井伊影男の植物観察

植物の生き方の不思議さ、彼らのたくましさ、したたかさに触れる。しかし、観察者が井伊加減男だからなあ。

雪の上の落し物シナノキの翼果

2016年12月28日 | 日記


シナノキの翼果。シナノキ科シナノキ属。
シナノキの果実は堅果、果序の下部にヘラ型の総苞片が1枚つき、総苞片の下半分ほどは果序軸と合着して、総苞片の中ほどから果序が伸び出しているように見える。



シナノキの小枝。
シナノキの冬芽は丸っこく、2列互生につくので1年生枝はジグザクになる。
果実の枝に対する付着力は一定でなく、一斉に落ちることは少なく、早く落ちるものと遅くまで枝に残るものとがある。



シナノキとオオバボダイジュの翼果。シナノキ科シナノキ属。
左:オオバボダイジュ  右:シナノキ
果序軸にヘラ型の総苞片がつくという基本的な点では両者一緒。
果実も総苞片もオオバボダイジュの方が大型になり、総苞片の柄はオオバボダイジュの方が短い。
オオバボダイジュの果実には5個の隆起線(すじ)があるが、シナノキにはない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の上の落し物ユリノキの翼果 | トップ | 雪の上の落し物ニセアカシア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。