原谷 ミニバス通信

チームのこと、ミニバスのこと、秩父のこと…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さて、これって、誰ですか?

2007-01-26 22:27:26 | バスケ…チーム原谷

2004年7月18日。ということですから、サオリンとナナが4年生のフレッシュ大会です。

こうして、楽しさから始めたミニバスが、色々なことを考えたり、悩んだり、嬉しかったり、楽しかったり、そして辛かったり..。
そんな体験をいっぱい積み重ねながら、一つひとつ越えながら、みんな結構大きくなりました。そして、もう2ヶ月もすると中学生の仲間入りをするほどになってきてしまった。

こうなったら、最後の最後まで大暴れして、自分を思いっきり主張してもらいましょう。
「自分のこれから進むバスケはこんなんだ!」って、プレイで見せてもらいましょう。
そう考えてみると、なんだか楽しみでもあり、心配でもありってところでしょうか。いやいや、大丈夫。きっと楽しいファイナル・ゲームになります。
だって、みんなが応援していますから。ね。
ジャンル:
バスケットボール
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3,4年生の主張 | トップ | 「ふりかえりノート」その③ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カワイイッ!!! (Cー3mama)
2007-01-28 21:35:57
幼くおちゃめなふたり!!!微笑ましいツーショットです。こどもたちの『三年間』というのは、とても大きな成長を遂げるものですね。
あと何試合かで卒団ですかぁ。公式戦が残り少なくなってくると何だか複雑な心境ですよね。見ている方が緊張してしまいそうで(><)でも案外子供たちはあっけらかんとしているかも・・・。緊張せずにおもいっきりぶつかってほしいものです。悔いの残らないように!
(見ているこっちの気も知れず、あまりにも普段どうりってのも見ていられなかったり・・・。)
ほんとに! (coach senbe)
2007-01-28 22:02:29
僕らの3年間はそれほどの濃さもなく、積み重なるのは飲み干した空ビンの山、といったところでしょうか。(笑)

でも、この子たちにとっては1秒,一瞬が大切で、かけがえのないものです。
そして、すべてが特別でも普通でもないのかもしれません。

もし、この子たちにとってコートにいる時間が
「ただバスケが好きなだけ」だったら、どんなに幸せなことかと考えます。
いいえ、間違いなくそうなのです。そう思うと、「僕らと同じだ」って気づきます。

バスケは、ただ楽しいのです。だから、HARAYA にいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。