大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

紀勢本線 太地駅!

2016年11月12日 | 

和歌山県東牟婁郡太地町にあるJR西日本の太地駅は、亀山駅から新宮駅、紀伊田辺駅を経て和歌山市駅までの384,2kmを結んでいる紀勢本線の一般駅として、1935(昭和10)年7月18日に開業しました(開業時は紀勢中線に所属)。

築堤上に単式ホーム1面1線のみを有する無人駅です。
1964(昭和39)年3月に建てられたコンクリート造りの駅舎が健在で、旧事務室には社会福祉法人が入っています。

2014(平成26)年度の1日の平均乗車人員は112人で、これは起終点駅を含む紀勢本線の全96駅中47位です。

この太地駅は太地町の中心駅で、全ての特急列車が停車します。

  <太地駅の年表>

 ・1935(昭和10)年7月18日:国鉄紀勢中線の一般駅として開業
 ・1940(昭和15)年8月8日:紀勢中線が紀勢西線に改称されたのに伴い、同線の駅となる
 ・1959(昭和34)年7月15日:紀勢西線が紀勢本線の一部となり、同線の駅となる
 ・1964(昭和39)年3月:駅舎改築
 ・1985(昭和60)年3月14日:駅の無人化
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる
 ・1989(平成元)年7月22日:路線愛称の制定により、「きのくに線」の愛称を使用開始
 ・2003(平成15)年10月1日:喫煙コーナーを除いて、駅構内終日全面禁煙化
 ・2014(平成26)年3月15日:全ての特急列車が停車するようになる

 
(駅 名 標)

 
(太地駅駅舎)

 
(駅 舎 内)


 撮影年月日:2002(平成14)年5月30日

『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北条鉄道 長駅! | トップ | 山陽電鉄 大蔵谷駅! »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事