高原千尋の暗中模索

行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しく止とゞまる事なし。

植草一秀氏のブログ『知られざる真実』について

2009年05月28日 | 植草ケース
 これまで私は俊才エコノミスト植草一秀氏を微力ながら応援してきた。特に冤罪事件については、権力による許されない暴挙であると確信している。マスメディアが権力に加担することで植草氏は圧倒的に不利な立場に立たされてきた。しかし、植草氏が自らのブログ『知られざる真実』を立ち上げられてからは、良識ある多くの方が植草氏の真実の言葉に触れることが可能となり、「真実」がどこにあるのか、理解と共感の輪が広がっているように感じられる。インターネットというツールがそれを可能にしたことは言うまでもない。

 5月28日、植草氏のブログに『「人気ブログランキング」でのポイント急減について』という記事が掲載された。この記事を読んで、私はある疑念を抱いた。
 実は勤務先のPCで、植草氏のブログへのアクセスが4~5日ほど前から制限されるという事態が発生していた。勤務先では、あるネット監視ツールを導入しており、閲覧できないページがある。そのこと自体は企業としては一般的な対応であるが、表示される禁止画面では、植草氏のブログをなぜか「ポルノ」のページとして認識しているのである。はじめは、何かの「言葉」が禁止ワードに引っかかってでもいるのだろうと考えていたのだが、植草氏のブログに『「人気ブログランキング」でのポイント急減について』という記事が掲載されたことで、疑念が生じた。

 社内のシステム管理者に確認したところ、はっきりしたことは分からないが、これは社内の問題ではなく、ソフトウエア提供者の側が何か設定したのではないか、ということであった。このことと、これまでの植草氏へのかずかずの謀略を考え合わせると、当然、疑念が生じる。植草氏のブログを読まれている方であれば、これが何を意味するのか、すでにお察しのことと思う。巧妙な言論弾圧の可能性があるのではないかと推察されるのである。
 私のPCは、すでにシステム管理者にアクセス可能に復元してもらい、閲覧が可能な状態になっている。しかし、同じ管理ソフトを導入している企業ネットワークでは閲覧禁止状態になっている可能性が考えられる。

 しかし、ことがことだけに、私の理解不足や誤解があることも考えられる。慎重な対応が必要だろうと考える。しかし一方で、ことがことであれば重大である。私以外の方で、同じような事実を体験されている方があれば、何らかの手段で、植草氏にメッセージを届けていただきたいと思う。複数の情報が集まれば、「真実」に近づく可能性が高くなる。

 残念ながら、植草氏のブログにはコメントやメッセージを届ける手段がない。私のブログもわずかな訪問者(貴重な訪問者のみなさん、いつも有難うございます)しかいない。どのように私の事情を植草氏に届けるべきかと迷っていたが、以前から、植草氏の支援者の多くの方が閲覧されているメジャー・ブロガー「神州の泉」様のブログのコメント欄を使わせていただき、メッセージを発信させていただいた。私の勘違いであれば失笑ものであり、責任が問われるかもしれない。それも覚悟の上で、メッセージを掲載させていただいた。「神州の泉」様には、主旨をぜひご理解賜りたいとともに、無粋なメッセージを掲載させていただいたことを、ここで深くお詫びを申し上げます。

 もしこのメッセージを植草氏がご確認いただくことがあれば、ぜひITの専門家にご相談いただき、慎重にご対応いただきたいと思う。もし私の理解不足であれば、お詫びのしようもない。しかし、それでもメッセージだけは、あえて掲載させていただく。


<関 連>
植草一秀氏ブログのアクセス制限について
植草一秀氏のブログ『知られざる真実』について
植草ケース(1)
植草ケース(2)
植草ケース(3)
植草ケース-判決速報
植草ケース(4)疑惑の判決
植草ケース(5)
植草ケース(6)
植草ケース(その7)
植草一秀氏の収監について(植草ケース、その8)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国住宅市場の動向 | トップ | 植草一秀氏ブログのアクセス... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (そこらへん)
2009-05-29 01:34:03
恣意的にポイントが操作されている
という件については、民主応援のブログだけ
ではなく、自民(麻生)応援で右派の「博士の独り言」
でも起こっていると、博士がおっしゃって
ました。

鑑みるに、左右どちらの派であるからポイント
操作されているのではないということに
なるかとは思いますが、いかがでしょう?

ただ、博士も植草氏も、アクセスが伸びてる割に
ポイントが伸びないという点では共通
しているようですから、操作自体は存在
するのかもしれません。

ここは左派、右派の垣根を越えて、博士に
尋ねてみるのもいかがでしょうか。
当社も同じです (じゅん)
2009-05-29 08:33:50
当社PCでも数日前から突然制限がかかるようになりました。Unknownさんが言及された「博士の独り言」については、今のところ制限がかかっておらず、問題なく閲覧できます。(このコメントから当方社名が特定できましても、公開されないようお願いします。)
情報をありがとうございます。 (高原)
2009-05-29 09:43:57
皆様、ご意見、情報をありがとうございます。

メジャーブロガー「神州の泉」様のお陰で、私のメッセージを植草氏に伝えることができました。「神州の泉」様には、重ねて御礼を申し上げます。また、植草氏には、私の本意をご理解いただくとともに、素早いご対応をとっていただき、深く御礼を申し上げます。

さて、じゅん様から、私と同じように、同じようなタイミングで、会社のネットワーク上で植草氏のページへのアクセス制限がかかっているというコメントをいただきました。
 いったい、“何”が起きているのか、さらに多くの方から情報を寄せていただければ、点が線に、線が面につながることになるでしょう。

植草氏は情報、メッセージの宛先として、「植草事件の真相」(http://uekusajiken.ganriki.net/#)を指定されました。ぜひ、多くの方からの情報をご提供頂きますようお願いしたいと思います。

“同時多発”の匂いが立ち込めています。サイバー上の問題では済まなくなる不安が過ぎります。皆様のご協力をお願いしたいと思います。

高原千尋
植草氏のブログへのアクセス制限について (鳩胸男)
2009-05-30 17:32:24
私は住友系列の電気メーカーN社に勤めておりますが、会社のパソコンでも5月21日より植草氏のブログにアクセス制限がかかりはじめました。当初は政治分野の他のブログにアクセス制限はかかっておりませんでしたが、29日時点では上位ランクのブログで「博士の独り言」以外かなりのブログにアクセス制限がかかっておりました(カモフラージュか?)。私は当初植草氏が三井住友銀行出身で郵政の西川善文社長の続投を問題視する記事を掲載した為に会社のインターネット管理部門が警戒してアクセス制御を施したものと解釈しておりましたが、他の記事(植草氏のサイトがポルノの扱いになっている点など)を見ると、アクセス制限がかかるようにしているのは会社ではなく警察のサイバーテロを監視する部署もしくはブログランキングの運営主体の可能性も考慮せねばならないような気もします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

植草ケース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL