福島県にも足を踏み入れて。


池の周りには赤い苔。かわいいでしょ。

連休なのに朝早いから人が少なくて静かで気持ちいい。
ちょっと曇ってるくらいがちょうどいいんだな。
カンカン照りだったら日陰ないから暑すぎるもん。


ニッコウキスゲの前で。

そらパパはアカハライモリを見つけたよ。
もちろん、写真のあとは逃がしました。


4時間弱、それでも尾瀬の端っこだけどね、十分満喫して、下山となりました。
今回もたくさんの花に出会えた山旅だったな。
さぁて次はどこ登ろうかな?

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 至仏山&尾瀬 ① | トップ | なんと赤い糸は2本だった! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。