ラン くまごろう ラン

暮らしとこども

木の上に立つ

2017年07月10日 | 長男
ピアノの発表会まで、あとわずか。
発表会を最後にピアノをやめると言っていた息子ですが、続投するそうで。

双子でピアノに行き、2人で帰ってくるそうです。
私はノータッチ。

ピアノに並んで座ると、近いのです。距離感が。お互い息苦しいので、彼の独立宣言が飛び出して…

それで、私は親って漢字は木に立って見るって書くのよ。それくらいでちょうどいいのよね、きっと。と言ったら…

木じゃくて、火だね。ママは。
風林火山っていうか、烈火のごとくというか…
という言葉が返ってきた。

くそー!
誰のおかげで、真田丸の譜読みができたんじゃーい!とお腹をくすぐると、笑いながら、ママのおかげって言ってほしいんでしょ〜 と。

そうですよー!

母は木に戻りますー
が最近のマイブームです。

おやすみなさいまし。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« くせがあって なんぼ からの... | トップ | 週刊 歴史新聞 発表会直前ス... »
最近の画像もっと見る