大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日は安藤百福の日!

2017年03月05日 | 今日は何の日

3月5日は安藤百福の日です!

世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」や世界初のカップメンである「カップヌードル」などを発明し、“インスタントラーメンの父”と呼ばれる安藤百福さんの『人間にとって一番大事なのは創造力であり、発見・発明こそが歴史を動かす』との熱い思いを後世に伝えたいと、日清食品ホールディングス株式会社が2010(平成22)年に3月5日を「安藤百福の日」に制定しました。

日付けは、安藤百福さんの誕生日が3月5日だったことから、この日になりました。

安藤百福さんは日清食品の創業者でもあり、1971(昭和46)年9月18日に発売を開始した「カップヌードル」は同社のロングセラー商品です。

即席めんの競争は激しく、市場には800種類を超える商品があふれ、毎年500種類以上の新製品が発売されては消えていく中で、日清のカップヌードルは発売以来、味も形状もほとんど変えてないにもかかわらず、カップ麺市場で常にトップのシェアを維持しているのはすごいことです。
海外でも1973(昭和48)年にアメリカで発売が開始されてから2011(平成23)年時点で世界80ヶ国以上で発売されており、発売以降の累計販売数は400億食を突破し、日本国内での販売数も2011年7月に200億食を超えました。 もはや日本のみならず世界中の人々に愛されている『キングオブカップ麺』といえるでしょう。

その強さの第一の秘密は、容器のカップに包装材、調理器具、食器という3つの機能を併せ持たせた着想の斬新さだったと思います。

1958(昭和33)年8月25日に世界初の即席めん「チキンラーメン」を発売した日清食品の創業者の今は亡き安藤百福さんが、「新たに国際食として海外でも通用する即席めんを作りたい」と模索を始め、1966(昭和41)年の欧米視察の際に、アメリカで商談中、サンプルとして持参したチキンラーメンをスーパーの購買担当者が細かく砕いて紙コップに入れ、お湯を注いでフォークで食べ始めたのを見た瞬間、安藤会長の頭にカップ麺の構想がひらめいたのでした。

ジャンル:
ラーメン
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近鉄生駒線 一分駅! | トップ | 札沼線 新十津川駅! »
最近の画像もっと見る

今日は何の日」カテゴリの最新記事