卍 応無所住而生其心 卍

仏教に関すること、お寺の行事、法話…

位牌堂

2016年12月28日 | 仏教・思索
当寺には、位牌堂というものがあります。
檀家さんは自宅の仏壇と寺と、二カ所に位牌をお祀りしております。つまり、亡くなったら位牌をふたつ作る、ということです。すべての檀家さんが位牌堂を持っているわけではないのですが、9割以上の家庭に位牌堂があります。

 これが位牌堂です。

総数で約200です。

年末の掃除と準備で今日は位牌堂にいたのですが、改めて考えると、これらの無数の位牌は、すべて亡くなった方たちであります。どれだけあるのか正確に数えたことはありませんが(繰り出し位牌などもありますので、数えるとなると大変です)、たとえば当寺の過去帳は350年分くらいあります。戦前までは毎年20名~25名くらい平均で名前が記されています。近年は年間に10件弱ですが、概算で6000~8000人はおられるでしょうか。もっと多いかも知れません。
改めて数えはしませんが、ひとりひとりと対話する心で、掃除をしています。

この地域も過疎がさらに進んで絶家が増えています。これからも減ることはなく、どんどんと増える一方でしょう。子供がいても供養や寺を顧みず、放置する家庭もあります。そうやって人がいなくなったとしても、この位牌堂の人たちは、静かに祀られ続けるのです。詣り手がなくても。
僕たち檀家寺の僧侶は毎日ささやかながら供養をして、そういう人たちとともに、生活をしています。

仏教は生きている人のためのものだ。
そう言って「葬式仏教はダメだ」と批判する方がおられます。
確かにそれは一理あります。しかし仏教では一方で、「生死不二」であり、生きている人も死んだ人も、どちらも同じ地平でお付き合いをしています。当たり前のように、そういうものです。

静かな位牌堂。
世の中がすべて「生きている人」のためだけに回っているとしても、「生」のみに価値を置いて「死」にまつわるすべてを無価値・あってはならない忌まわしいものと考える社会になってしまったとしても、僕たちは古い過疎地の寺の中で、亡くなった方たちの幽かな気配とともに、ゆっくりとした時間の中で、変わらずに地味に、丁寧に、生きていきたいものです。

年末年始です。

またひとつ、歳を重ねます。

人はいずれ、死にます。

あなたも、死にます。

一分一秒、時間は絶対に止まりません。

ノンストップで死に向かうのが、時間です。

目を背けても、同じことです。

改めて自分のいのち、生き方、死に方、そういうことを考えてみてください。そして、良くも悪くも「死で終わらない」という仏教の教えに、来年は触れてみてください。必ず、素晴らしい世界が、そこに開けてきますから。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空海名言辞典 | トップ | あけまして。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL