大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

加古川線 久下村駅!

2016年06月30日 | 

兵庫県丹波市山南町にあるJR西日本の久下村駅は、山陽本線の加古川駅と福知山線の谷川駅とを結んでいる全線単線の加古川線(34.6km)の駅です。
もともとは播丹鉄道の一般駅として1924(大正13)年12月27日に開業し、その後、国鉄加古川線の駅となりました。

かつては相対式ホーム2面2線を有していて列車交換も可能でしたが、現在は単式ホーム1面1線のみの無人駅です。
開業時に建てられた木造駅舎が今も健在です。

この久下村駅は旧山南町の代表駅で、昭和30年代までは近隣のパルプ工場の原料搬入や製品の積み出しで賑わっていましたが、貨物取扱い廃止後に利用客が減少し、2012(平成24)年度の1日の平均乗車人員は5人です。

  <久下村駅の年表>

 ・1924(大正13)年12月27日:播丹鉄道の一般駅として開業
 ・1943(昭和18)年6月1日:播丹鉄道が国有化されて国鉄加古川線となり、同線の駅となる
 ・1973(昭和48)年10月1日:貨物取扱い廃止
 ・1986(昭和61)年11月1日:駅の無人化
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・1990(平成2)年6月1日:加古川鉄道部の発足により、その管轄となる
 ・2009(平成21)年7月1日:加古川鉄道部廃止に伴って神戸支社直轄へ変更され、加古川駅の被管理駅となる
 ・2013(平成25)年8月1日:駅構内終日全面禁煙化

 
(左はJR西日本の駅名標:右は国鉄時代の駅名標)

 
(谷川方面を望む)

 
(加古川方面を望む)

 
(駅舎・ホーム側)

 
(久下村駅駅舎)

 
(駅 舎 内)


 撮影年月日:国鉄時代の駅名標のみ1990(平成2)年3月26日、その他は2015(平成27)年12月29日


この記事をはてなブックマークに追加

和歌山線 北宇智駅!

2016年06月29日 | 

奈良県五条市にあるJR西日本の北宇智駅は、関西本線の王寺駅と和歌山駅とを結んでいる全線単線の和歌山線(87.5km)の駅です。
もともとは南和鉄道の一般駅として1896(明治29)年10月25日に開業しましたが、その後、関西鉄道を経て国鉄和歌山線の駅となりました。

北宇智駅は、2007(平成19)年3月18日までは関西2府4県では唯一のスイッチバック構造となっていて、その当時は相対式ホーム2面2線を有していて列車交換可能駅でした。
しかし、スイッチバックの解消に伴って新しいホームが建設されて単式ホーム1面1線のみとなり、駅舎もログハウス風の小さな駅舎に建て替えられました。

2012(平成24)年度の1日の平均乗車人員は191人です。

ちなみに、旧駅舎やホームは柵で囲われ閉鎖されているため立ち入ることはできませんが、撤去されずに残っています。

  <北宇智駅の年表>

 ・1896(明治29)年10月25日:南和鉄道の一般駅として開業
 ・1904(明治37)年12月9日:南和鉄道が関西鉄道に譲渡され、同鉄道の駅となる
 ・1907(明治40)年10月1日:鉄道国有法により関西鉄道が国有化され、国鉄の駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により国鉄和歌山線となり、同線の駅となる
 ・1984(昭和59)年10月20日:駅の無人化
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・2007(平成19)年3月18日:スイッチバックが解消される

 
(駅 名 標)

 
(王寺方面を望む)

 
(和歌山方面を望む)

 

 
(左は旧駅舎:右は現在の駅舎)

 
(左は旧駅舎内:右は現在の駅舎内)


 撮影年月日:旧駅舎は2000(平成12)年9月3日、現駅舎は2016(平成28)年4月10日


この記事をはてなブックマークに追加

神戸電鉄粟生線 市場駅!

2016年06月28日 | 

兵庫県小野市池尻町にある市場駅は、鈴蘭台駅から粟生駅までを結んでいる神戸電鉄粟生線(29.2km)の電鉄市場駅として、1951(昭和26)年12月28日に開業しました。

4両分の有効長をもつ単式ホーム1面1線のみの無人駅で、かつて貨物線があった場所に保線基地と車両搬入所があります。
ホームの粟生寄りにプレハブの駅舎があります。

2013(平成25)年度の1日の平均乗車人員は115人です。

市場駅が属する神戸電鉄粟生線は、鈴蘭台駅~木津駅間の急峻な50‰の勾配を越え、神戸市西区から三木市を中心に広がる住宅地と神戸市の中心部を結ぶ通勤・通学路線で、1990年代初頭までは輸送人員が伸びていましたが、1990年代後半から路線バスとの競合などが影響して輸送人員は激減し、2000年代に入るとついに路線の存続が困難な状態に陥りました。 その後も慢性的な赤字を抱えて状況は悪化の一途を辿り、危機的な状況が続いています。

  <市場駅の年表>

 ・1951(昭和26)年12月28日:神戸電鉄粟生線の電鉄市場駅として開業
 ・1988(昭和63)年4月1日:社名が神戸電鉄に変更され、同社の駅となる
 ・1988(昭和63)年4月1日:駅名が市場駅に改称される
 ・1990(平成2)年11月1日:駅構内の保線基地及び車両搬入所が竣工
 ・2007(平成19)年4月1日:ICカード「PiTaPa」の利用が可能になる
 ・2011(平成23)年3月1日:喫煙コーナーを廃止し、駅構内終日全面禁煙化
 ・2014(平成26)年4月1日:駅ナンバリングの導入
 ・2015(平成27)年3月3日:IC乗車カード全国相互利用開始によりKitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、nimoca、はやかけん、SUGOCAが利用可能になる

 
(駅 名 標)

 
(粟生方面を望む)

 
(鈴蘭台方面を望む)

 
(市場駅駅舎)

 
(駅舎内にある自動券売機)


 撮影年月日:2016(平成28)年5月8日


この記事をはてなブックマークに追加

播但線 寺前駅!

2016年06月27日 | 

兵庫県神崎郡神河町にあるJR西日本の寺前駅は、山陽本線の姫路駅と山陰本線の和田山駅とを結び、陰陽連絡線としての役割も担っている全線単線の播但線(65.7km)の駅です。
もともとは播但鉄道の一般駅である終着駅として1894(明治27)年7月26日に開業しましたが、その後、山陽鉄道を経て国鉄播但線の駅となりました。

単式ホームと島式ホームの2面3線を有していて列車交換可能な直営駅です。
1959(昭和34)年1月に建てられた駅舎は、2010(平成22)年5月に改築されました。

2012(平成24)年度の1日の平均乗車人員は439人です。

この寺前駅は神河町の代表駅で、特急「はまかぜ」の全列車が停車します。 また、電化区間と非電化区間の境界駅となっています。

  <寺前駅の年表>

 ・1894(明治27)年7月26日:播但鉄道の一般駅である終着駅として開業
 ・1895(明治28)年1月15日:播但鉄道が長谷駅まで延伸したことにより、途中駅となる
 ・1903(明治36)年6月1日:播但鉄道が山陽鉄道に譲渡され、同鉄道の駅となる
 ・1906(明治39)年12月1日:鉄道国有法により山陽鉄道が国有化され、国鉄の駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により国鉄播但線となり、同線の駅となる
 ・1982(昭和57)年10月2日:貨物取扱い廃止
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・1998(平成10)年3月14日:姫路駅から当駅まで電化されたことにより、電化・非電化の境界駅となる
 ・2013(平成25)年8月1日:駅構内終日全面禁煙化

 
(駅 名 標)

 
(駅 構 内)

 
(ホームから見た駅舎)

 
(左は旧駅舎:右は現在の駅舎)

 
(駅 舎 内)


 撮影年月日:2016(平成28)年1月3日


この記事をはてなブックマークに追加

石北本線 上白滝駅!

2016年06月26日 | 

北海道紋別郡遠軽町にあったJR北海道の上白滝駅は、新旭川駅と網走駅とを結ぶ全長234.0kmの石北本線の一般駅として、1932(昭和7)年10月1日に開業しました(開業時は石北線に所属)。
しかし、利用者減少のため、2016(平成28)年3月26日に廃駅となりました。

かつては相対式ホーム2面2線を有していて列車交換も可能でしたが、廃止時は単式ホーム1面1線のみを有する無人駅でした。
開業時の1932(昭和7)年に建てられた木造駅舎が最後まで健在でした。

1992(平成4)年3月14日のダイヤ改正から、上白滝駅に停車する普通列車は1日に下り1本・上り1本だけとなり、この運行形態は2016年3月26日に廃駅となるまで続きました。

  <上白滝駅の年表>

 ・1932(昭和7)年10月1日:石北線の一般駅として開業
 ・1961(昭和36)年4月1日:石北線が石北本線に改称され、同線の駅となる
 ・1978(昭和53)年3月1日:貨物取扱い廃止
 ・1983(昭和58)年1月10日:駅の無人化、荷物取扱い廃止
 ・1986(昭和61)年11月1日:この日のダイヤ改正から、土曜の登校日以外は1日に下り1本・上り1本の普通列車しか停車しなくなる
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅となる
 ・1992(平成4)年3月14日:この日のダイヤ改正から、すべての日で1日に下り1本・上り1本の普通列車しか停車しなくなる
 ・2016(平成28)年3月26日:利用者減少のため、廃駅となる

 
(駅 名 標)

 
(新旭川方面を望む)

 
(駅舎・ホーム側)

 
(上白滝駅駅舎)

 
(駅 舎 内)


 撮影年月日:2004(平成16)年6月15日 


この記事をはてなブックマークに追加