窪田恭史のリサイクルライフ

古着を扱う横浜の襤褸(ぼろ)屋さんのブログ。日記、繊維リサイクルの歴史、ウエスものがたり、リサイクル軍手、趣味の話など。

中区環境事業推進委員研修会でお話させていただきました

2017年02月13日 | リサイクル(しごと)の話


  本日、横浜市中区役所7階会議室にて行われた、中区環境事業推進委員様の研修会でお話させていただきました。月曜日のお昼にもかかわらず、108名もの委員の皆様にお集まりいただきました。ありがとうございます。



  テーマは、2015年の旭区2016年の南区と同じく、「衣類リサイクルの現状と地域づくりへの可能性について」。

  前半では衣類リサイクルの大まかな流れと、衣類リサイクルの最新動向と共に、衣類回収で大事とされる1.対象外の物を出さない、2.汚れ破れに注意する、3.雨の日には出さない、という3つのポイントが何故大事なのかについてお話させていただきました。



  後半は、古着を原料として作られた弊社の「特殊紡績手袋 よみがえり」と、それを活かした地域づくりへの可能性についてお話しました。実は講演中も「よみがえり」を手にはめてお話させていただきました。「よみがえり」を活かした地域づくりは既に各地で起こっています。詳しくは、当ブログのカテゴリ「リサイクル軍手の世界」をご覧ください。

  因みに、ご質問の中にもありました「特殊紡績手袋 よみがえり」は、弊社オンラインサイトよりお求めいただけます。



  このように大勢の皆さんに熱心に聞いていただき、非常に楽しくお話させていただくことができました。またぜひどこかでお話させていただく機会があればと思います。ありがとうございました!

繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした


ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉とは、魔法である-第80... | トップ | あまりにも地元のもつ鍋屋さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL