木原秀樹のぶらり旅

木原秀樹が日本全国や世界の気になることをご紹介!
とりあえず面白いと感じたことなどを・・・

木原秀樹が感動する場所 「アントワープ」

2017-06-22 15:37:20 | 日記

最近多くの名作や名画に触れる機会が多々あり、

よりもっと多くの作品を観てみたいと思っている木原秀樹です。

そこで、今現在作品関係で観てみたい、

実際に行ってみたいと思っている場所についてご紹介します。

今回は「アントワープ」です。

その歴史ある美しい街並みをご覧ください。

一生に一度の名画に出会える街!ベルギー「アントワープ」のおすすめ観光スポット

一生に一度の名画に出会える街!ベルギー「アントワープ」のおすすめ観光スポット

ベルギーの大都市である「アントワープ」は、貿易が盛んな街で、ヨーロッパでも三本の指に入るほどの大規模な港があります。「アントワープ」は貿易の街である一方で、芸術家が集うエリアとしても知られています。みなさんよくご存知の、フランダースの犬に登場する画家ルーベンスも、この地に工房を築いていました。それをきっかけにして、中世から画家たちが活躍する場となり、多くの絵画などが残されています。このまとめでは、ベルギー「アントワープ」のおすすめ観光スポットをたっぷりとご紹介していきます。ぜひ旅の参考にされてくださいね!

ベルギー「アントワープ」とは

貿易が盛んな街「アントワープ」

Photo by James Dennes
ベルギー最大の都市である街「アントワープ」。本国ではアントウェルペンと呼ばれており、ダイヤモンド貿易が盛んな街として知られています。貿易を行うのに地理的にも恵まれた「アントワープ」には、ヨーロッパ第2位の規模の港があります。ダイヤモンドに関しては、世界の半分以上の貿易がこの「アントワープ」で行われているんですよ!みなさんが手にするダイヤも、ここで取引されたものかもしれませんね。

観光スポット

「アントワープ」は、貿易の街として知られているだけではなく、たくさんの観光スポットがあります。印刷に関する歴史的建造物や、世界的に有名な画家の工房まで。このまとめでは、ベルギー「アントワープ」のおすすめ観光スポットをたっぷりとご紹介していきます!ぜひ旅の参考にされてくださいね!

ベルギー「アントワープ」のおすすめ観光スポット① アントワープ中央駅Station Antwerpen-Centraal

お城のような駅?

Photo by Eric@focus
Photo by nox-photo
こちらは「アントワープ中央駅」です。その名のとおり駅なのですが、まるでお城かお屋敷の様な雰囲気!元々は木造の駅だったものが、19世紀後半にアール・ヌーヴォー建築に改装されました。毎日使われている駅がこんなに素敵な建物だなんて、羨ましいですよね。まだ駅から出ていないのに、たっぷりと観光した気分になれる素敵な駅です。

ベルギー「アントワープ」へ行こう!

いかがでしたか?今回はベルギーにある「アントワープ」をまとめてみました。ルーベンスの絵や高い印刷技術の博物館など。見どころいっぱいの「アントワープ」。ベルギー旅行の際はぜひベルギーの「アントワープ」を訪れてみてくださいね!

アントワープ自体がすでに芸術と化しているようです。

ここに足を踏み入れることさえ、なんだか恐れ多い感じがします。

しかしその美しさに触れて、

より芸術を身近に感じたいと感じる木原秀樹でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バリ島とはどういうところか... | トップ | 木原秀樹 美しくも恐ろしい... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。