映像詩

デジタル映像による心の表現
(映像作品制作を通して感じたこと)

1398-忘れ去られたように

2017年03月08日 | 30秒の心象風景
 小谷の公民館前の広場に歴史的な遺物を紹介した案内板が設置されていた。このあたりは室町から戦国時代の山城があったその麓のようで、かつては城下町とでもいうべき人の集まった場所だったに違いない。そこに小さな祠と五輪塔がある。今は周りに何も無いところで、南側の崖下は私有地になっている。南面して設置されているが、南側からは近づけないため、裏手になる道路から空き地に進み、背後から五輪塔に近づくことになる。まるで、忘れられたように存在する五輪塔である。しかし、いまもお参りに来る人があるようだ。供えられていた花の名残がある。

30秒の心象風景10617・室町時代の塔~小谷五輪塔~
https://youtu.be/8TH0JWB8MMU
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1397-石仏のある風景 | トップ | 1399-石仏を守る »
最近の画像もっと見る

あわせて読む