ひもかわ日記

原田製麺に嫁いでまいりました私(たまに旦那様)がご紹介する日々の出来事です。

真壁のひなまつり・2

2010-02-28 | 日記
真壁町では2月4日~3月3日まで

200件近くのお宅や商店でお雛様を飾って迎えてくれます。


いくつかご紹介します


雛あられやトンボ玉を販売している商店のおひなさまです。
いくつかの雛飾りと着物がディスプレイされていて綺麗でした。


魚屋さんです。
ガラス越しにのぞく事もできます。


ねずみの嫁入り。
雛人形とはちょっと違いますが、女の人が嫁入りから一生着る衣服を
ねずみが着ています。最後は喪服に身を包んでいました。


つるし雛。
華やかでひとつひとつがかわいらしいです。
上のねずみの嫁入りと同じ所に展示されていたのですが
おばあさん達が全部手作りでひな祭りにこだわらず作りたいものを作ったそうです。
よくみるとこいのぼりや兜などの男の子バージョンもあったり・・・
製作の一番の目的はボケ防止のため、だそうです。


うさぎのおひなさま。
華やかです。本格的なディスプレイに感心。


本屋さんにて。
商品と共に本棚に飾るのは本屋さんならではですね。


もはやひな壇に座ってられない、って感じですね。
会話が聞こえてきそうです。


くるみの殻に入っているお雛様です。
ミニサイズでかわいらしいです。


どこのお店のお雛様か分かりますか?
そうです~お花屋さんのお雛様です。


ほんの一部のお雛様でしたがいかがでしたか?

ひな壇に飾られているだけでなく、

それぞれが工夫されていてとても素晴らしかったです

町の人達のおもてなしにも感謝です

最終日3月3日が一番盛り上がるそうで、

当日はNHKが生放送で入るそうですよ

(お昼のふるさと一番という番組だそうです)

興味のある方は是非足を運んでもらい、行けない方はテレビで味わいましょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真壁のひなまつり

2010-02-25 | 日記
茨城県桜川市真壁町へ出かけました

この真壁町は"蔵の町"と呼ばれ、

古くからの建物が多く残されている町です。

それらの建物は重要文化財にも指定されています。



立派な門構えの建物や蔵が町の雰囲気をつくっています。



商店もこの通りです。



村井醸造さん。
広い敷地に立派な建物。
お酒の甘い香りが漂っていました酔っ払いそう・・・
試飲もできます

先日この町で「ちい散歩」という番組の撮影があったそうです
ちいたけおさんがこの村井醸造さんの蔵を気に入ったらしく
スケッチされていったという話を聞きました


なぜこの小さな町がこんなに注目されるかというと

「真壁のひなまつり」というイベントが開催されているからです

町中がひとつになってたくさんのお雛様を飾って訪れる人を楽しませてくれます。

私たちも平日に行ったにも関わらずたくさんの人でにぎわっていました。

土日ともなると、歩くと人の肩にぶつかってしまうほどの混雑だそうです。


先日、東洋大学板倉キャンパスで地域活性化の研究報告会がありました。

その報告会の中で、この真壁町の商工会長さんの講演があり、

非常に興味を持ち、早速訪れてみたわけです。

日本全国、過疎化が深刻な地域も少なくありません。

私達の住む板倉町も決して他人事ではなく、地域を活性化させる事は

非常に重要な課題となっています。

いろいろな試みはしていますが、思うような成果があげられていないのが現状です。

この真壁町のひな祭りは行政からの発信ではなく

町の人達が立ち上がって成功させたものだそうです。

お雛様も自分達の家や店で並べればいいし、

必要経費は駐車場代から賄われるので、

行政からの出資がなくても町民単位で開催できるお祭りとなるわけです。

こんなにうまくいくものかと感心しました。

まさに地域活性化のお手本となるような町でした


次回は真壁のひなまつりの様子をご紹介します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穀菜食料理教室・2

2010-02-23 | 日記
たけのこご飯
かき菜の辛し醤油和え
ふきの信田煮
切り干し大根と高野豆腐の炒め煮
かぶの味噌汁


冬の間は体を温める根菜類(陽性)を食べます。

春になると芽のもの(陰性)を食べますが、

それは冬の間ため込んだ陽性を中和してくれるからだそうです。

昔の人はマクロビなんて知らなくても自然に行っていたわけですから感心します。

もっとも自然の理に沿って行動していれば当たり前なのかもしれませんが。


今回は春の基本食、渋い感じのメニューですが、とってもおいしかったです

マクロビは一物全体主義なので、

野菜も皮をむかないのが基本で、丸ごと頂きます。

皮を食べると皮膚が強くなるそうです。

講師の先生も昔は手あれがひどかったそうですが、今はツルツルです

去年あたりからうちも実践していたのですが、


言われてみれば・・・


私も冬になると両親指があかぎれになってしまい、

常にバンドエイドをつけてなければいられないような状態でした

が、今年の冬はほとんどバンドエイドなしでいられる状態です

多少はあかぎれしますが、薬を塗って一晩寝れば回復している程度で済んでるので

今年はバンドエイド買ってないなぁ・・・と気付きました

皮ごと食べてるおかげかしら・・・?


皮ごと食べるとなると、農薬や化学肥料を使って無いものへ・・・

と食べ物に対しても意識が強くなってきます。

なかなか手軽には手に入らないのが現状ですが、

たくさんの人が求めるようになり、

作る農家も増え、販売場所も増え、価格も手頃になっていけばなぁと思います。


皆さんも丸ごと食べてみませんか?

皮はもちろん、捨ててしまっている根っこの部分、芽の部分はありませんか?

一番生命力が溢れている所なんですって



暖かい日もあり、もうすぐ春ですね・・・





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩く

2010-02-09 | 日記
たーきがよちよち歩き始めました

1歳1ヶ月です

数日前突然頻繁に手を離して立つようになり、ついには歩き出しました

何もつかまらず歩ける事が嬉しいようで

よちよち歩きながら満面の笑みをたたえて向かってきます

そして腕の中へ飛び込んでくるのでなんともかわいらしいです

今まで壁やいすをつたって歩き、行きたい所へ遠回りしていましたが、

あっという間にたどり着けるようになりました

急ぐ時や気分が乗らない時はハイハイに戻りますが

成長ぶりに目を見張るばかりです


がんばれ~がんばれ~

天気がよかったので近所の雷電神社へ散歩に行きました

もう見頃は過ぎてしまった感じですが蝋梅がきれいでした



昨年たーきが生まれる前、雷電神社をウォーキングしていた時

カメラをもったご老人に声をかけられました。

「新聞に雷電神社の蝋梅が載っていたのですが、どこにあるのでしょう?」と。

新聞に載るほどの蝋梅が雷電神社にあったのか思いつかず

とりあえず本殿に案内しました。

確かに蝋梅は咲いていたのですが、ご老人の想像とは違ったようで

少々がっかりされていました

そんな事も懐かしく思い出しました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010-02-04 | 日記
久しぶりに関東に雪が積もりました

夜のうちに降って朝にはほとんどとけていましたが、

たーきに雪に触れさせてみようと外に連れ出しました


天気がよく、空気がとても澄んでいて気持ちがよかったです


たーきは雪を見て何か反応するかな??

あら? 一点を凝視したままピタリと動かず・・・

特に反応がないので雪の地に下ろしてみる

が、立とうとしない

どうやらいつもと違う風景に驚いている、というより怯えているようでした

そんなわけで、立たせて記念写真を撮ろうにも

私の手を離さずしがみついていたので

こんな写真になりました↓


なんだか迷惑そうですね


いつか雪にはしゃぐようになるのでしょうかね~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加