ばあばあの独り言

野菜作りを基本に、花なども作っております。写真で報告!もうひとつ、増やします。愛犬のパピヨン、ゆう君の日々の可愛いこと。

生け垣の刈り込み。

2017年06月17日 | 日記

  朝から頑張ります。  相変わらず。太陽の日差し、きつい。倒れないように・・

  いっぱい、木々出ているでしょう。丁度ここ、子供たちが通ります。また、明日自治会のお掃除があります。この前も皆さん通りますので、少しでも、スッキリしておいた方がいいわーって思いながらやり始めました。

 

 

 

   

  

 後始末。観るに見かねて、我が家の主様、切った木の端くれを袋に入れて表を美しくしてくれました。後、庭の中は、私、ばあばあです。7歳若い私が最後と始まりをやりました。

以前、ご近所さんで、表を通る方がいて、よく声掛けをしてくださいましたが。?造園さんですかあ?なんてよく私に言って、笑っていらしたが、月日の流れは速く、もう褒めて下さる方がおられません。

 でも、少しばかり、スッキリして、ホッとします。

 

 

  

 ゴミの袋はこの生け垣と、植木の切込みだけでこんなにいっぱいになりました。

  

 

 この後、夕方から、畑でジャガイモが掘り起こせたらいいなーと、心の中でひそかに計画しています。少し頑張り過ぎかな?  でも雨の降らないうちに

 

それに、ニンニクも掘り起こさないと( ^ω^)・・・

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野菜の収穫の後始末と、咲い... | トップ | 畑の仕事 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昔の私 (otomechan)
2017-06-18 05:41:18
滋賀のばあばあ様へ
 主人が若い頃は、殆ど家に居ない仕事だったので(20日留守で10日休)、
私は何でもしました。子育てでも父親役もこなしました。
子供に角が生えていたと言われます。

もちろんばあばあ様のように、3メートルの脚立に上って
でも選定をしていました。
でも、主人が退職して帰ったら、ほっとして男役からすっかり手を引きました。
丁度祖母の介護も、少しづつ始まった頃でした。
すると興味の無い切り方の主人にいらいら。ぐっと我慢。
でも見かねて、低いところだけすることも有ります。

こちらでは焼いて片付けるので、これまた大変です。
裏返したりしながら乾かして焼きます。
随分な量になりますので、少しづつ風を見ながら焼きます。

だからばあばあ様の、やる気・体力などに感心します。
でも、お気をつけてね。
遠くからコメントありがとう。 (滋賀のばあばあ)
2017-06-18 09:15:14
ミミママさん、有難う。皆さんとお会いなさる予定がある中、コメントありがとうございます。申し訳なく感じています。 実家の事を許してくれる主人に感謝しないとね。大抵、そのように思っていたのですが、ミミママさんの感謝と有難うのブログで、本当にそう、主人に感謝と有難うを、と思いを変えています。  畑仕事、全くできなかった私が、少しづつできるようになって、結構楽しさも覚えるようになりました。次から次へ、やることが一杯ですものね。そろそろ、皆さんと、合流かな?運転疲れておられませんか?お楽しみにね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL