ひもかわ日記

原田製麺に嫁いでまいりました私(たまに旦那様)がご紹介する日々の出来事です。

ウマイもん合戦in桐生

2012-08-30 | お知らせ
9月1日(土)・2日(日) 10:00~15:00、

ぐんまvsとちぎ ウマイもん合戦 in桐生 ~グルメ・特産品大集合~

が 桐生市新川公園(桐生市稲荷町)にて開催されます

2日(日)のみですが、原田製麺も

「板倉きゅうりの冷や汁うどん」で出店させて頂くことになりました

他県の方からみると群馬も栃木も一緒

というイメージが強いみたいですが

それぞれの地域のグルメや特産品が大集結しますので

新しい発見があるかもしれませんよ

その他、開催場所、他の出店店舗など、詳細は桐生市HPにてご覧ください

お待ちしていまーす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷川岳へ~2日目~

2012-08-27 | 旅行
2日目はまず朝食にお楽しみが…

朝食はお食事処でバイキング形式

ここまでは普通ですが…



さらに焼きたての食パンがそのままどーーんとでてきました

3斤分もあります


たーきに「食べていいよ」といったらそのままかぶりつきました

手でちぎらずに食べる所に本能を感じます

大人は一応手でちぎって食べましたが(本当はかぶりつきたい

まだ温かくてやわらかくてもちもちしていて至福の時でした

もちろん食べきれないので残りはお土産となりました

子供がいるとバイキング形式のお食事は忙しくて食べた気がしないのですが

この食パンのおかげで、楽しく朝食をとることができました

他にもいろいろな種類の器が用意されていて、

どの器に乗せて食べるのか選べる楽しみがありました

が、しかし旦那様は全く気付かなかったらしく「あれ?そうだった?」と…

子供たちの分も用意したりと、なかなかゆっくり選ぶ余裕はなかったと思いますが

気付かないとはねぇ…

浴衣同様、選べる楽しさには余り興味がないのでしょうかね?



チェックアウト後、天気がとてもよかったので

今日なら谷川岳の景色も素晴らしいだろうに…と思いましたが

旅館の近くの川で遊ぶ事にしました



今回はゆっちゃん泣かずに入れました

たーきは浮き輪を持ってこなかった事を嘆いていましたが

一度川に入ってしまえば大はしゃぎ


しまいにはなぜか川を渡って対岸の石の塀にものすごい勢いで登り始める

一体何がそうさせたのかは不明


ものすごく満足そうでした


その後たーきが魚釣りがしたいというので

岩魚釣りができる「鈴森の湯」という所へ行きました

温泉、食事、BBQ、岩魚釣りが楽しめる所です

お父さん VS たーき&お母さん で釣り始めました


岩魚が目の前にたくさんいるのにちっとも釣れないんですよね

岩魚は警戒心が強いらしく、人の姿が見えると餌を食べないんだとか

ニジマス釣りと違って、餌を入れれば釣れるわけじゃないのね


たーきもちょっと物足りなそう

周りの人もバンバン釣ってる人はいないですしねぇ…

そんな中お父さんはいつのまにか1匹釣ってるしー

負けじとたーきも頑張り、奇跡的に1匹釣れました

やったね


自分達が釣ったのと合わせて計4匹焼いてくれました

昨日寝てしまって岩魚を食べそこなったたーきもここで食べられてよかったね


2匹も食べましたよ

釣りに夢中になってしまって結構ここで時間が過ぎ

あっという間に帰る時間になってしまいました

楽しい事はあっという間ですねぇ~


次回は天気のいい時に谷川岳へ訪れたいです










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷川岳へ~1日目~

2012-08-21 | 旅行
今年のお盆は谷川岳へ行ってきました

谷川岳はよくTVの山岳救助隊の特集で出てきますよね

日本三大岩場の一つで、非常に険しい岩壁と地形で遭難者が群を抜いて多い所、

遭難者数でギネスにも認定されているそうです

もちろんそんな所までは行けませんが、

いつか行ってみたいな~と思っていたところです



当日はあいにくの曇り空、いつ雨が降ってもおかしくないくらい

土合駅の駐車場から谷川岳・一の倉に向けて出発しました

この土合駅、日本一のモグラ駅と言われているそうで

下り列車のホームは10分くらい階段を下りないとたどり着けないとか


登山道は初心者でも歩きやすい所でした

雨が降った後らしく、地面はぬかるんでいたり

ちょっと岩がごつごつした斜面もありましたが

たーきでもぐいぐい登って行ける位

最初はお父さんに手を引いてもらいながら登っていましたが

そのうち自分ひとりで登れるようになってました


たくましくなりました~

ゆっちゃんも寝ずにきょろきょろしながら大人しく背負われていました


そのうちなぜか車道にでてしまい、一気に現実世界に引き戻される

後で友人に聞いた様子だと、どうやら道を間違えたようですね

今の期間は車両規制が行われているので、車道を歩いて登ってくる人が多く

ベビーカーを押した方とか、ペット連れの方とかがいました

我々の重装備は一体何なんだ…と言いたくなりますが

そのまま車道を歩いて行くと…見えてきました



一度は来て見たかった一の倉~

約2時間半歩いて到着

天気が良くないので半分位しか見えませんでしたけど

まだ雪渓が残るこの景色に感動しました

たくさんの命を犠牲にしてきたこの山は神々しくもあります

今度は天気のいい時に、谷川岳山頂を目指して来たいです



そしてお昼

旦那様は荷物が重くなってもいいからとバーナーを2ケ持参

カレーとラーメンを食べるためです…おいしく食べたいという執念ですね

袋ラーメンは我が家のアウトドアランチでは定番ですが、

カレーはレトルトカレーを頂いたので初の試み

朝ご飯を詰めるだけでいいので楽でした

外で食べれば何でもおいしいですね

たくさん歩いた後はなおさら



帰り道には猿の群れに遭遇しました

集団でいるとちょっと怖いですね

お互い牽制しあいながら何事もなく通り過ぎる事ができました


ロープウェイ乗り場にたどり着いたので乗ってみる事に

こんな天気だから何も見えないのは分かっていたのですが…

そして案の定真っ白な景色


さらにリフトで上を目指す


やっぱり真っ白~

いいんです、これもまた思い出です

ここからの景色も最高にいいらしいのでまたの楽しみに


ちょうど旅館に着いた時には土砂降りの雨

山歩きしている時に降られなくてよかったです

今回宿泊するのはみなかみ町のゆびそ温泉「なかや旅館」

赤ちゃん連れによさそうな感じだったのでこちらに決めました

着いてすぐにお茶を出して頂いたのですが

自己紹介していないのに

「たーきくん、ゆっちゃん」と子供たちの名前を呼んでくれました

事前に調べて呼んでくれたようです、すごい


浴衣も色々な柄や色があって好きなものを選べるという事でした

私は楽しくって「どれにしよ~」とテンションあがってましたが

旦那様はどれでもいいよみたいな感じで即決してました

たーきだって「どれがいいかなぁ」と悩んでいたというのに


夕飯の前に貸切露天風呂へ入りました

ここの露天風呂は赤ちゃん専用お風呂があるということだったので楽しみにしていました


ゆっちゃん温泉デビューです

一人で湯船につかって気持ちよさそうです

抱っこしっぱなしでお風呂に入らなくてもいいので大人もゆっくりできますよね


なぜかたーきも入ってくる

2人入っても大丈夫な位の広さです

お風呂の頃には雨も上がって気持ちがよかったです

お風呂も湯温調整していないとのことでしたが

熱すぎずぬるすぎず調度いい加減でした

(赤ちゃん風呂はちょっとぬるめになってるみたいです)


私達の部屋の隣がキッズルームになっており、

たーきは暇さえあればすぐに隣にいって遊んでいましたから

飽きなくて良かったみたいです

お待ちかねの夕飯も、食べ始めた途端、舟漕ぎを初めて

だんだん目があかなくなって口だけモグモグ…

大好物のメロンを寝ながらかぶりついて終了~おやすみぃ

夕飯は部屋出しだったので助かりました

子供が小さいうちは部屋食がいいですね

ゆっちゃんも寝てしまっていたので、おかげでゆっくり食事をとる事ができました

食事は和洋中がコラボしたオリジナル料理、って感じでした

丁寧に作られてる感じでどれもおいしかったです

特に岩魚はおいしかった

たーき、これ大好きなんだけどなぁ…食べさせてあげたかった

旦那様は「これはいい岩魚だね」と言いながら食べていました

頂いた岩魚の尻尾はピンと角があり、尻尾が丸まってないのは元気に泳いでいた証拠だそうです


おなかも心も満たされて、、、明日は何をしようかな~


































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お好み王国の冷や汁うどん

2012-08-10 | おすすめ
以前ご紹介しました足利にあるお好み王国さん

その名の通り、お好み焼きをメインとした鉄板焼きやさんです

そのお好み王国さんで今年の夏は「冷や汁うどん」を出しています


こんなメニューが張り出されていました

ありがとうございます

このメニューをみてお分かり頂けるように

純粋な板倉原田製麺系の「冷や汁うどん」です

(冷や汁うどんもいろいろありますからね~)



試しに注文してみました

ガラスの器と大きな丸いダシ氷がとっても涼しげ

飲んだ後に注文する方も多いそうですが、

さっぱり食べられて締めにいいですね

原田製麺の麺をおいしく提供して頂いて、とっても嬉しい限りです

もちろん他の鉄板焼きメニューもおいしいですよ

是非行ってみて下さいね



さてさて、私事ですが、お好み王国さんに訪れた日が

たまたま私の誕生日でして…

注文を済ませたら突然背後から「お誕生日おめでとうございます」

と、大きな花束が~

まさかのプレゼントにびっくり

どうやら旦那様が花屋さんにお好み王国さんへ配達を頼んだようでした

前回の台所に花束から大分進歩したなぁ…

と、感心していたら今度は前方から(私達はカウンター席に座っています)



じゃ~ん

お好み焼きケーキ

はじめて見た

巨大なお好み焼きにマヨネーズで

「HAPPY バースディ」って書いてあるっっ

うわぁーー本当にすごいっっ

旦那様、やるじゃん

まったく予想&期待していなかったのでかなり嬉しかったです

そしてお好みマスター、

我が家のイベントに付き合って頂いてありがとうございました

愉快なイケメンマスターなのでこんなイベントも喜んで対応してくれると思います

どうぞご相談下さい


たーきは誕生日当日、

朝食中に急に「あ、わすれてた」といいながら立ちあがって

「おたんじょうび、おめでと」と言ってくれました

前日寝る前に「あした、いちばんにおめでとうっていうね」と言っていたのを思い出したようです

朝は慌ただしくて誕生日の事はすっかり忘れていたのでとっても嬉しかったです

以前、お店でたーきとトトロの蚊取り線香立てを見かけて、

「かわいいね~」とみていたら

「たんじょうびにかってあげるからね」と言われました

たーきはお金がないからお父さんと買いに行くつもりらしく

「おかあさんがいないときにおとうさんにおはなしするからまっててね」

だそうです…

内緒にしたいけれど、内緒になってない所が笑えます

今年も思い出に残る誕生日になりました









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅干し

2012-08-08 | 日記
梅干しを漬け始めて早4年…

今年も無事に干し終えました

梅干しの季節になるとなんとなく落ち着かない毎日です

塩漬けした梅を3日間天日干しをするので天気も気になります

梅を干す時期って、

梅雨が明けたのか明けないのか微妙な時だったり

台風が発生して急に天気が変わったり

天気を読むのが難しいのです

それに加え今年は塩漬けした梅にカビが発生

白い芋虫みたいなものがびっしり…

今までにない事だったのでかなりびっくりしました

幸い発見が早かったので大事には至りませんでしたが

毎年毎年同じようにはいかないものです



たーきが天日に干した梅をひっくり返すのを手伝ってくれました

去年やったのを覚えていたようで「ひっくりかえすんだよね?」と言ってました

梅をたくさん頂いた時には梅シロップも作ります

夏場のジュースに最適です 簡単でおいしいですよ


以前ある方に自家製の8年物の梅干しを頂きまして、

それがすっぱいけれど、まろやかな甘みもあっておいしかったのです

うちも梅干しをねかせておこう!と思いつつ食べてしまっていますが…

ちなみに今食べているのは2年前に漬けた梅干しです

梅干しって古ければ古いほどパワーがあるっていいますよね

本当によく考えられた食べ物だなぁと思います

特に暑い時期や妊娠中には本当に助けられました

暑い時期って暑さで気力がなくなってしまうのと同時に

冷房や冷たいものの取り過ぎで冷え過ぎてしまったりと

体のバランスを取るのに気を使います

そんな時、マクロビオティックでおなじみ、梅醤番茶で乗り切ります

寒い時期も風邪をひきそうだなぁという時は

早めにこれを飲めば、ひどくならずに済んだりします

体を温めてくれるので免疫力がUPするのでしょうか


梅醤番茶の作り方
①コップに梅干し1ヶ(天日で干したもの)を入れ箸などでほぐす
②しょうがを皮ごとおろしたもの少々、醤油も少々加え、一緒によく練る
③熱い三年番茶を注ぐ 熱いうちに飲んで下さい
※②はおいしいと思う量でいいと思います
 私の場合、しょうがは体調に合わせて入れたり入れなかったりします

梅シロップの作り方
①清潔にした広口ビンに、同量の青梅&砂糖を入れる
②1日に1回位ビンを振って、梅と砂糖を混ぜ合わせる
③砂糖がシロップ状になったらできあがり(だいたい1ヶ月位で出来上がります)
※①の青梅と砂糖の割合はお好みで
 私の場合、黒砂糖で作るので、控えめにしています
 ただ控えすぎるとすっぱさが強くて飲みづらいなってしまうのでほどほどに…
水で割ってジュースにしたり、ゼリーにしたり、さっぱりさわやかな味わいです


以上、私の大体レシピなので、きちんと知りたい方は調べて見て下さいね

お試しください~
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加