熊 子 の 百 葉 箱

~ 生 活 散 策 ~

2018年01月23日 18時33分42秒 | 詩(うた)


いやいや何処撮りよん

いやいや真剣ですって

見たらあきませんって

撮ってはあかんやろう

これは生理現象なんで

私のテリトリーなんで

気づいてないと思うん

カメラで撮ってるやろ

とっくに気づいてるわ

人間もするでしょうに

自分ら撮られてみてん

すっごい不快やからさ

それ以上撮らんといて

駄目やて見たらあかん

最後まで撮る気やんか

ったくアンタ人間やろ

恥っちもの知っとるけ

犬も恥もっとるんやで



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月でも眺めておこう

2018年01月22日 19時21分07秒 | つぶやく おもう はく



自由に好きな事やってる人生でいいねと

どんな育ちしてきたんだかと言うけれど

苦しい言葉だね・・・記憶はさかのぼり

逆に君が居なければ出来てない事ばかり

自由と奔放を間違えたこともあるけれど

中途半端で終わるかもと考えると怖いよ

たぶん育ちは自由にされてないと思うよ

何方かと言うと閉塞感のある家だったと

私に体があるならば君に迷惑かける処か

見知ってる程度の人で済んだだろうかね

なにが正解で不正解かわからないけれど

君の自由を奪ったならもう謝りきれない

私も自由を半分奪われた様なものだもの

ひとりの夜は君が言ったことを思い出す

真っ暗夜に薄月が綺麗でうっとりしても

誰かと共有できるなんて思ってないさね

誰かといると私は相手を括りつけるよう

ひとりの夜は子供と一緒に静寂で自由だ

真っ暗夜に薄月が綺麗でうっとりやわ~

君の言った事フラッシュバックするから

早く忘れて今夜はゆっくり眠ろうかいな

そう言いつつ君の言葉けっこう重いんだ

眠れそうにないから月でも眺めておこう


















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猫のなんだろう・・・

2018年01月22日 14時03分45秒 | 手芸



7,8年は履いたレギンス。私には高かったが結構もちもよく、でも股付近2箇所破損。

しかもお尻はだいぶ薄くなり繕っても無理なので外へ履いていくと股が寒いし再利用に回します。

猫の描き方が下手なのでいつもまん丸になりますが、型紙を作り縫って綿いれてピンつけて出来上がり。

目は刺繍糸がなかったのでクルクルなる瞳つけて終了。。。




家の森に住まわせてみました。トトロに見えてきた。どうだろう・・・(笑)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

白椿

2018年01月21日 14時24分08秒 | 詩(うた)



閉ざされた丸い蕾が

緩く静かに開きだし

黄色の未だ外知らぬ

湿る花粉よれている

白く無垢な椿の羽が

今年は遅く咲き始め

1年ぶり!と嬉しく

私は目を細め呟いた

暫し愛でる幸せ時間
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アンティーク首飾り

2018年01月20日 10時25分47秒 | 詩(うた)



私は色白で頑丈な女

アンティークな首飾りが好き

ずっしり重いロープがね

ショールのように巻きつけて

細めのチョーカーを首元に

この洒落がとても似合うの

勿論海をこよなく愛してるわ

船上の晴れの日は最高ね

新品の首飾りがたまに届くわ

色白にはしっくりこないのよ

雨や風、日焼けに手垢のさ

日々働いた汗色アンティーク

それが私の好みなのね

舫杭と私をロープで繋ぐとき

つくづく思うのよ

私なんて頑丈な女かしらと

キャリアウーマンだしね

だから1つだけ不満を洩らし良いかしら

よく見て首元が化粧剥がれしてるのよ

真っ白にお直ししてくれない?

いつまでも色白でありたいわ

私は色白で頑丈な女

アンティークな首飾りが好き

ずっしり重いロープのね

ショールのように巻きつけて

引き立つには見栄えが大事なのよ







コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加