映像詩

デジタル映像による心の表現
(映像作品制作を通して感じたこと)

1316-螺鈿の框

2016年11月07日 | 30秒の心象風景
床の框に螺鈿がある。豪華な框である。百科事典の項目で螺鈿を見ると「漆工芸品の加飾法の一つ。螺は貝,鈿は物を飾る意味で,貝殻を文様に切り,器物の表面に張付け,あるいは象眼 (ぞうがん) して漆で固定したもの。貝は古くは夜光貝,蝶貝などを用い,近世はあわびを使用することが多い。」とあった。ここで見る貝はどの種類なのかはわからないが、虹色に変化して輝いて見える。床框に螺鈿があるのは、これまであまり見たことがない。古都奈良でのこだわりなのだろか。

30秒の心象風景9945・螺鈿~にぎわいの家~
https://youtu.be/TbmYUleD0x0
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1315-道祖神 | トップ | 1317-池に映る »
最近の画像もっと見る

30秒の心象風景」カテゴリの最新記事