医療制度改革批判と社会保障と憲法

9条のみならず、25条も危機的な状況にあります。その現状批判を、硬い文章ですが、発信します。

憲法記念日雑感

2007年05月03日 | 憲法

憲法記念日雑感

 憲法改正手続きで、新憲法を制定しようとする姑息さ

 改憲手続き法案が、参議院で審議されている。なんとか廃案になってもらいたいと思っているが、11日にも強行採決ということが、危ぶまれているそうだ。
 そうした状況のなかで、中東歴訪最終日の5月2日午後、安倍首相はカイロのインターコンチネンタルホテルで内外記者会見。
 記者の「憲法改正の国民投票について」の質問に答え、「改正の内容については、自民党としての案をすでにお示し、ご議論をいただいている」と回答。 
 おいおい、それは自民党新憲法草案だろう。現行憲法を否定し、新憲法を制定することを、憲法改正とは言わないんだ。 
 96条で予定している改正とは、「承認を経たときはこの憲法と一体を成すものとしてこれを公布する」とされており、現憲法を否定することなどは、まったく予定していないんだ。 
 だから現在の動きが、権力側からの「右翼クーデターだ」などといわれているのだが、暢気なものでこの御仁は、憲法改正と新憲法制定の違いもわかっていないようだ。
 自民党内部でも、96条改正に見合う粉飾をどう施すのか、改憲手続法で改憲のハードルをできるだけ低くし、明文改憲をどう実現するか、などなどの検討がされているはずだが。
 安倍首相は、任期中の憲法改正を公言しているが、(再選されることが決まっているのか?)任期は?人気は?…
 この能天気な御仁が日本の首相とは、恥ずかしいやら情けないやら。

 改憲投票法であって、国民投票法ではない

  現在参議院で審議されている改憲手続き法案は、単に憲法の改正承認を得るための手続きを定めようとしている法案である。
 現状から判断すると、一方的に権力側からの、憲法改悪の承認を、国民が求められるだけの投票といえる。そんなものを国民投票とはいわない。
 現状と憲法に大きな乖離(違憲状態)がある、「現状を踏まえた9条改正を」と迫られ、国民が何とかそれを否決したとして、結果は現状維持であり、なんら違憲状態の改善とはならない。主権者にとって分の悪い投票法であるといえる。
 国民投票というのはそんなものではないはずだ!

  朝日新聞 提言 日本の新戦略 憲法60年

 5月3日の朝日新聞、昨年4月から展開してきたシリーズ「新戦略を求めて」の集大成として、提言 日本の新戦略 憲法60年 私たちはこう考えます 社説21 が示された。 

 「地球貢献国家」をめざそう。 これが「新戦略」のキーワードだ。

 地球温暖化や人口激増、グローバル化による弊害……。さまざまに迫る地球上の困難に対し、省エネ、環境技術をはじめとする得意技で貢献する。さまざまな国際活動の世話役となって実りを生む。それが、日本の国益にも直結する。 

 「戦争放棄」の第9条を持つ日本の憲法は、そのための貴重な資産だ。だから変えない。これも私たちの結論だ。 

 ただし、準憲法的な「平和安全保障基本法」を設けて自衛隊をきちんと位置づけ、「専守防衛」「非核」「文民統制」などの大原則を書き込んではどうか。憲法の条文から自衛隊が読み取れないという「溝」を埋めるための工夫である。

 「戦争放棄」の第9条を持つ日本の憲法は変えない。これも私たちの結論だ。
 
朝日新聞の社説21、これを評価するというよりも、こうした提起がなされたことに、なぜかほっとしたという感じだ。この21の社説に全面的に賛同・同意はできかねるものの、こうした真摯な問題提起の姿勢は、やはり評価したい。

 (追記) 社説21を踏まえての、真摯な姿勢での紙面作成がなされることを期待して、紙面を注目してきたのですが。
 積極的な特集や記事もありますが、如何なものかと思わざる記事もあり、姿勢というか立場を明確にしての報道ではないように、思えてなりません。「ほっとしたという感じ」と書きましたが、「ガッカリとかヤッパリという感じ」といわざるを得ない、というのが、この間みまもってきての実感です。

 もう少し姿勢や立場、スタンスをハッキリさせたほうがいいと思います。
 
 たとえば、日経新聞は「資本の側の立場」にたって紙面を作成し報道しています。その読者も、「資本の側に立って働いている」ということで購読しています。それは、本意であれ不本意であれ、そうした新聞であることを前提に、発行され読まれているのです。

 朝の通勤電車のスーツ姿の女性・男性(とりわけハッキリわかるのは、熱い暑い夏ですが)、車内で読んでいる新聞は日経新聞です。
 家で読む新聞ではなく、仕事のために読む新聞なのです。したがって、日経新聞の姿勢やスタンスには揺るぎはありません。
 ひたすら資本のための、資本の側に立って働く人のための、情報を・紙面を・記事を作っているのです。

 朝日新聞も、自らの立場やスタンスをハッキリさせなければ、読者の信頼を得られないのではないでしょうか。

 しかし、日経新聞は購読部数(駅売りが大きな数字を占めています)を増やしてはいますが、その数を飛躍的増大させていないのは、仕事上必要だから、もしくは雇用主から強制されているからであり、その必要などがなくなれば、すぐに購読を止めるからです。

 公正中立な報道、そんな建前はタテマエと、読者は看破しているのですから、朝日新聞も腹をくくって、自らの立場を鮮明にして、真摯な姿勢で、その紙面づくりに、まっとうな報道に、邁進してもらいたいと思っているところです。

                                                            2008・1・19  harayosi-2

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療保険についての朝日新聞... | トップ | 大阪市健康保険組合解散 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
知憲からかな? やっぱし今の日本は^^ (らんきーブログ)
この頃、気のせいかどうか、私がとってる西日本新聞がいい感じだ^^ 昨年の選挙で福岡市長に当選した吉田氏が、元西日本新聞の編集委員だったからなのかどうかも知らないが、とにかく何かと頑張った記事を見るようになった
「日本国憲法 誕生」(2)生存権・教育権を作った人たち (あんち・アンチエイジング・メロディ)
今日は憲法の日。引き続き「日本国憲法 誕生」についてエントリーを上げる。私はあまり憲法について取り上げることがなかったのだが、このところ憲法関連のエントリーを上げるようになってから、日本国憲法を愛されている皆様方からコメントを頂戴している。ありがたいこ...
首相の憲法見直し発言は違憲 (花・髪切と思考の浮游空間)
憲法施行60年で首相 「大胆な見直し」議論期待(朝日新聞) - goo ニュース安倍首相は、3日付で憲法施行60周年に当たっての談話を出し「憲法の在り方について、今後国民的な議論が更に広く展開され、方向性がしっかりと出てくることを強く期待する」として見直し論議...
憲法記念日に寄せて (高野 善通のブログアネックス)
 さて、現日本国憲法が施行されて60年の記念日。「還暦」を迎えて憲法のあり方を考える上では非常に重要な節目であることは国民にとっても理解できると思います。何しろ、イラクへの自衛隊派遣問題、北朝鮮脅威とどう向き合うかというこの国の安全に関する緊急かつ重大...
共同声明 『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』 (私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します)
この共同声明文は、私、世界平和の野望と村野瀬玲奈さまとの共同作業によるものです。前回4月22日に発表した文案に、呼応のエントリーを立ち上げてくださったみなさん、ご助言くださったみなさん、コメントにより賛意を表
出会いっていいなあ (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
昨日は地元の憲法関連の集会へ出かけました。 実は来月にお玉たちが企画している講演会があるので、ついでにその宣伝をさせてもらったり、チケットの販売もやったりとお客さんのつもりで行ったはずが、いろいろ大忙しになっちゃいました。 その後三宮で友人3人と夕食を...
「ブレーキなし。問題なし。」ナイキの看板、問題なし。JUST DO IT.~抗議で撤去、やな感じ! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
月刊「創」6月号によると、渋谷パルコの壁面のナイキの上記広告が掲示後わずか2日で撤去されたらしい。「ブレーキのない自転車を広告で持ち上げるなんて、ナイキは道路交通法違反を助長するつもりなのか…」という抗議が殺到したのが原因だという。五人組の監視システム...
『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
人気ブログランキングは政治部門で一定のポチ数を頂けているようです。みなさん、有り難うございます。ちょっとドキドキですが、もう少しここで頑張ってみます。 人気blogランキングへ   さて、村野瀬玲奈さんと「そいつは帽子だ!」のごんさんの共同作業で素晴...
絵本 つるちゃん HTML版がありました (ファミリー メンタル クリニック)
ウチは買いましたが、全国の書店で売っているかはわかりません。html版があったのでブックマークにもリンクしておきます。 沖縄県内で伝統住宅「中村家」があります。そこで、読み聞かせ「つるちゃん」を鑑賞したのは何年前だろうか。 誰かに誘われ参加しました。慰霊の日...
07年5月5日・こどもの日 テレビの中の憲法談義 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年5月5日・こどもの日  老人は早起きだ。庶民の情報源は新聞とテレビ。  そのテレビも同時間には一つの番組しか見られないので、見る番組は自ずからきまってくる。  今朝も五時に起きてみのもんたのサタデースバットを見ている。特集には熊本県の赤ちゃんポストと憲...
レジーム (regime) とは? 辞書で引きました。 (JUNSKYblog2007)
【私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します】 というブログからトラックバックを頂いた。ここをクリック そこで、「レジーム」をgoo辞書で引いてみた。 和英辞書では、  該当なし。まだ、日本語としては市民権を得ていない言葉のようだ。 国語...
07年5月6日・日曜日 三大紙の論説委員長・主幹の憲法論議 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年5月6日・日曜日   テレビも不思議なことに早朝の方が、思わぬことを聞くことがある。  今朝の自治放談(塩川正十郎氏・藤川裕久氏)で藤川氏が最後の方で、安倍首相は昔の様に軍事裁判所を創設すると言っていると話していた。  考えれば尤もな話で、庁が省に昇格...
安倍政権の「憲法改正」 (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
「今週のコラム(銀座でみつけた平和のかたち)」を読んで、若さがあって行動力があって、日本のお臍に住んでいらっしゃる方々はうらやましい。自分で行動できるのは本当にうらやましく思っています。   安倍首相という国家権力が自分の思う通りに事を運ぶやり方は手法は...
一読者への返事 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
一読者への返事    金美齢氏は昔はもっとマトモなことを言っていたと思いますが、マスコミにもてはやされ、与党系の政治家との交流が増えると人格が替わってしまった様です。  人間、何不自由なく暮らせる様になると、お山の大将になるのでしょうか。私の回りにも同じ...
医師確保法(仮称)参院選前の人気取りでは困る! (ファミリー メンタル クリニック)
医師の全国派遣を検討 政府・与党、偏在解消へ新制度 www.asahi.com 2007年05月10日06時59分  政府・与党は医師不足解消に向け、医師を不足地域に派遣するシステムを構築する方針を固めた。与党内では臨床研修後の若手医師や定年後の勤務医らを全国に配置する案が浮上...
緊急通信  参議院憲法調査特別委員会にメール・FAXを送ろう!! (護憲+グループ・ごまめのブログ)
 07/05/11緊急通信  国民投票法が民主党も賛成して成立しそうになっています。休刊中ですが、いてもたまらず書き込みました。  憲法が日本の現場と合わないと、自民・民主はそう言いますが、現憲法に合わない国家にしたのは誰ですか。  合わない国家にした事は、政...
車内で拾った産経新聞にビックリ (関係性)
 通勤電車の中でたまたま拾った産経新聞に興味が湧いた。普段、購読していない新聞だけに、ワクワク感さえ与えられた。  産経新聞の4月18日付け「産経抄」を一読して、ビックリした。  政治記事に弱い私でもこの怪しげな論理にビックリした。  米バージニア工科大学の...
壊憲阻止の実力闘争を構築しよう!! (アッテンボローの雑記帳)
 自公与党は数の暴挙をもって国民投票法案の参議院特別委員会採択を行った。満腔の怒
神の手 (権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!)
日本が世界に誇る国民皆保険制度は1961年(昭和36年)に整備完成されています
シリーズ医療も命も削られる(1)-前編 (権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!)
なぜ起こった? 医師不足(前編) シリーズ医療も命も削られるの第1回目(前編)
サラリーマン川柳 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
先日サラリーマン川柳のベストテンが発表されました。堅いことばかりだと肩が懲りますので、映像にしてみました。 何時ものように、護憲の政治マガジンに入れてありますから見て下さい。 政治マガジン(目で見るニュース) http://yufuu.com/User/Goken/seijimagaginenew...
ブログ休暇中に感じたこと その2 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
 昨日の続き  映像遊びは時間を食うので,ながら族のわたくしの情報源はテレビに新聞。  評論家やパネラーという人間の思想も右に左で考え方も夫々色が違います。テレビの中では好き人間、嫌いな人物、色とりどりです。しかし、嫌いな評論家でも良いことを言って居る...
07年5月18日・金曜日 テレビ切り抜き編 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年5月18日・金曜日 テレビ切り抜き編  政治は社会の鏡だ。その鏡が曇っていると社会まで曇ってくる。  映像のブログは来週からと思っていたが、今朝の放送は人殺しに関係したものがびっしり詰まっていたので、犯罪に関係したものを取り出してみた。  詳細は新聞やテ...
07年5月19日・土曜日 天下り (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年5月19日・土曜日  先日から国会は社保庁問題に取り組んでいる。  自民党は社保庁を6分割すると言っているが、おそらく厚労省の官僚が持ち込んだものではないだろうか、複雑怪奇で政治家の好きな解釈次第ではどうにでもなる感じだ。  朝ズバでその構図が分かりやす...
ブログ休暇中に感じたこと その3 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
ブログ休暇中に感じたこと その3  日本は軍隊は持たないと誓ったのに何故改憲派が増えたのか。  一つ答えが見みえた気がしました。  先日、瀬戸内寂聴さんと美輪明宏さんの対談で、  昔を思い出すのは目では見ていない。脳の中で見ているだと言っていました。そし...
一人でも多くの人と感動を共有したい (あなたには、この宝物がみえますか―憲法たんば(平和憲法を守る丹波地区連絡会))
 「女性の本質は戦争絶対反対よ。お腹を痛めた我が子を喜んで戦場に送り出す母親なんて誰一人としていないわ。でも、戦前にはそれが声に出せなかったのよ。大日本帝国憲法が女性の政治参加を決して認めなかったのは、それを認めれば、女性がこぞって戦争に反対するからよ...
07年5月20日・日曜日 今日の時事放談から (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年5月20日・日曜日  毎週、日曜日は早朝から時事放談を見ている。  何時も出演するメンバーは、元政治家や老人ばかりの与党系の人物が多いので皆さんは興味がないかもしれない。    ただ不思議に思うのは、元自民党で政治家を引退した人物は野に下ると、しごくまと...
辺野古の海と東国原知事 (権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!)
あいかわらず辺野古の状況は殆ど報道されません。ワイドショーをよく見ている妻に尋ね
ブログ休暇中に感じたこと その4 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
ブログ休暇中に感じたこと その4  憲法改正前の手続きの一つ国民投票法が参議院で可決しましたから、日本は改憲に向かって走り出したのは間違いありません。  半世紀前に絶対武器は持たないと日本の国民全員が誓ったはずの戦争放棄の柱が揺れ動いている何故でしょう...
07年5月21日・月曜日 国立公文書館の憲法の原本の公開 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年5月21日・月曜日 国立公文書館の憲法の原本の公開     今朝の朝スバッで、国立公文書館で明日22日まで普段見ることの出来ない憲法の原本を公開しているそうです。      私が見逃していたのかも分かりません。憲法記念日から始まっているそうですが、もっと早...
新しい消費市場の息吹 (関係性)
 今、何を作れば売れるのか、どのように売れば良いのかを悩んでいる企業家や社員は多いだろう。そのためには消費者のニーズを掴み、尚且つ、消費者の生活水準を知ることが大事である。  ニーズという側面から見たとき、売買を通じて川上(生産者)と川下(消費者)の情...
ブログ休暇中に感じたこと 最終回 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
 ブログ休暇中に感じたこと 最終回 最後にブログの仲間に入って感じたことを書いてみます。  私たちWeb仲間のブログやHPを見ていると、憲法改正は阻止できると感じます。  書き込みの中身には、どこそこで反対集会。何なに有名人の演説会そして、先だっての国民投票...
07年5月22日・火曜日 甘いささやきには気をつけよう。 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年5月22日・火曜日  20日の日曜日に自民党の中川幹事長が、四国の松山で演説をしたらしい。その内容は。      であるが、新憲法草案を国民大衆に募集をすると言うのだ。  国民のみなさん、よく考えてみよう。今までの一連の自民党の行動を見て、本気で国民に新...
07年5月22日 新聞の切り抜き 甘いささやき気をつけろ (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年5月22日 新聞の切り抜き  選挙前になると自民党はいろいろ目新しいことを出して、国民の目を引こうとする。     官僚機構もピラミッド形だが、学校,所謂先生も複雑なピラミッドに作り替えようとしている。18日の朝日新聞にその構図がイラストになって出ていた...
07年5月23日・水曜日  「私は貝になりたい」 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
 今朝の番組でスマップの中居君が「私は貝になりたい」の主役で再映画化されると言っていました。        思えば、昭和33年にフランキー堺がC級戦犯で絞首刑になり、その処刑される時に「もし生まれ変わるなら海底深くの貝になりたい」と言ったと記憶している。映...
07年5月23日・ 改憲までのハードル (護憲+グループ・ごまめのブログ)
 先日から辺野古の米軍(=自衛隊)基地建設問題でブログの皆さんは情報をいろいろ書き込んでおられる。  私は庁が省に昇格したときから、自衛隊が正面に出てくると思っていましたから別に驚かなかったが、その反面、国民投票法や護憲についての事柄が少なくなったのが...
丹波新聞に広告 (あなたには、この宝物がみえますか―憲法たんば(平和憲法を守る丹波地区連絡会))
丹波新聞5月24日付に「日本の青空」上映会の広告が載りました。