晴れたらそらと遊ぼう!

グレートピレニーズ「そら」と家族のブログ

伊勢志摩旅行②

2010年04月01日 | 旅行

 
 わんわんパラダイスホテルに着く前に二見にある夫婦岩を訪ねました。夫婦岩は、沖合約700M先に鎮まる興玉神石、また日の大神を拝する鳥居の役目をしているそうです。岩と岩の間は9M、そこに太い縄がかけられていました。


 この神社は猿田彦大神を祀っていますが、この神のお使いはカエルで、「無事カエル」「お金がカエル」といって大切にされてきたそうです。
 それにしても「そら」はいつも人気者になってしまいます。この旅行中に何人の人の携帯に写真を撮られたたり、「さわらせてください」といわれたりしたことか。「そら」ももう自分のお仕事だと半分思っているようで、どこをさわられようがじっとしています。

そうそう、観光地だとお声掛けもいろいろで、関西弁あり、英語あり、中国語あり、そらも国際感覚豊かになるわ。あと、すれ違う人のリアクションが面白い。「おーびっくりしたー」「でかっ!!」「白クマみたい」「羊みたい」「ホワイトライオンか?」(なんじゃそれ?)ってなかんじ。お声掛けは嬉しいよね。


 という訳でいろいろな所に寄りながら、無事鳥羽のわんわんパラダイスホテルに到着しました。「日曜日だからすいているかな」と思ったら意外と混んでいて、25組くらいは泊まっている感じで、「夕食は19時30分からでないと食べられません。」と言われてしまいました。
 やっぱり最近は何か特徴のないホテルはだめかもしれませんね。周りのホテルは決して混んでいるような様子はなく、ここだけが繁盛しているように私には感じられました。
 ちょっと時間があったから屋上のドッグランに行ったのよね。でも、そらには小さすぎたみたい。小さな子の迷惑になっていたかも?お客さんはいっぱいいたけどみんな小型犬種ばかりでちょっとさみしかったかな。


 夕食はスタンダードコースでしたが舟盛りがついてきました。金額のわりにはものすごく得した気分になります。

やっぱ何はなくとも舟盛りでしょ!アサリやらアワビやら伊勢エビやらで、満足でした~。
 「そら」にもケーキを頼んであげました。ちょっと小さかったのか秒殺です。だいぶね。

まるで強力な掃除機に飲み込まれるかのように一瞬で消えてしまいました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加