寿のバス釣り日記

自分さえよければそれでよい。
おめでたいのは名前だけ。腹黒い男、寿(ヒサシ)が綴るバス釣り&ラーメンレポート・・・他。

2017年8月5日(土) 水郷

2017年08月07日 07時07分07秒 | 2017釣行レポート

8月最初の週末、2週間振りの水郷出撃
しかし時間の経過は早い。もう来週は旧盆(8月盆)。ついこの間、東京盆で靖国行ってきたばかりなのに。これでは年を取るのも早い訳だ



閑話休題、4:00横利根川nn2着。夜明けが遅くなったのか?それとも曇天の影響かも知れないが、周囲は未だ暗い。これなら夜トップ風に遊べるかもしれない。
早速、実績と信頼のバジンクランクで、怪しいストレッチをイージーリトリーブ。
すると・・・








































ぼしゅ!

幸先良く35cm確保!

モーニングフィッシュはスキニーなレギュラーバス
しかし後が続かず、この1ポムで終了。

夜が明けて明るくなってきたので与田浦へ移動。確実に簡単にバスを確保して、先ずはマルチフィッシュを狙いたい。早速SPS-1でライトカバーを攻めてみる。
すると・・・








































ぽろんっ!

28cmKPB確保!@与田浦SPS-1

最近好調なブレーバーにイージーバイト
やはり与田浦、そして光大郎君、期待を裏切らない確実な仕事をしてくれる。今日の与田浦の雰囲気は確認出来た。まずまずの状況だと思う。ならば久々に水路A吐出しを探ってみよう。
最近釣れなくなって足が遠のいていたが、今日のような状況だと何か良い事が起こるかもしれない。
ところが・・・








































どんより・・・

変なハットを被った怪しい中年、そう極悪隊長と遭遇
ヤツと遭遇した事で、何だか今日一日が台無しになったような気分だ。まだ早朝なのに。・・・まあ、取り敢えず釣果でも訊いてみるか。

黒「釣れてるのか?」
悪「対岸で1本です。そんな事より写真撮んないでくださいよ!」
黒「なんでだ?」
悪「今日は釣りしてない事になってるんです。嫁(予定)に色々管理されて大変なんですよ!」
黒「ふ~ん・・・」

なるほど。ならば後でブログにレポと、ついでに写真もアップしとくか。
そんな極悪の野郎と別れて、向かうはSPS-5。最近何となく釣れるようになってきた。早速、スポットの中の一番怪しいピンスポットに、実績と信頼度アップ中のブレーバーを投下。
すると・・・








































ぐんっ!

39cmRegB確保!@与田浦SPS-5

ベストスポットを陣取っていたのは、40cmに僅かに足りないファインバス
やはり良い居場所を確保するのは、それに相応しいクオリティフィッシュのようだ。与田浦は教科書通りに釣れるのが嬉しい。
そうこうしている内に激しい睡魔が襲ってきた。愛車と共に東関道下へ移動し、挙動の怪しいエンジンを切り、暫し夢の中へ・・・










みそつけ麺@純輝

目覚めると昼食時。しっかりと4時間程度寝てしまったようだ。今日は涼しいので、暑さに体力を奪われている訳ではない。それなのにこの調子。
・・・老いが加速度的に進んでいる。人間50年、もうダメだ。

閑話休題、午後はどうしよう?・・・最近のルーティンとなりつつある北浦探索でもやってみるか。
今日は涼しいし、流入河川系はバサーが少ないかも知れない。プレッシャーが低い時に、そのスポットが持つ本来のポテンシャルを確認しておきたい。
ステアリングを北浦上流部へ向け、アクセルはエンジンを気遣いながら優しく踏み込む。ゆるやかに時が流れ、北浦上流部小河川に到着。早速、流れの効いたピンスポットを撃つ。
すると・・・








































ごんっ!


どすんっ!と42cm1220g確保!!

狙い通りのファインバス確保に満足
やはり北浦系バスは、ストロングな個体が多いような気がする。ケムたんとのGW釣行時も二人でファインバスが連発したし、釣れるとデカイのが嬉しい。
この1本に気を良くし、北浦中流部へ移動。似たようなシチュエーションの小河川を探ってみる。そして極めて怪しいカバーを発見、おもむろにブレーバーを挿入。
するとやはり・・・








































グンっ!


ずどんっ!と44cm1320g確保!!

やはり居た
何だか楽しい。今迄の北浦探索の結果が、ようやく出てきた感じ。バスフィッシングはバスの居場所探しが面白い。
・・・そう言えば、八郎潟も10年以上通って、ようやく自分だけのハニースポットを開拓出来たんだよな。それなのに今年は遠征出来そうもない。正に痛恨の極み

そうこうしている内に撤収の刻限が迫って来た。今日も相模原の実家に21:00前に戻らなければならない。逆算すると18:30には撤収したい。
今日はこのまま帰っても満足だが、やはり最後は与田浦実績スポットで有終の美を飾りたい。マシンと共にゆるやかな風となり、程無く与田浦実績スポットに到着。
そして、怪しいカバー周りは、小エビや小魚が活発に水面直下で動き回っている。良い雰囲気だ。早速、実績と信頼度急上昇中のブレーバーで、カバーを撫でるように攻める。
すると・・・








































コ、コ、コ、コ、こんっ!!!!!

30cmRegB確保!@与田浦実績某所

27cmKPB確保!@与田浦実績某所

34cmRegB確保!@与田浦実績某所

26cmKPB確保!@与田浦実績某所

同じバスではない!26cmKPB確保!@与田浦実績某所

怒涛の5連発で幕を閉じる
・・・果たして有終の美は飾れたのだろうか



定刻通り18:30撤収。



【釣果データ/10尾(40up2尾)
O.S.P/Buzzn'CRANK(Ginga) 30up×1
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7"(グリーンパンプキンペッパー) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 40up×2、30up×3、20up×2
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7"(グリパンチャート) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 20up×2

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ601MFB REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SUNLINE/Shooter FC SNIPER(12lb)
『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スタミナ | トップ | ブレーバー »
最近の画像もっと見る

2017釣行レポート」カテゴリの最新記事