大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

播但線 新井駅!

2016年10月14日 | 

兵庫県朝来市にあるJR西日本の新井駅は、山陽本線の姫路駅と山陰本線の和田山駅とを結び、陰陽連絡路線としての役割も担っている全線単線の播但線(65,7km)の駅です。
もともとは播但鉄道の一般駅として1901(明治34)年8月29日に開業しましたが、その後、山陽鉄道を経て国鉄播但線の駅となりました。

かつては単式ホームと島式ホームの2面3線を有していましたが、現在は相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能な簡易委託駅です。
開業時の1901(明治34)年8月に建てられた木造駅舎が下りホーム(和田山方面行きホーム)側に健在で、上りホームへは跨線橋で連絡しています。

2014(平成26)年度の1日の平均乗車人員は131人で、これは起終点駅を除く播但線の全16駅中14位です。

この新井駅は、1996(平成8)年3月15日に廃止された急行「但馬」の停車駅でした。

  <新井駅の年表>

 ・1901(明治34)年8月29日:播但鉄道の一般駅として開業
 ・1903(明治36)年6月1日:播但鉄道が山陽鉄道に譲渡され、同鉄道の駅となる
 ・1906(明治39)年12月1日:鉄道国有法により山陽鉄道が国有化され、国鉄の駅となる
 ・1909(明治42)年10月12日:国鉄線路名称制定により播但線となり、同線の駅となる
 ・1980(昭和55)年4月1日:貨物取扱い廃止
 ・1983(昭和58)年4月4日:駅の無人化(簡易委託)
 ・1987(昭和62)年4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる

 
(駅 名 標)

 
(姫路方面を望む)

 
(和田山方面を望む)

 
(駅舎・ホーム側)

 
(新井駅駅舎)

 
(駅 舎 内)


 撮影年月日:2016(平成28)年3月13日

『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 根室本線 東根室駅! | トップ | 芸備線 平子駅(旧駅舎)! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む