大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関西本線 柘植駅!

2016年05月31日 | 

三重県伊賀市にあるJR西日本の柘植駅は、名古屋駅から亀山、奈良を経てJR難波駅に至る全長179.6kmの関西本線の駅で、草津線の接続駅でもあります。
もともとは関西鉄道の一般駅として、1890(明治23)年2月19日に開業しました。

単式ホームと島式ホームの2面3線を有していて列車交換可能な簡易委託駅です。
古い木造駅舎が単式ホームの1番のりば側にあり、島式ホームの2・3番のりばへは跨線橋で連絡しています。

2014(平成26)年度の1日の平均乗車人員は341人です。

この柘植駅は、三重県内で最初に開業した駅です。 また、2006(平成18)年3月18日のダイヤ改正で廃止された急行「かすが(名古屋~奈良間)」の停車駅でした。

  <柘植駅の年表>

 ・1890(明治23)年2月19日:関西鉄道の一般駅として開業
 ・1907(明治40)年10月1日:鉄道国有法により関西鉄道が国有化され、国鉄の駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により関西本線となり、同線の駅となる
 ・1972(昭和47)年4月1日:貨物取扱い廃止
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・2001(平成13)年4月1日:駅の簡易委託化

 
(現在の駅名標)

 
(かつての駅名標、1997年7月31日撮影)

 
(奈良方面を望む)

 

 
(駅舎・ホーム側)

 
(柘植駅駅舎)

 
(駅 舎 内)

 
(駅舎西側にある1890(明治23)年に建てられたレンガ造りの危険品庫(ランプ小屋)


 撮影年月日:かつての駅名標のみ1997(平成9)年7月31日、その他は2016(平成28)年4月3日


この記事をはてなブックマークに追加

山陽本線 万富駅!

2016年05月30日 | 

岡山県岡山市東区瀬戸町にあるJR西日本の万富駅は、神戸駅から瀬戸内海に沿って門司駅までを結んでいる全線直流電化の山陽本線(537.1km・和田岬線を含む)の駅です。
もともとは山陽鉄道の一般駅として、1899(明治30)年12月26日に開業しました。

単式ホームと島式ホームの2面3線を有する直営(有人)駅です。
1937(昭和12)年11月に建てられた木造駅舎が単式ホームの1番のりば側にあり、島式ホームの2・3番のりばへは跨線橋で連絡しています。

2014(平成26)年度の1日の平均乗車人員は671人です。

かつてはこの万富駅から麒麟麦酒岡山工場まで専用線が敷かれていましたが、1986(昭和61)年11月1日に運行を終えました。

  <万富駅の年表>

 ・1897(明治30)年12月26日:山陽鉄道の一般駅として開業
 ・1906(明治39)年12月1日:鉄道国有法により山陽鉄道が国有化され、国鉄の駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により国鉄山陽本線となり、同線の駅となる
 ・1960(昭和35)年10月15日:貨物取扱い廃止
 ・1972(昭和47)年1月5日:貨物取扱い再開
 ・1972(昭和47)年1月5日:麒麟麦酒岡山工場への専用線が運行を開始
 ・1986(昭和61)年11月1日:麒麟麦酒専用線の運行終了、貨物取扱い廃止
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる

 
(駅 名 標)

 
(岡山方面を望む)

 
(跨線橋から神戸方面を望む)

 

 
(万富駅駅舎)

 
(駅 舎 内)


 撮影年月日:2014(平成26)年1月4日


この記事をはてなブックマークに追加

南海電鉄加太線 八幡前駅!

2016年05月29日 | 

和歌山県和歌山市にある八幡前駅は、紀ノ川駅から加太駅までを結んでいる南海電鉄加太線(9.6km)の駅です。 もともとは加太軽便鉄道の駅として、1912(明治45)年6月16日に開業しました。

相対式ホーム2面2線を有していて列車交換可能駅です。
駅舎は下りホーム(加太方面行きホーム)の加太寄りにあり、上りホームへ行くには構内踏切を渡ります。

2012(平成24)年度の1日の平均乗車人員は1,698人で、これは南海電鉄の全100駅中68位です。また、加太線の駅では8駅中2位です。

  <八幡前駅の年表>

 ・1912(明治45)年6月16日:加太軽便鉄道の駅として開業
 ・1930(昭和5)年12月22日:全線電化に伴って社名を加太電気鉄道に変更したことにより、同鉄道の駅となる
 ・1942(昭和17)年2月1日:会社合併により南海鉄道の駅となる
 ・1944(昭和19)年6月1日:戦時体制下の陸上交通事業調整法に基づき、南海鉄道と関西急行鉄道が合併して近畿日本鉄道となり、同鉄道の駅となる
 ・1947(昭和22)年6月1日:近畿日本鉄道が旧・南海鉄道の路線を南海電気鉄道に分離譲渡したことにより、同鉄道の駅となる
 ・2006(平成18)年7月1日:ICカードPiTaPa・ICOCAの利用が可能になる
 ・2011(平成23)年4月1日:駅構内終日全面禁煙化
 ・2012(平成24)年4月1日:駅ナンバリングの導入
 ・2013(平成25)年3月23日:IC乗車カード全国相互利用開始で Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、nimoca、はやかけん、SUGOCAが利用可能になる

 
(駅 名 標)

 
(加太方面を望む)

 
(紀ノ川方面を望む)

 

 
(八幡前駅駅舎)

 


 撮影年月日:2015(平成27)年12月20日


この記事をはてなブックマークに追加

山陰本線 八鹿駅!

2016年05月28日 | 

兵庫県養父市八鹿町にあるJR西日本の八鹿駅は、京都駅から山陰地方の日本海沿岸の各都市を経由して下関市の幡生駅に至る全長673.8kmの山陰本線の駅で、1908(明治41)年7月1日に開業しました。

単式ホームと島式ホームの2面3線を有していて列車交換可能な業務委託駅です。
1934(昭和9)年3月に建てられた木造駅舎が単式ホーム(下りホーム)側に健在で、島式ホーム(上りホーム)には跨線橋で連絡しています。

2013(平成25)年度の1日の平均乗車人員は637人です。

この八鹿駅は養父市の代表駅で、特急を含むすべての列車が停車します。

  <八鹿駅の年表>

 ・1908(明治41)年7月1日:国鉄の一般駅として開業
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により播但線となり、同線の駅となる
 ・1912(明治45)年3月1日:播但線の一部(福知山~香住間)が山陰本線に編入されたのに伴い、同線の駅となる
 ・1982(昭和57)年10月3日:貨物取扱い廃止
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・2013(平成25)年8月1日:駅構内終日全面禁煙化

 
(駅 名 標)

 
(京都方面を望む)

 
(跨線橋から豊岡方面を望む)

 

 
(八鹿駅駅舎)

 
(駅 舎 内)


 撮影年月日:2016(平成28)年3月13日


この記事をはてなブックマークに追加

今日は花火の日!

2016年05月28日 | 今日は何の日

5月28日は花火の日です!

江戸時代の中期、畿内を中心に大飢饉に見舞われ、江戸ではコレラが猛威を振るって多数の死者を出したことから、8代将軍・徳川吉宗が死者の慰霊と悪霊退散を祈って両国大川(現・隅田川)の水神祭を催しましたが、それに合わせて1733(享保18)年の今日(5月18日)、初めて花火が打ち上げられました。

このことにちなんで、5月28日は「花火の日」となりました。

日本では夏の夜の風物詩とされる花火ですが、大きく分けると、取り扱いや打ち上げに許可が必要な大型の打上花火(法令上の用語は煙火)と、お店などで販売されて家庭などで消費される小型のおもちゃ花火(法令上の用語は玩具花火)に分けられます。
そして、おもちゃ花火は誰でも使用できますが、打上花火の点火作業を行うことができるのは、日本煙火協会が発行する「煙火消費保安手帳」を所持した煙火消費従事者に限られています。

また、冬をピークに年間を通じて花火が消費される外国と違って、日本では花火の消費は夏に集中していますが、これは花火が川開きに使用されていた名残りだと言われています。


この記事をはてなブックマークに追加