大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山陽本線(和田岬線) 和田岬駅! 

2016年04月24日 | 

兵庫県神戸市兵庫区にあるJR西日本の和田岬駅は、山陽本線の支線(兵庫~和田岬間=通称名:和田岬線、2.7km)の駅です。 もともとは山陽鉄道の貨物駅である和田崎町駅として、1890(明治23)年7月8日に開業しました。

単式ホーム1面1線のみを有する無人駅です。
かつては1943(昭和18)年に建てられた平屋建ての木造駅舎がありましたが、2009(平成21)年7月に解体されて、その跡地には現在、コンビニがあります。

2013(平成25)年度の1日の平均乗車人員は5,159人です。

和田岬駅が属する和田岬線は平日は17往復、土曜日は12往復が運行されていますが、朝晩の通勤客向けに特化した路線という性格から、日中は全く列車の運行がなく、日曜・祝日は朝夕各1往復の2往復のみの運行となっています。

  <和田岬駅の年表>

 ・1890(明治23)年7月8日:山陽鉄道の貨物駅である和田崎町駅として開業
 ・1895(明治28)年    :駅名が和田岬駅に改称される
 ・1906(明治39)年12月1日:鉄道国有法により山陽鉄道が国有化され、国鉄の駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により山陽本線となり、同線の駅となる
 ・1911(明治44)年11月1日:旅客営業を開始し、一般駅となる
 ・1980(昭和55)年10月1日:貨物取扱い廃止
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・1995(平成7)年1月17日:阪神淡路大震災で和田岬線全線が不通になったことにより営業休止
 ・1995(平成7)年2月15日:和田岬線全線が復旧したことにより営業再開
 ・1999(平成11)年2月26日:駅の無人化
 ・2001(平成13)年7月1日:兵庫駅~和田岬駅間が電化される
 ・2009(平成21)年7月27日:平屋建ての木造駅舎を解体する

 
(駅 名 標)

 
(左は電化前:右は電化後)

 
(左は旧駅舎・ホーム側:右は旧駅舎が解体された現在の姿)

 
(左は和田岬駅旧駅舎:右は現在の和田岬駅、旧駅舎の跡地にはコンビニがあります)

 
(旧駅舎内)


 撮影年月日:2000(平成12)年5月28日、2012(平成24)年5月13日 

『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 越美北線 九頭竜湖駅! | トップ | 和歌山電鐵貴志川線 交通セ... »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事