卍 応無所住而生其心 卍

仏教に関すること、お寺の行事、法話…

応無所住、而生其心

2016年09月12日 | 仏教・思索
一部の宗派で言われているような、一般的な修行やっちゃいかんとか、やる必要がない、「それは自力だから」…ということをつらつら考えていたのですが、結局、「まさに心の住するところなくそれを生じなさい=応無所住、而生其心」という、仏教の基本を言うことが本質なのではないかと。
「私が修して、そして誰かを度脱させるのだ」という心は、たとえば「金剛般若経」でもサクッと戒められている基本のキ。

問題は、「だからやる必要ない」ということになるのか、それとも「そのように度脱させることは、実は度脱させることではない」ゆえに「これを度脱させるのだ」となるのか。

様々な行、たとえば「布施行」にしても、「この布施によって誰かをオレが救うぞ」というのはアウトだけれど、三輪清浄の布施は菩薩の行である、そしてそれは菩薩の行ではないと認識するところから、菩薩の行が生ずるのだ、と。

つまり空観を基盤にして、「外面的な行為としては」まさに修行するし布施行もしているわけです。「他力は他力ではない、ゆえに他力という」「自力は自力ではない、ゆえに自力という」境地では、このようになるはずです。

それを殊更に「他力」にこだわると、「他力は他力であり自力とは違う、ゆえに他力である」という、世間的にはしごくまっとうな理屈になりつつ、仏教からは遊離していく。

なんてことをね、徒然に考えていたわけです。



それにしても、「応無所住、而生其心」というのは良い言葉ですね。
前半は自利の基本・後半は利他の基本。一句で自利利他相即円満。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祈祷

2016年09月03日 | 仏教・思索
そもそも祈祷のイロハのイは、懺悔と調伏です。

調伏って言うと怖いようですが、自分の心が仏法を離れて疑いや無知、あるいは怒りや貪欲、具体的には三帰依そして十善戒、四無量心等から遊離して怠惰や高慢、三毒に陥ることを調えて伏するのが、それです。
祈祷とは、そのように心を作り明徴な眼を生じさせていただき、具体的な問題に対処する確かな力に導いてくださるよう、そうして善悪業を懺悔と調伏の功徳によって楽果への縁としていけることを祈るものです。

しかも基本、他者のために。

金儲けしたいとか恐怖によってするもんじゃない。

そもそも、除霊とか現世利益の祈祷とか、誤解を恐れずに言えば、ちゃんちゃらおかしい。
日常に懺悔と調伏を意識していれば、そんなもの必要ない。
ダスキンに年に何回か金払ってハウスクリーニングしたって、どうせすぐ元の木阿弥。自分で毎日ちゃんと掃除してたらダスキンなんかいらん。そういうことよ。

どうしても収拾つかんときは一緒に大掃除(祈祷)しますが、基本、寺はダスキンじゃない。掃除道場や。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

遺骨と遺体

2016年08月30日 | 仏教・思索
曹洞宗僧侶・ネルケ無方氏の書籍に、「釈尊は僧侶が葬儀をしてはいけない、バラモンに任せろと言った」という記述がありましたが、それはたぶん、大般涅槃経を指してそう書いていると思うんですけれども、果たしてそうでしょうか。

ちょっと引っかかったので、再確認してみました。

まず、釈尊は「修行者はそれに専念して、ブッダの遺骨の崇拝に関わるな」ということをアーナンダに申し渡しています。それに対してアーナンダが、「それでは、世尊の遺体の処理について我々はどのようにすべきでしょうか」と問うています。

「我々は」です。「彼らは」ではありません。

もしアーナンダが的外れな質問をしていたとすれば、釈尊は再び「関わるな」と言うでしょうが、こで釈尊は、「ブッダの遺体は転輪聖王の遺体の処理に準じで行え」と申し渡しています。

遺骨崇拝と、遺体の処理はここで別の事態として釈尊は述べているように読めます。

そして、遺骨崇拝は在家の者の仕事である、と。この「崇拝」は葬儀のことではないでしょう。葬儀は「遺体の処理」です。そしてここに関しては、修行者が関わるべきでない、とは言っていません。

実際に釈尊は、父王シュッドーダナの葬儀に際し、長男として棺を担いだ、という記述もどこかにあったと記憶しています。
そして釈尊の涅槃においても、マハーカッサパが「葬儀委員長」的な役回りで、儀礼を執行した形跡もありますよね。

ですから、「釈尊は僧侶が葬儀をしてはいけない、バラモンに任せろと言った」と言い切るのには、ちょっと疑問符がつきます。

また釈尊没後のかなり早い段階から、仏教僧侶の住居は都城の門外すぐのところ、つまり遺体を放置また埋葬、焼くような場所に住んでいたという最近の研究もあり、どうも遺体の処理(と供養)に関してはバラモンではなく、仏教僧侶の領分だったようです。
これは「穢れの観念」からも首肯できるところで、恐らくバラモンが遺体処理をすることはなかったと思われますし、仏教僧侶がその部分を担ったのも、歴史的事実でしょう。

ですから仏教が遺体処理を含む葬儀に関わっているのは、相当に初期の段階からであったのではないでしょうか。

このあたりの事については、近年、文献学だけでなく考古学的な視点からも新しい知見が出てきているそうです。まだこれからの分野ですし、僧侶を含め一般に認知されるには(誇張なしで)100年かかるでしょうが、楽しみではあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスーラ経

2016年08月28日 | 仏教・思索
スッタ・ニパータより。

824 
かれらは「ここにのみ清らかさがある」と言い張って、他の諸々の教えは清らかでないと説く。「自分が依拠しているもののみ善である」と説きながら、それぞれ別々の真理に固執している。

825 
かれらは論議を欲し、集会に突入し、相互に他人を〈愚者である〉と烙印し、他人(師など)をかさに着て、論争を交す。ーみずから真理に達した者であると称しながら、自分が称賛されるようにと望んで。

826 
集会の中で論争に参加した者は、称賛されようと欲して、おずおずしている。そうして敗北してはうちしおれ、(論敵の)あらさがしをしているのに、(他人から)論難されると、怒る。

827 
諸々の審判者がかれの緒論に対し「汝の議論は敗北した。論破された」というと、論争に敗北した者は嘆き悲しみ、「かれはわたしを打ち負かした」といって悲泣する。

828 
これらの論争が諸々の修行者の間に起ると、これらの人々には得意と失意とがある。ひとはこれを見て論争をやめるべきである。称賛を得ること以外には他に、なんの役にも立たないからである。

829 
あるいはまた集会の中で議論を述べて、それについて称賛されると、心の中に期待したような利益を得て、かれはそのために喜んで、心が高ぶる。

830 
心の高ぶりというものは、かれの害われる場所である。しかるにかれは慢心・増上慢心の言をなす。このことわりを見て、論争してはならない。諸々の達成せる人々は、「それによって清浄が達成される」とは説かないからである。

831 
たとえば王に養われてきた勇士が、相手の勇士を求めて、喚声を挙げて進んでいくようなものである。勇士よ。かの(汝に、ふさわしい、真理に達した人の)いるところに到れ。相手として戦うべきものは、あらかじめ存在しないのである。

832 
(特殊な)偏見を固執して論争し、「これのみが真理である」と言う人々がいるならば、汝はかれらに言え、ー「論争が起っても、汝と対論する者はここにいない」と。

833 
またかれらは対立を離脱して行い、一つの見解を[他の]諸々の偏見と抗争させない人々なのであるが、かれらに対して、あなたは何を得ようとするのか?パスーラよ。かれらの間で「最上のもの」として固執されたものは、ここには存在しないのである。

834 
さてあなたは(「自分こそ勝利を得るであろう」と)思いめぐらし、心中にもろもろの偏見を考えて、邪悪を掃い除いた人(ブッダ)と論争しようと、やって来られたが、あなたも実にそれだけならば、それを実現することは、とてもできない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北欧神話の言葉

2016年08月22日 | ★閑話休題
北欧神話はかなりマッチョな世界で、残された言葉も荒々しいものが多いです。
が、「敵」や「戦い」を自己の内面に引き当てて読んでみると、まったく違う世界が開けてくるような気がします。

そんな中で、比較的おだやかな言葉を。


遠くへ旅をするには知恵が必要だ。
家では何の苦労もいらない。


~高き者の言葉5


愚か者は毎晩目を覚ましてはあれこれと思い悩む。
朝が来ると疲れ果てるが、すべては前と変わらず、みじめなままだと気づく。


~高き者の言葉23


進みたくてならない者はおとなしくしているより、
何かしたほうがましだ。
寿命はすでに決まっている。


~スキールニルの旅13


太陽は知らなかった。どこに自分の館があるのか。
月は知らなかった。己がいかなる力をもつのか。
星たちは知らなかった。己がどこでまたたけばいいのかを。


~巫女の予言5


雷神トールは大蛇の前から九歩退き倒れたが、
何も恥ずべきことではない。


~巫女の予言56
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の仏教の未来

2016年08月19日 | 仏教・思索
高校野球やオリンピックを観てて、ここ数年でハーフの選手がものすごく増えたなぁ、と感じますね。悪いとは思いません。今や結婚の数パーセントくらいは国際結婚です。これも時代の流れでしょう。

僕は僧侶なので、また思うところはあります。

うちの檀家にも国際結婚してる人はいますが、いわゆる昔ながらの日本の社会慣習に立脚した部分は、その影響力を減らして行くでしょう。「日本人なんだから」という無条件の意思統一や行事などのあり方は縮小していくし、そういう慣習に根差した地域社会のありかたも変貌していくに違いありません。
宗教も同じで、当然のように寺院や神社を「日本人」あるいは「地域の人間」だから関わらないといけない、という時代は終わると思います。伝統軽視の流れともハイブリッドに絡みあいながら。

神道や神社はこの際ちょっと措くとして、仏教も変わらなくてはならないと思います。
…変わるというか、仏教の原点に立ち返るというか。

仏教は別に、日本の民族宗教というわけではありません。
仏教は民族に関わらず、あくまでも普遍を志向するユニバーサルなものです。
今までの日本仏教は、その思考、志向、嗜好があまりにも伝統的な慣習に囚われていて、その国際性、普遍性を軽く考えていたのが実際じゃないかと思うんですが、これからは、それぞれの地域文化伝統を重視し大切にしつつも、それを乗り越えた普遍性をもっと前面にしたものにしていかないと、未来がないように感じます。

普遍は特殊を通してしか顕現しないので、あくまでも日本仏教を日本という枠で考える価値はいささかも減じませんが、特殊を特殊で終わらせたら、そこまでのものになります。無論これはチベット仏教であれ中国仏教であれ同じことですが…。
今後は今まで以上に、仏教を「時間空間」において境界を取っ払って、インド以来2500年すべて、地球規模に広がる仏教を視野においた日本の仏教、というものを、僕たち僧侶は考えていかなきゃならないと、強く思っています。
思想も、視野も、形式も、そして組織も。

ラディカルに革命をしなくてもいい。現状でも良い部分もあり、それを求めている人もいます。
ただ、僕ら僧侶の気持ちの「構え」としては、やはり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

供養寺、布施、相場?

2016年08月14日 | 仏教・思索
葬儀の布施が高いの安いの、amazonで僧侶が派遣されるの、直葬だの何だの、おカネに絡むような話題がマスコミベースでも取り上げられていますが、その前提の知識や認識として、……たぶん皆さん、僧侶がお布施を右から左に使えると思ってるでしょ?
一時間の葬儀ですげー時給だな、的な。
甚だしくは、税金を払ってないとか(笑) どこの法律に、僧侶は無税とか書いてますか? あり得ません。宗教法人は、その本務に関わる部分のみは無税ですが、これは社会福祉法人や学校法人とおなじ公益法人だからで、宗教だから、ではないんです。そしてこれらの法人職員も、普通に税金を払ってますわな。
学校法人=教員じゃないのと同様、お寺=僧侶ではないのです。

そもそも供養寺と檀家の位置付けがおかしいんですよね。

寺は檀家が共同で維持して、僧侶はそこに請われて住して維持管理と法務をして修行してるわけで、お布施の大半は寺院運営と本尊護持に使われるんだから、檀家の共有財産なんですよね。そこから生活費などをいただく分は「僧分(=給与分)」ですが、それ以外は「法分(=法人会計分)」なんで、坊主丸儲け、ってのは違います。寺院財産は共有の寺院の財産です。

このあたりの原則が、檀家もわかってないし、僧侶も寺院をあたかも私有のように考えてるからおかしいことになる。

檀家の立場としては、功徳行云々とは別に、自分達の祖先や故人に関する供養のための寺院の共同維持に参画するためにするのが布施なわけで。その総額が檀家の総意ですから、「いくらが相場」じゃなくて、維持するだけのものが、建物の規模や檀家の数などを勘案してケースバイケースにどのくらいかかるか、主体的に考えるべきでしょう。
改築やなんかも、本来は住職じゃなくて檀家の考えることです。もちろん住職はそこに住んでて状況を把握してるから提案を出すケースはあるでしょうが、寺は住職のもんじゃないんだから、もっと檀家が考えるべきことです。

僧侶も、寺院を私物化して抱え込んだりするのは論外でしょう。あくまでも檀家が、供養のために、自分達の寺に請うて呼んでるのが、住職です。釈尊が信者の家に呼ばれていって布施を頂いて説法しましたが、それを常設したのが、供養寺です。その家までが釈尊のものになったわけじゃない。

道場、祈祷寺院はまた事情が違うでしょうが、少なくとも地域に根差す供養寺は、そういうもんだと思います。同じ「寺」でも、まったく性質が違うんだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬と牛

2016年08月07日 | 仏教・思索
お盆には、精霊棚というものを作ります。
最近はこれを作る家庭も少なくなりましたが、かつては各家庭で作られていました。
精霊棚はお盆の期間中、台の上に真菰のござを敷き、位牌・香炉・灯明・花を飾り、お供え物などを置きます。地域によって形は異なりますが、基本的にはこのような感じで祀ります。

またこの精霊棚には、キュウリとナスで作った「馬・牛」を供えます。
ちなみに、キュウリもナスも仏教とともに日本に渡って来た野菜で、原産地はヒマラヤ周辺だと言われています。

さて、精霊棚のキュウリの馬には「ご先祖が速く帰って来られるように」、ナスの牛には「ゆっくり帰って行けるように、またたくさんの荷物(=お供え物や供養の心)を載せられるように」という意味があります。

ところで、このキュウリとナスですが、「馬や牛」に見えるように足をつけようとすると、ある程度「曲がった」もののほうが相応しいのです。しかし最近のスーパーの野菜はどれもカタチが均一で、あまり曲がっていません。ナスもキュウリも、まっすぐなものがとても多いのです。
これではあまり、馬や牛っぽく見えないのではないでしょうか?

私たち人間も、本来は様々な個性や特徴、性格、趣味嗜好、人格を持ったものです。
ところが、「社会に有用」「集団の中に相応しい」ように、自分を決まった「型」にはめ込んで、同じような生活や嗜好、考え方になるよう、「みんなと同じ」ようになろうとしていないでしょうか。
これでは、つまらないです。
色々なカタチがあり、色々な性質があるからこそ、その特徴を活かして様々な個性的で充実した生き方ができるのではないでしょうか。似たような、同じようなカタチばかりだと、結局は「どれでもいい」「どれでも同じ」で、いくらでも「替え」の利く大量生産商品のようになってしまうのではないでしょうか。

人には様々な個性があります。
それは、均一的な「まっすぐなキュウリ・ナス」なのではなく、それぞれ個性的に曲がった野菜なのです。そしてその「曲がり」が、人の魅力というものです。
「まっすぐ」で「同じように」というのが、たとえば学校や会社や社会で求められること…確かに「みんなと同じように」というのにも、大切なところはあります。集団の「型」が、「文化」に昇華していくのですから。
ただその中でも、やはりひとりひとりの「個性」、「曲がり」を大切にしていくことで、人は精霊棚のナスとキュウリのように「曲がりを活かした馬と牛のカタチ」になっていくものです。

自分の中の欠点のように見えるところ・自信のないところ、もちろん逆に長所や自信がある部分、そういう「自分の曲がり」「個性」をしっかりと理解して、それをどうやったら「活かしていけるのか」をよく見極めて考えていくこと、それもとても大切なことで、せっかく生まれて生きているのですから、自分を愛し・活かして、充実した毎日を送りたいものですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

議論無用の文証

2016年07月17日 | 仏教・思索
前回は「議論は無益有害」というテーマで、釈尊の聖句である『スッタ・ニパータ』からの文章を紹介しましたが、高祖弘法大師も同様の考えを持っておられました。
その言葉は、『性霊集十「理趣経答書」』にたくさん書かれています。

ざっと列挙してみましょう。



面の妍媸を知らんと欲わば 鏡を磨かんには如かじ
金薬の有無を論ずべからず

…………

心の海岸に達せんと欲わば 船を棹ささんには如かじ
船筏の虚実を談ずべからず

…………

毒箭を抜かずして空しく来処を問い
道を聞いて動かずんば千里いずくんか見ん

…………

双丸は以て鬼を却るに足れり
一匕は以て仙を得つべし
たとい千年本草大素を読誦すとも
四大の病いずくんぞ曽て除くことを得ん

…………

百歳八万の法蔵を談論ずれども
三毒の賊いかんぞ調伏せんや

…………

妙薬匧に盈てども嘗めずして益なし
珍衣櫃に満つれども著ざればすなわち寒し

…………

阿難多聞なつかしども是とするには足らず
釈迦精勤なつしかば伐柯遠からず



難しい単語もありますが、要は、「百歳八万の法蔵を談論ずれども 三毒の賊いかんぞ調伏せんや」…これに尽きます。
議論は有意義な場合ももちろんありますが、それ以上に有害無益な場合がとても多い。
「論議」という伝統も仏教にはあり、たとえばチベットや高野山、比叡山でも残っていますが、それも相手を選びます。自己顕示、勝敗、優劣などに毒された「議論」であるのなら、それらはすべて無駄です。法を明らかにするために「のみ」なされる論議には価値がありますが、現実の議論の99%はそうではありません。
その証拠に、議論によって信が「全体として」深まるよりも、怒りや惨めさ、嫌な思いが残るだけの場合がどれほど多いでしょうか。
真理探究の議論の「つもり」であったとしても、その意見の披瀝がエスカレートして優劣を競うようになり、相手を潰すことが目的となり、意見ではなくて人格攻撃に発展していくことも、とても多いように感じます。
自分がそうでなくても、相手にそういう気持ちを誘発してしまうものであれば、有害なものです。

有意義な、本当の「論議」「宗論」というものは、大切です。
でも、それは「いわゆる議論」にはほとんど見られない稀なものなのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見解と論争

2016年07月16日 | 仏教・思索
論争は、無益・無駄です。

私たちは何事につけ「見解」「意見」「主張」があり、その相互合意や論争、摺り合わせ、時にごり押しによって、日常を生きています。宗教・思想・政治などというものでなくとも、日常のちょっとした行為や思いというものも同じです。「好き嫌い」もそうです。

そういうものが日常生活に存在することは避けられないし、時には「必要なこと」でもあるかも知れません。
しかし、そういう「見解」というものをよく考えると、そこに「高慢・自己顕示」の心はないでしょうか。「勝ち負け」の心はないでしょうか。自分の見解を否定されても心穏やかにいられるでしょうか。相手の心も穏やかに保たせることが出来るでしょうか。「自分」という心が「見解」を覆っていないでしょうか。

もしそのような心が少しでもあるのなら、見解を持って論争することは、無益有害です。


『スッタ・ニパータ』、釈尊の金口。


895
これらの偏見を固執して、「これのみが真理である」と宣説する人々、──かれらはすべて他人からの非難を招く。また、それについて(一部の人々から)称賛を博するだけである。

896
(たとえ称賛を得たとしても)それは僅かなものであって、平安を得ることができない。論争の結果は(称賛と非難との)二つだけである、とわたしは説く。この道理を見ても、汝らは、無論争の境地を安穏であると観じて、論争をしてはならない。

897
すべて凡俗の徒のいだく、これらの世俗的見解に、智者は近づくことがない。かれは、見たり聞いたりしたことがらについて「これだ」と認め知ることがないから、こだわりがない。かれはそもそもどんなこだわりに赴くのであろうか?

898
戒律を最上のものと仰いでいる人々は、「制戒によって清浄が得られる」と説き、誓戒を受けている。「われわれはこの教えで学びましょう。そうすれば清浄が得られるでしょう」といって、<真理に達した者>と称する人々は、流転する迷いの生存に誘きこまれる。

899
もしもかれが戒律や誓戒を破ったならば、かれは(戒律や誓戒の)つとめにそむいて、おそれおののく。(それのみならず)かれは「こうしてのみ清浄が得られる」ととなえて望み求めている。たとえば隊商からはぐれた(商人が隊商をもとめ)、家から旅立った(旅人が家をもとめる)ようなものである。

900
一切の戒律や誓いをも捨て、(世間の)罪過あり或いは罪過なき(宗教的)行為をも捨て、「清浄である」とか「不浄であると」とかいってねがい求めることもなく、それらにとらわれずに行え。──安らぎを固執することもなく。

901
あるいは、ぞっとする苦行にもとづき、あるいは見たこと、学んだこと、思索したことにもとづき、声を高くして清浄を讃美するが、妄執を離れていないので、移りかわる種々なる生存のうちにある。

902
ねがい求める者は欲念がある。また、はからいのあるときには、おののきがある。この世において死も生も存しない者、──かれは何を怖れよう、何を欲しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加