大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

和歌山線 西笠田駅!

2016年07月31日 | 

和歌山県伊都郡かつらぎ町にあるJR西日本の西笠田駅は、関西本線の王寺駅と和歌山駅とを結んでいる全線単線の和歌山線(87,5km)の旅客駅として、1952(昭和27)年10月1日に開業しました。

単式ホーム1面1線のみを有する無人駅で、駅舎はありません。

2014(平成26)年度の1日の平均乗車人員は53人です。

西笠田駅が属する和歌山線は現在、関西本線と接続する王寺駅から高田駅までの間はIC乗車カード「ICOCA」の近畿圏エリアに含まれており、大阪方面からの直通列車が多く運転されていますが、高田駅~和歌山駅間は線内のみのローカル輸送に徹する形となっています。
また、和歌山線はかつて、東京駅に直通する急行「大和」の寝台車(和歌山線内では普通列車に連結して運転)や、紀勢本線の白浜方面に直通する急行「しらはま」、その後身の急行「紀ノ川」といった優等列車が運転されていましたが、いずれも国鉄分割民営化までに廃止されてしまい、現在は普通列車・快速列車のみ運転されています。

  <西笠田駅の年表>

 ・1952(昭和27)年10月1日:国鉄和歌山線の旅客駅として開業
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる

 
(駅 名 標)

 
(和歌山方面を望む)

 
(橋本方面を望む)

 
(西笠田駅)

 
(駅入口に設置された簡易型の券売機)

 
(ホームに設置されている待合所)


 撮影年月日:2016(平成28)年4月9日


この記事をはてなブックマークに追加

福知山線 篠山口駅!

2016年07月30日 | 

兵庫県篠山市にあるJR西日本の篠山口駅は、尼崎駅と山陰本線の福知山駅とを結んでいる福知山線(106,5km)の駅です。
もともとは阪鶴鉄道の一般駅である篠山駅として、1899(明治32)年3月25日に開業しました。

単式ホームと島式ホームの2面3線を有する直営駅です。
かつてあった木造駅舎は、1997(平成9)年2月に橋上駅舎に建て替えられ、国道176号線に面する西口も新たに設けられました。

2014(平成26)年度の1日の平均乗車人員は3,633人です。

この篠山口駅は篠山市の代表駅で、特急「こうのとり」の全列車が停車します。
また、かつてこの駅から福住駅まで篠山線(17,6km)が運行されていましたが、1972(昭和47)年3月1日に廃止されました。

  <篠山口駅の年表>

 ・1899(明治32)年3月25日:阪鶴鉄道の一般駅である篠山駅として開業
 ・1907(明治40)年8発1日:鉄道国有法により阪鶴鉄道が国有化され、国鉄の駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により阪鶴線となり、同線の駅となる
 ・1912(明治45)年3月1日:阪鶴線の福知山以南が福知山線に改称されたのに伴い、同線の駅となる
 ・1944(昭和19)年3月1日:駅名が篠山口駅に改称される
 ・1944(昭和19)年3月21日:篠山線が開業
 ・1972(昭和47)年3月1日:篠山線が廃止される
 ・1982(昭和57)年10月3日:貨物取扱い廃止
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・1997(平成9)年2月8日:橋上駅舎完成

  
(左はJR西日本の駅名標:右は国鉄時代の駅名標)

 

 
(篠山口駅駅舎・東口)

 
(駅 舎 内)

 
(篠山口駅・西口)


 撮影年月日:国鉄時代の駅名標のみ1991(平成3)年3月25日、それ以外は2015(平成27)年8月16日


この記事をはてなブックマークに追加

伊勢鉄道 河原田駅!

2016年07月29日 | 

三重県四日市市にある河原田駅は、伊勢鉄道伊勢線の起点駅です。 もともとは国鉄伊勢線の駅として、1973(昭和48)年9月1日に開業しました。

築堤上に島式ホーム1面2線を有する無人駅です。
2003(平成15)年3月に建て替えられたJR河原田駅の簡易駅舎を共同使用しています。

2014(平成26)年度の1日の平均乗車人員は1,863人で、これは伊勢鉄道の全10駅中2位ですが、この乗車人員には特急「南紀」・快速「みえ」など、JR東海と伊勢鉄道を直通する列車で通過するだけの乗客の数も含む(会社が異なるため形式上、境界駅で乗降したとみなされる)ため、当駅の実際の利用客はこの数字より少ないです。

  <伊勢鉄道河原田駅の年表>

 ・1973(昭和48)年9月1日:国鉄伊勢線の駅として開業
 ・1987(昭和62)年3月27日:伊勢線が第三セクターの伊勢鉄道に転換したことにより、同鉄道の駅となる

 
(駅 名 標)

 
(鈴鹿方面を望む)

 
(築堤上にあるホームへの連絡通路)

 


 撮影年月日:2016(平成28)年3月20日


この記事をはてなブックマークに追加

桜井線 長柄駅!

2016年07月28日 | 

奈良県天理市兵庫町にあるJR西日本の長柄駅は、関西本線の奈良駅と和歌山線の高田駅とを結んでいる全線単線の桜井線(29,4km)の駅として、1914(大正3)年8月20日に開業しました。

単式ホーム1面1線のみを有する無人駅です。
2008(平成20)年6月に駅前広場が整備されました。

2012(平成24)年度の1日の平均乗車人員は578人です。

  <長柄駅の年表>

 ・1914(大正3)年8月20日:国鉄桜井線の駅として開業
 ・1970(昭和45)年10月1日:桜井線の営業合理化により駅の無人化
 ・1980(昭和55)年3月1日:桜井線の近代化により駅の有人化
 ・1984(昭和59)年10月20日:桜井線のCTC化に伴い、駅の無人化
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる

 
(駅 名 標)

 
(高田方面を望む)

 
(奈良方面を望む)

 

 
(長 柄 駅)


 撮影年月日:2016(平成28)年4月9日


この記事をはてなブックマークに追加

山陰本線 石見福光駅(旧駅舎)!

2016年07月27日 | 

島根県大田市温泉津町にあるJR西日本の石見福光駅は、京都駅から山陰地方日本海沿岸の各都市を経由して下関市の幡生駅に至る全長673,8kmの山陰本線の一般駅として、1928(昭和3)年10月25日に開業しました。

かつては相対式ホーム2面2線を有していて列車交換も可能でしたが、後に駅舎と反対側のホームの線路が撤去されたので、現在は単式ホーム1面1線の無人駅です。
開業時に建てられた木造駅舎は、2004(平成16)年に新しい駅舎に建て替えられました。

2013(平成25)年度の1日の平均乗車人員は47人です。

  <石見福光駅の年表>

 ・1928(昭和3)年10月25日:国鉄山陰本線の開業
 ・1973(昭和48)年56月15日:貨物取扱い廃止
 ・1985(昭和60)年3月14日:駅の無人化
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる

 
(国鉄時代の駅名標)

 
(旧駅舎・ホーム側)

 
(石見福光駅旧駅舎)


 撮影年月日:1992(平成4)年4月30日


この記事をはてなブックマークに追加