井伊影男の植物観察

植物の生き方の不思議さ、彼らのたくましさ、したたかさに触れる。しかし、観察者が井伊加減男だからなあ。

オタネ浜の花27ホソバツルリンドウ

2016年10月25日 | 日記


ホソバツルリンドウ。リンドウ科ホソバツルリンドウ属。
ホソバツルリンドウ、特別海浜植物と紹介されることもないが、オタネ浜の第2砂丘にヒロハクサフジ、ハマナス、ハマエンドウなどに混じって生育している。



ホソバツルリンドウの葉。
ツルリンドウの葉は3行脈が目立つ葉で、越冬葉だけでも見分けられるほど。
ホソバツルリンドウの葉はツルリンドウより細く、3行脈も左程目立たない。



ホソバツルリンドウの花。
ツルリンドウの花が5数性であるのに対してホソバツルリンドウの花は4数性(花冠、萼とも4裂)である。
ツルリンドウはリンドウ科の中で例外的な存在である。つる性であることに加えて、リンドウ科の果実の多くが蒴果であるのに対してツルリンドウは液果である。
ホソバツルリンドウはつる性である点は例外的であるが、果実の方はリンドウ科らしく蒴果である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オタネ浜の花26シロヨモギ | トップ | オタネ浜の花28イガオナモミ1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。