寿のバス釣り日記

自分さえよければそれでよい。
おめでたいのは名前だけ。腹黒い男、寿(ヒサシ)が綴るバス釣りレポート・・・他。

2017年9月9日(土) 水郷

2017年09月13日 03時03分03秒 | 2017釣行レポート

約1ヶ月振りの水郷出撃



5:30与田浦実績某所着。
朝マズメから1時間位経過し、周囲は完全に明るい。疲労から夜起きる事が出来なかった。正に痛恨の極み
そして丹念にカバーを撃つも、当然の如く無反応。

更に、SPS-1~SPS-5の与田浦実績スポットを順番に攻めてみるも、バスからの明確な応答は皆無。うむ、完全にバスを見失った。
さて、どうしよう?前回同様、お助けスポットの長島川や水路を攻めるか?いや、まだ早い。

そう言えば、対岸の奇跡の舞台跡地が少しだけ良く見える。微風だが風が当たっている。無風のこちら側よりはマシだろう。早速移動し、実績と信頼のブレーバーを、オダめがけて遠投してみる。
すると・・・








































こんっ!

34cmRegB確保!@奇跡の舞台跡地

サイズはそんなに大きくないが、沖で掛かったので長いファイトが楽しい
しかし、気を良くして攻め続けるも、その後はバスからの嬉しい応答は皆無。奇跡はそうそう起きない。そんな舞台を後にし、向かうは水路A系神Ⅰ。
子バスでも構わない。ここはイージーにマルチフィッシュを狙いたい。スピニングタックルに持ち換えて、スモラバを投入。
するとやはり・・・








































ぷるんっ!

21cmKPB確保!@水路A系神Ⅰ

取り敢えずのマルチに気を良くし、引続きスモラバで遊ぶも単発で終了
消化不良のまま、長島川へ移動。ここもお助けスポットの一つ。ところが先行者10名程。ただここは子バスの魚影は濃い。早速、デラクーで流してみる。
すると・・・








































ぷ、ぷるんっ!!

10up!@長島川上流

10up!@長島川上流

長島川らしい子バス確保に満足
そしてイージーリトリーブで喰ってくると楽しい。バイトが無くなった長島川を後にし、向かうは再び水路A系。昼食前の時間調整だ。早速、デラクーでイージーリトリーブ。
ところが・・・








































ぽろんっ!

12cm確保!@水路A系神Ⅰ

中々バイトがなく、試しに足元でキルかけたら喰ってきた
・・・極小バスだが、サイズに関係なく嬉しい1本



味噌にぼしラーメン@純輝

昼食は久々純輝
最初に喰った時には今一に感じたが、最近はこの味噌にぼしがお気に入り。ビターな感じが大人のテイスト。次回もガッツリ喰らおう

閑話休題、昼食後は久々に水路A系でも探ってみるか。
何故なら、吐出し&根本共に与田浦方面へ水が流れている。しかも水位は満水。つまり、北利根川の水門を解放しているという事。バスが流入していても不思議ではない
早速、A系定番のドライブクローのテキサスで、怪しいカバーを撃つ。
ところがしかし・・・








































コ、コ、コ、コ、コンっ!!!!!

23cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

25cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

22cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

26cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

22cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

やはり居た
怒涛の5連発に満足し、夕まずめは与田浦に賭ける。先ずはSPS-4から攻める。








































くんっ!

29cmRegB確保!@与田浦SPS-4

居るには居たが、この1本で終了。以前ほどの爆発力は無いようだ。ならば、ラストはかつての爆釣スポット、SPS-1で有終の美を飾ろう。
早速、実績と信頼のブレーバーで、ライトカバーを撫でるように探る。
ところが・・・








































こ、こんっ!!

20cmKPB確保!@与田浦SPS-1

26cmKPB確保!@与田浦SPS-1

2本、しかも小さい
結局、有終の美を飾る事もなく、実家からの帰還要請で止む無く撤退。
17:50、失意のどん底で水郷を後にする



【釣果データ/13尾
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリーンパンプキンペッパー) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 30up×1、20up×2
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリパンチャート) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 20up×1
JACKALL/DERACOUP 1/4oz(ブルーバックタイガー) 10up×3
KEITECH/"MONO"SpinJig 1/20oz(ダークグリーンパンプキン)+GaryYAMAMOTO/2.5"LEGWORM(ダークブラウンブルー/ギル) 20up×1
O.S.P/DoLiveCraw 3"(グリパンレッド/ナチュラルオレンジ) TX(7.0g) 20up×5

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ601MFB REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SanyoNylon/APPLAUD GT-R nanodaX crystal HARD(12lb)
ROD:DAIWA/STZ641LFS-SV REEL:DAIWA/IGNIS 2505 TYPE-R LINE:SUNLINE/FC SNIPER(5lb)
ROD:DAIWA/STZ671HMHFB REEL:DAIWA/STEEZ LTD SV 105XHL LINE:DAIWA/DEF BASS FLUORO(14lb)
『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 炎天下 | トップ | 大往生 »
最近の画像もっと見る

2017釣行レポート」カテゴリの最新記事