gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

気功はユダヤで始まった(気功の歴史)

2017-07-11 08:41:02 | 日記
気功はユダヤで始まった(気功の歴史) 「気功はユダヤで始まった」 歴史上定説になっていることは、意外と間違いが多いものです。明治維新を起こした「薩長同盟」の立役者は坂本龍馬とされていますが、あれは司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」の中で書いてあることで、資料館の文献によると最大の貢献者は薩摩藩家老「小松帯刀(こまつたてわき)」となっています。              「気功はいつどこで始まったのか? 」という質問をすると殆どの人が中国と答えます。しかし、私はそう思いません。私は、気功は「ユダヤ」で始まったと思います。その根拠は「気功」と「トランプ」との関係に基づいています。 私は2011年の1月に空海様ゆかりの地である滋賀県の立木観音に参拝しました。そこで「不思議な現象」に出会いました。本堂まで行く途中の階段で、突然私は息が苦しくなり、呼吸ができなくなり、そこでうずくまってしまいました。前方を見ると眩しくて瞳がつぶされそうになるほどの「光明」が木々の間から差し込んできました。その「光の形」が一瞬「マニ宝珠」に見えたのです。私はカメラを取り出しすばやくシャターを押しました。その写真が下の写真です。このマニ宝珠の光を浴びているうちに体はますます元気になり、呼吸も正常に戻りました。 密教ではマニ宝珠は「最高の氣エネルギー」と言われています。空海も立木観音でマニ宝珠を見たといわれています。空海の説く密教では、すべての構成要素として空間に形があると述べられています。私の撮った写真の中に時々現れるマニ宝珠を構成している「ハート、スペード、ダイヤの形」は万物の元となる素粒子の塊と思われます。 皆さんが子供の頃から遊ばれた「トランプ」には不思議な歴史があります。トランプは紀元前13世紀ごろユダヤ教の中で生まれました。キリストも子供の頃トランプで遊びました。しかし紙が発明されたのは西暦100年頃ですから、当時のトランプは布だったと思います。 キリストはユダヤの気功師から気功術を学びました。それがキリストが気功で民衆を救っていったきっかけとなっています。やがて「気功術とトランプ」はシルクロードを伝わって仏教圏や中国に入ります。気功術は中国から日本へ渡り、日本では当時、邪馬台国(九州の奥八女)に住んでいた卑弥呼が気功術の使い手になります。 昔から「邪馬台国の場所」についての論争は関西の「大和の国」と九州の「筑紫の国」が有力候補として挙げられいますが、私はどちらも正しいと思います。私は邪馬台国は最初は九州の「筑紫の国(日向神)」にあり、それが奈良の「大和の国」へ移動したと思います。だから今でも九州と奈良では「筑紫山門」と「奈良大和」のような同名の地名がたくさん残っています。皆さんも、家を引越した場合、前の家と同じ造りにしたいと思うことがあると思います。それが山門(ヤマト)と大和(ヤマト)とのように同じ地名として残ったと思います。卑弥呼は優秀なシャーマン(気功師)でした。私は父(原田筑紫)が画家だったので、子供のころよく父に連れられて、筑紫の国の日向神というところ、女優の黒木瞳さんが生まれた近くにある景勝地へスケッチに行きました。そこには中国を想像させるような岩山が幾つもあり、その一つに穴のあいた岩山があり、その穴から太陽が差し込む姿はまさに神々しく、卑弥呼の姿を想像させるような光景でした。私は7歳のとき父に連れられて奥八女にある邪馬台国(日向神)へ訪れました。そこで父から卑弥呼がこの土地で大蔵一族に太陽の光明の力を借りた気功を教えていた話を聞かされました。大蔵一族とは卑弥呼の護衛をしていて国を守っていた一族です。今の大蔵省はこの大蔵の名前に由来しています。大蔵一族はその後、氏を「原田」に改めて原田一族になりました。私は原田一族の子孫です。卑弥呼は都を奥八女から奈良の大和へ移した後も、その近辺の住民に気功を教えます。その近辺の住民が安倍一族です。安倍一族からは後に有名な気功師として安倍晴明が誕生します。一方、卑弥呼が去った後の九州の邪馬台国は「筑紫の国」と地名を変えて原田一族が今の久留米付近で、国を治めることになります。その時期に原田一族から気功を習ったのが中国から「密教とトランプ」を日本へ持ち込んだ空海でした。久留米の地名は空海が名ずけたもので空海が「久米に留まる」と言ったことに由来しています。その後「筑紫の国」は都の中心を大宰府に移します。その時期に原田一族から気功を習ったのが京都から左遷された菅原道真でした。「飛梅伝説」は菅原道真が気功で梅の花粉を京都から大宰府に呼び寄せた実話です。


私が時々ブログで紹介している写真の中にトランプの「ハート」「スペード」「ダイヤ」の形をした氣の光の塊がありますが、これを肉眼で発見したユダヤでトランプを最初に作ったひとは相当の気功の達人と思われます。このことで「気功」はユダヤで始まったことが証明されます。




                   トランプ大統領の誕生も気功と関連ある「トランプ」とう名前にアメリカ国民が引き付けられたからだと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月16日(日)京都で気功セ... | トップ | 上期の競馬G1レースと「偶然... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL