晴れたらそらと遊ぼう!

グレートピレニーズ「そら」と家族のブログ

宣告

2016年10月14日 | 闘病日記

長文になります。お時間ある時に読んでもらえたら幸いです。

先日10歳のお祝いをしたばかりなのに、
今日は辛くて苦しい報告です。
なるべく感情を抑えて淡々と淡々と…時系列に沿って…

10月4日 家でいつものように悪い右脚をマッサージしていたら、
ひざ裏にしこりのようなものを見つける。
あまり使わないから水が溜まったか、脂肪の塊でもできたかな?軽く考えていた。

10月8日 なんだかどんどん大きくなってるように思えて急ぎ受診。
細い針を刺しての細胞診。患部のレントゲンを撮る。
そして診断。
「犬種からいって、骨肉腫を疑ったが、骨はしっかりして骨密度はあるのでそうではない。
細胞診の結果、一番疑われるのが組織球性肉腫という悪性ガン。
これはガンの中でも最もたちが悪く、あっという間に全身に転移して亡くなってしまう例がほとんど。何もしなければ余命は1~3か月、抗がん剤を使っても6か月に伸びる程度。
治療が困難なガンです。」
かかりつけ医の院長は腫瘍学が専門。その先生からのまさかの宣告に、途中からは手足が震えて聞いているのがやっとでした。

10月12日 他に転移している場所がないかの検査。
血液検査ーほぼ正常値。問題なし。
エコーー特に問題なし。
内臓レントゲンー肺にわずかにもしかしたら?の小さい丸い影あり?
脚の腫れはどんどん広がり足首までパンパン。
この日の夜に腫瘍学のエキスパートの先生を交えての勉強会があるので、
そこでそらの症例を検討してくれると。

10月13日 先生出張の中電話をくれて、「みんなで検討してもやはりがんであることは間違いないと思います。
ただ組織球性肉腫と断定するにはもう少し大きく検体をとって、検査しないとわからない。
その際全身麻酔になるので、CTも撮って転移の有無も確認することはできる。
それらの詳しい話は出張から帰ったら16日に直接お話しします。」とのことでした。

10月14日 たまたま平日休みだったので、藁をもつかむ思いでセカンドオピニオン。
他院の腫瘍科受診。
診断結果は全く同じ。組織球性肉腫の可能性は大ということ。

正直、ここまで言われてもまだ誤診であってほしいと願い、
思いつめれば涙が出て、
この先そらがどんどん悪化していくのかと思うと、辛くて悲しくて
不安で打ちのめされそうになる。

帰宅したそらは脚を痛がってはいるものの、家の中ではなく一目散に外の犬舎に入りたがり、
家を守るという自分の仕事をしようとしている。
食欲もあるし、普通に元気だ。
10月10日久しぶりに雨がやんで散歩中のそら。

あと少しで死んじゃうなんてどうしても考えられないし、考えたくない。
でも、専門の先生が皆言うのだから本当なんだろう。
もう10歳も過ぎれば、いつかはそんな日も来るだろうと思ってはいたものの、
いざそうなると受け止めきれない悲しみがあります。

こういう病気の経過を、わざわざ記事にしなくてもとも思いましたが、
ずっとそらとの絆をつづってきた記録。最後までちゃんと残しておきたい、そう思いました。
だんだんアップするのも読む方も落ち込むような内容になるかもしれませんが、
記していきたいです。
よかったら読んでください。そして応援してもらえたら幸いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝10歳! | トップ | 検査入院 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
辛いね(/ω\) (ぱんママ)
2016-10-15 06:31:53
でもね・・・人間でも若い人よりご年配の方の方が進行が遅いっていう例もあるから。

ジェイも皮膚癌って言われてからかれこれもう半年。徐々に弱ってくるのかと思えば最近では寝室のベッドの場所取りに小走りで競争するし涼しくなってきたらムラはあるものの食べれるようになってきたし。

そらままとパパさんがそらちゃんのことを思って選んだ道はきっとそらちゃんが一番幸せに犬生を過ごしていける道だと思うわ。

これからも小さな笑いでもいいから笑って一日一日を一緒に過ごしていけるようにお互いに頑張ろう(#^.^#)
Unknown (たぁ)
2016-10-15 07:55:16
辛いですね。
麦も先月13歳になりパピーの頃から仲良しになったワンコ達も最近悲しい話題が多くなりました。
治療をどうするか?
どこにも正解を教えてくれる場所はありません。
そらちゃんの事をいつも愛して止まないパパママの出した答えが正解です。
どうぞ辛いですが、そらちゃんとの時間をこれまで以上に楽しんでくださいね。
パパママの笑顔がそらちゃんの一番の薬ですよ。ガンバレ
ぱんママさんへ (そらまま)
2016-10-16 01:20:08
そうですよね。
ジェイ君もがんばっているし、どんどん下降線じゃなくてそうやって持ち直すこともあるんだもんね。気持ちで負けてはだめだよね。

頑張ります。
たぁさんへ (そらまま)
2016-10-16 01:28:00
ありがとう。麦ちゃんも13歳かぁ。
早いよね。
ピレも12歳くらいでなくなる子が多いので、
まだちょっと先の話だと思ってたのに、
こういうのって突然にやってくるんです。
アウトドア日記が闘病日記になっちゃうけど、
どうぞ応援してね。
Unknown (らすまま)
2016-10-17 16:26:18
そらちゃんには
まだまだ頑張ってほしい。
一緒に来年も再来年もずっと
一緒に遊びたいです。
だから頑張って。
応援してるよ!

ムムもがんばるから
一緒に乗り越えましょう!
Unknown (ラルモママ)
2016-10-17 17:51:27
辛い宣告ですね。
我が家も先代ピレのルークが5歳で口内の腫瘍が見つかり(この時は良性でした)
9歳で脳腫瘍を発症したのでそらままさんのお気持ち、お察しいたします。
とても辛いけれど、でも、そらままさん、パパさんが決められたことがこれからのそらちゃんにとって
きっといちばんいいのだと思います。

「そらちゃん、がんばって!少しでも長くままとパパと過ごせますように。」と祈ることしかできないけれど
応援してます!!!



らすままさんへ (そらまま)
2016-10-17 21:06:36
むむちゃんも大変なことになっちゃって…
いろんな変調はやっぱり原因があったのよね。
でもここでわかってよかった。
まだむむちゃんは若いからきっと治るよ。

そうそう、また一緒に遊ぶんだよね。
頑張ろうね。
ラルモママさんへ (そらまま)
2016-10-17 21:18:31
応援ありがとうございます。

そうですか。やはり辛い経験をされてるんですね。
わかってもらえるのは心強いです。嬉しいです。
これから治療法などでほんとにこれでいいのかと
悩んだり悲しかったりいろいろあるだろうけど、
頑張らねば。泣いてる暇なんてないんですよね。
また応援してください。
エルモママさんへ (そらまま)
2016-10-17 21:25:15
ラルモ君じゃなくてエルモ君ですね。。
応援しております☆ (Buddyママ)
2016-10-20 22:14:22
先日はフェリーのカートの件で丁寧なお返事ありがとうございました m(__)m

そらちゃんの事、辛いですね・・・。
我家も5年前に「そら」という同じ名前のバーニーズの女の子を事故で亡くしました。
預けた先での突然の事で、本当に辛かったです・・・。
かけがえのない「仲間」、「パートナー」ですものね。

そらちゃんも一生懸命頑張っているのでしょうね。
そして何よりもパパさんや ままさんと一緒に過ごせる時間がそらちゃんにとって最高に幸せな時間だと思います。
そらままさん、パパさん、本当に辛いけれど奇跡を信じて そらちゃんと毎日笑って過ごしてくださいね。
ままさん パパさんの笑顔がそらちゃんにとってはサイコーのお薬です☆

Buddyママさんへ (そらまま)
2016-10-21 18:51:36
応援ありがとうございます。

バーニーズのそらちゃん、そんな可哀想な泣くなりかたをしたなんてやりきれなかったでしょう。
余命を宣告されるのも辛いけど、事故というのは気持ちの持っていきようがないほど悲しいですよね。

私たちもそらに一番いいのは何かを前向きに考えていきたいと思います。
どうぞ今後も見守ってください。
ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。