ラン くまごろう ラン

暮らしとこども

子どものよさをのばす

2017年05月14日 | 育児
ただいま我が家の子ども達
小6×1
小3×2
となっております。

小6は週2の塾とピアノに通い、理系の分野に興味をもち、弟の本棚から歴史マンガを借りて読んだり、塾に行く途中のブックオフでちょいちょい本を見つけて楽しんでいる模様です。
高校受験で頑張るために、力を蓄えておるそうです。
20歳位で熱い気持ちを爆発させる予定だそうですが、もしかしてくさっちゃったりして〜なんて言ってニヤニヤしています。
ぜひ、それだけはやめていただきたいです。
小柄で、偏頭痛もちなので、たんと食べて、沢山寝るのが大事。

小3男児は、真田丸から日本史好きになり、目下真田丸のメインテーマをピアノの発表会で弾くべく毎日1時間練習に励んでいます。ピアノは発表会で辞めるそうです。ピアノは4歳から始めましたが、もしかして、真田丸を弾くために習わせていたのかもしれません。まさかの展開。
あれやこれや日常言ってしまう私ですが、もう彼のよさを引き出すということは、歴史好きをとことん応援するということに尽きそうです。歴史さまさま。

小3妹は、身体の感覚を大事にしている様子。身体を動かすことに目覚めたようで、興味深い。整理整頓好き。書くことが好き。パズルが好き。こだわりやさん。
あんまりあれこれ言われるのを好まないので、自主的に取り組ませるようにしています。はっきり表情に出してくるので、わかりやすい。
色んなことに自主的に取り組んで、できた!→できた!の小さなステップを重ねて、小さく自信をつけています。
あんなに不安そうだった子が…自分の力で色んなことに一生懸命にトライしている。

自分のよさを伸ばしてね。
自分の可能性を信じてね。

その人のよさって、本当いろんなところにちりばめられている!

お母さんは、がんばって目をつむります。
耳は、トレーニング中。
気になること、あれこれあるんですが。
そうしないと、よさをのばすまで、たどりつけない…と痛感しています。

基本、家ではガミガミしてますが…
本当はそんな風に思っているのです。

清正の井戸。

息子と、ラフォーレ裏の美術館に動物の浮世絵観た帰りに明治神宮へ。
もちろん、クレープはしっかり食べていました。
築城の名人と言われた清正さんの井戸。
私は日本史を学ぶのを今にとっておいたんだな。。。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« おうち de わんこそば | トップ | 週刊れきし新聞 島津義弘スペ... »
最近の画像もっと見る