大阪市北区で行政書士・海事代理士・マンション管理士を営んでいる原田行政書士法務事務所の駅ブログ

主に学生時代から撮り続けている全国の駅の写真等をブログで毎日公開しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阪急電鉄宝塚線 清荒神駅!

2017年02月24日 | 

兵庫県宝塚市清荒神1丁目にある清荒神駅は、梅田駅と宝塚駅とを結んでいる阪急電鉄宝塚本線(24,5km)の駅です。 もともとは箕面有馬電気軌道の駅として、1910(明治43)年3月10日に開業しました。

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、駅舎は上り・下りそれぞれのホームの宝塚寄りにあります。

2014(平成26)年度の1日の平均乗降人員は7,822人で、これは阪急電鉄の全83駅中77位です。 また、宝塚線の駅では19駅中19位です。

この清荒神駅は阪急電鉄の中で最古の駅の1つで、火の神、カマド(台所)の神として有名な清荒神清澄寺の参詣道に直結しています。

清荒神駅が属する宝塚本線は阪急電鉄のルーツというべき路線で、箕面有馬電気軌道として1910(明治43)年に開業した当初、阪神本線や京阪本線のように2大都市間を結んでいるわけでも沿線に大きい都市があるわけでもないこの路線は、畑以外何も無いようなところを走ることから「ミミズ電車」と皮肉られて採算性に疑問の声も多かったが、同社の専務(実質の会社代表で、後に社長となる)であった小林一三は路線が開業するやいなや沿線開発を積極的に推し進め、住宅地や遊楽施設をつくり上げて乗客獲得に成功し、日本の私鉄経営モデルの模範となりました。

  <清荒神駅の年表>

 ・1910(明治43)年3月10日:箕面有馬電気軌道(後の阪急電鉄)の駅として開業
 ・1918(大正7)年2月4日:社名が阪神急行電鉄に改称され、同社の駅となる
 ・1943(昭和18)年10月1日:戦時体制下の陸上交通事業調整法により京阪電気鉄道を合併して京阪神急行電鉄となり、同社の駅となる
 ・1973(昭和48)年4月1日:社名が阪急電鉄に改称されたことに伴い、同社の駅となる
 ・2004(平成16)年8月1日:ICカード「PiTaPa」の利用が可能になる
 ・2006(平成18)年1月21日:ICカード「ICOCA」の利用が可能になる
 ・2011(平成23)年9月1日:喫煙コーナーを除いて、駅構内終日全面禁煙化
 ・2013(平成25)年3月23日:IC乗車カード全国相互利用開始によりKitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、nimoca、はやかけん、SUGOCAが利用可能になる
 ・2013(平成25)年12月21日:駅ナンバリングの導入

 
(駅 名 標)

 
(宝塚方面を望む)

 
(上りホームの駅舎)

 
(上りホームの駅舎内)

 
(下りホームの駅舎)


 撮影年月日:2015(平成27)年11月22日

『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道本線 彦根駅! | トップ | 山陽本線 土山駅! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む