熊 子 の 百 葉 箱

~ 生 活 散 策 ~

日が昇るとき

2017-05-19 17:24:14 | カメラ小僧



また朝がきた。

工場地帯の煙と電柱だらけの間から 日がのぼる。

それでも美しいと思う。

日の出というものを 37年見たことがなかったせいか

塵の多い工業地帯の中からの 日の出も 美しいと感じてしまう。 


どうして こんなに赤いのか

どうして こんなに美しいのか

どうして 見入ってしまうのか


太陽のプロミネンスが じりじり発してる

日が昇るとき 私も生きてる実感が じりじりと湧く



ジャンル:
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜(蘭)香煎茶手前 | トップ | 朝食 失態 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (s-shimoe)
2017-05-20 04:30:10
夢を壊すようだが、
プロミネンス,
大気が汚れているときは紅炎となって
朝焼けも、夕陽も、赤く染まるんじゃ!
解っていても、赤く染まると綺麗じゃよな。
Unknown (爺やおはよう🌸)
2017-05-20 08:49:01
そうなのか・・・知らなかった(笑)
勉強になったぞ~(''◇'')ゞ

コメントを投稿

カメラ小僧」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL