映像詩

デジタル映像による心の表現
(映像作品制作を通して感じたこと)

1445-観光地

2017年06月02日 | 30秒の心象風景

 人の少ない観光地。津山を訪れて感じた第一印象。桜の名所として知られる津山城は、その季節に訪れる観光客は多いに違いない。そこで、意図的にそのシーズンを外して観光に向かったところ、予想以上に静かな町だった。日曜日には閉じている店も多く、また、人口減少の影響もあるのかもしれないが商店街ではシャッターが閉じたままの店や売り地や更地になっているところも見受けられる。しかし、逆説的にいえば古いものが残りやすいということでもある。城東地区が景観保存地区として整備が進んでいるのも時代の要請が来たのだと思う。今がその機会なのだと思われる。

30秒の心象風景10828・観光施設~津山城下~
https://youtu.be/k82QepVvCxM
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1444-昆虫の撮影 | トップ | 1446-松の木 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む