映像詩

デジタル映像による心の表現
(映像作品制作を通して感じたこと)

1431-善光寺式三尊仏

2017年04月20日 | 30秒の心象風景
「一光三尊阿弥陀如来像」善光寺式三尊仏の表現形式は他にはない特徴がある。大きな光背の中に三尊が収まる形式は古い様式であると聞いた。一光三尊形式の源流は中国北魏時代の仏像に求められ,日本では法隆寺金堂の釈迦如来三尊像とその光背が名高い。 善光寺の三尊仏もその古い様式を持つものである。しかも、脇の菩薩像の印相が特殊で他では見ることがないものである。そしてこの仏様が現在も絶対秘仏として守られているのである。多くの信仰を集める特別な仏像として生き続けているのである。


30秒の心象風景10653・善光寺式三尊仏~東光寺石仏~
https://youtu.be/8LMWvqz7z4I
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1430-鬼瓦 | トップ | 1432-存在感 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む