大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

舞鶴線 真倉駅!

2015年09月30日 | 

京都府舞鶴市にあるJR西日本の真倉駅は、山陰本線の綾部駅と東舞鶴駅とを結ぶ前線単線の舞鶴線(26.4km)の中筋信号場として1929(昭和4)年6月1日に開設し、その後、旅客駅に昇格して真倉駅となりました。

相対式ホーム2面2線を有していて列車交換可能な無人駅です。
かつては古い木造駅舎がありましたが、1999(平成11)年10月に解体されました。

2013(平成25)年度の1日の平均乗車人員は22人で、舞鶴線内では最も利用客が少ない駅です。

 <真倉駅の年表>

 ・1929(昭和4)年6月1日:中筋信号場として開設
 ・1951(昭和26)年9月1日:旅客駅に昇格し、真倉駅として開業
 ・1973(昭和48)年4月1日:保安要員を除き、駅の無人化
 ・1979(昭和54)年3月8日:駅の完全無人化
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・1991(平成3)年4月1日:舞鶴鉄道部の発足により、その管轄となる
 ・1999(平成11)年10月:駅舎が解体される
 ・2006(平成18)年7月1日:舞鶴鉄道部の廃止に伴って福知山支社管轄に戻され、西舞鶴駅の被管理駅となる
 ・2012(平成24)年3月17日:ダイヤ改正により、一部の普通列車が通過となる
 ・2013(平成25)年8月1日:駅構内終日全面禁煙化

 
(左はJR西日本の駅名標、2002年6月8日撮影:右は国鉄時代の駅名標、1993年4月5日撮影)

 
(跨線橋から東舞鶴方面を望む)

 
(旧駅舎・ホーム側)

 
(左は旧駅舎、1993年4月5日撮影:右は駅舎解体後の姿、2002年6月8日撮影)


 撮影年月日:1993(平成5)年4月5日、2002(平成14)年6月8日


この記事をはてなブックマークに追加

関西本線 島ヶ原駅!

2015年09月29日 | 

三重県伊賀市にあるJR西日本の島ヶ原駅は、名古屋駅から亀山、奈良を経てJR難波駅に至る全長179.6kmの関西本線の駅です。
もともとは関西鉄道の一般駅として、1897(明治30)年11月11日に開業しました。

長い相対式ホーム2面2線を有していて列車交換可能な簡易委託駅です。
1921(大正10)年12月に建てられた木造駅舎が今も健在です。

2013(平成25)年度の1日の平均乗車人員は145人です。

 <島ヶ原駅の年表>

 ・1897(明治30)年11月11日:関西鉄道の一般駅として開業
 ・1907(明治40)年10月1日:鉄道国有法により関西鉄道が国有化され、国鉄の駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により関西本線となり、同線の駅となる
 ・1970(昭和45)年8月1日:貨物取扱い廃止
 ・1983(昭和58)年4月1日:駅の無人化(簡易委託)
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる

 
(駅 名 標)

 
(亀山方面を望む)

 
(跨線橋から加茂方面を望む)

 
(駅舎・ホーム側)

 
(駅舎正面)


 撮影年月日:1997(平成9)年8月1日


この記事をはてなブックマークに追加

招き猫の日!

2015年09月29日 | 今日は何の日

9月29日は招き猫の日です!

日本招猫倶楽部が「くる(9)ふ(2)く(9)」の語呂合わせから記念日に制定しました。

毎年この日の前後の土・日を中心に、三重県伊勢市の「おかげ横丁」の来る福招き猫まつりをはじめ、日本各地で記念行事が開催されます。

 
(招 き 猫) 

招き猫は、手(前足)で人を招く形をした猫の置物で、昔から商売繁盛の縁起物とされています。

招き猫には、右手(前足)を上げている猫と左手(前足)を上げている猫と両手を上げている猫の3種類があり、右手を上げている猫はお金(金運)を招き、左手を上げている猫は人(お客さん)を招くと言われています。
これに対して両手を上げている猫は、“欲張りすぎると「お手上げ万歳」になるのが落ち”と嫌う人が多いみたいです。

また、招き猫の上げた手の高さにもいろいろあり、耳の辺りまで上げている猫が多いですが、中には耳を超えて高く上げている猫もいます。
この手を上げる高さにも意味があり、手の位置が高ければ高いほど遠くの福を招くと言われています。

招き猫の色もいろいろあり、一般的には三毛猫であるが、最近は地の色が伝統的な白や赤や黒色の他に、金色やピンクや青色のものまであります。
色にもそれぞれ意味があるみたいで、

・白い招き猫→『福を招くもの』

・黒い招き猫→黒い猫を嫌ってる人もあるが、昔の日本では“夜でも目が見える”などの理由から、福猫として魔除けや幸運の象徴とされ、『魔除けや厄除け』の意味を持ちます。

・金の招き猫→『金運を招くもの』

・赤い招き猫→赤色は昔から疱瘡や麻疹が嫌う色といわれてきたため、『病除け』の意味を持ちます。

・ピンクの招き猫→『恋愛』

・青い招き猫→『交通安全』

などの意味があるようです。 

それからこれは不確定情報なんですが、招き猫にもどうやら性別があるらしいんです。 右手を上げている猫が雄猫で、左手を上げている猫がメス猫だといわれてるんですが、その根拠は分かりません。


この記事をはてなブックマークに追加

神戸電鉄有馬線 有馬口駅!

2015年09月28日 | 

兵庫県神戸市北区にある有馬口駅は、湊川駅と有馬温泉駅とを結んでいる神戸電鉄有馬線(22.5km)の駅です。 もともとは神戸有馬電気鉄道の唐櫃駅として1928(昭和3)年11月28日に開業しました。

島式ホームの2面4線を有します。
駅舎は下りホームの三田寄りにありますが、上りホームにも無人の改札口があります。

2010(平成22)年度の1日の平均乗車人員は496人です。

 <有馬口駅の年表>

 ・1928(昭和3)年11月28日:神戸有馬電機鉄道の唐櫃駅として開業
 ・1947(昭和22)年1月9日:三木電気鉄道と合併して神有三木電気鉄道となり、同鉄道の駅となる
 ・1949(昭和24)年4月30日:社名が神戸電気鉄道に変更され、同鉄道の駅となる
 ・1951(昭和26)年3月20日:駅名が有馬温泉口駅に改称される
 ・1954(昭和29)年9月1日:駅名が有馬口駅に改称される

 
(駅 名 標)

 
(三田方面を望む)

 
(駅舎・ホーム側)

 
(駅舎正面)

 
(上りホームにある無人の改札口)


 撮影年月日:2012(平成24)年5月10日


この記事をはてなブックマークに追加

芸備線 野馳駅!

2015年09月27日 | 

岡山県新見市にあるJR西日本の野馳駅は、備中神代駅から三次駅を経て広島駅に至る全線単線非電化の国鉄芸備線(159.1km)の一般駅として、1930(昭和5)年11月25日に開業しました(開業時は三神線に所属)。

かつては相対式ホーム2面2線を有していて列車交換も可能でしたが、後に片側の線路は撤去されてしまい、現在は単式ホーム1面1線の簡易委託駅です。
昭和5年11月の開業時に建てられた木造駅舎は、今も健在です。

2013(平成25)年度の1日の平均乗車人員は33人です。

 <野馳駅の年表>

 ・1930(昭和5)年11月25日:三神線の一般駅として開業
 ・1937(昭和12)年7月1日:三神線が芸備線に編入されたのに伴い、同線の駅となる
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる

 
(駅 名 標)

 
(備中神代駅方面を望む)

 
(駅舎・ホーム側)

 
(駅舎正面)


 撮影年月日:1994(平成6)年4月15日


この記事をはてなブックマークに追加