卍 応無所住而生其心 卍

仏教に関すること、お寺の行事、法話…

花まつり

2017年04月05日 | ★法話関係
四月八日は花祭り(釈尊降誕会)です。

今から二千五百年ほど前に、お釈迦様(釈尊・ブッダ)はインドでお生まれになりました。

釈尊が誕生された時の伝説として、生まれてすぐ七歩歩いて「天上天下唯我独尊」と喋られた、というのがあります。「生まれた赤ちゃんが喋るわけない」と言われそうですが、これは実際に喋ったかどうかが問題ではなく、釈尊が生まれたことの意味・意義を示すための伝説です。

まず「七歩歩いた」ことですが、これは六道輪廻の苦の世界を超えて、七番目の世界、つまり悟りの世界・仏様の世界・浄土にみんなを連れて行きたい、という慈悲の心を示しています。お墓に六地蔵がありますが、これも同じ釈尊の慈悲の心を示しており、地蔵菩薩がその心を実践しているのです。

次に、「天上天下唯我独尊」ですが、「天の上にも天の下にも、唯だ私ひとりが尊い」という意味です。これだけ聞くと「なんと偉そうなことを言うなぁ」と感じるかも知れませんが、これは「オレだけが偉いんだ」というわけではなく、「他人と比較して偉いとか偉くないとかではなく、ただ私が私として生きているという事実、ただそれそのものが尊い事なのだ」という意味です。上下貴賤ではない、ひとりひとりの人が、それぞれ素晴らしい、ということです。

また、「私」というものは「縁起=関わり合い」で成り立ちます。この世界は「この私」がいてはじめて成り立っているのです。
たとえば何百・何千のドミノの駒のひとつひとつは小さいですが、そのたったひとつ・「私という駒」がなくなるだけで、ドミノは成立しません。その「たったひとつの小さな駒」が、この世界でもっとも大切なものでもあるのです。
そしてもちろん、「たったひとつの私という駒」「だけ」でも、ドミノは成立しません。すべての駒が関わり合って、それぞれの持ち場でしっかり立つことによって、成り立つのです。ある駒は目立つ場所にあるかも知れない、他の駒は目立たない地味な場所にあるかも知れない、美しい駒もあるだろうし、汚れた古い駒もあるかも知れない…でも、「すべての駒が必要なのです」。

釈尊が生まれたということは、このことを皆さんに知らせる意義があったのです。

釈尊のメッセージは、ひとつは「人々に必ず苦の世界を超えさせよう」ということで、もうひとつは「すべては関わり合って成り立っている、無駄なもの、無意味な人や人生はひとつもない」ということです。
それを「その通りだ」と信じて実践している者が「菩薩」と呼ばれます。完成した者を「仏」と言います。

私たちは、それぞれが小さな菩薩として真面目に生き、手を合わせる心を失わず、日々にしっかりと「みんなと調和すること」を意識しながら、すべてに感謝して生活して参りましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いのち | トップ | 卒塔婆と三十三回忌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

★法話関係」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL