井伊影男の植物観察

植物の生き方の不思議さ、彼らのたくましさ、したたかさに触れる。しかし、観察者が井伊加減男だからなあ。

オタネの花4セイタカアワダチソウ

2016年10月01日 | 日記


セイタカアワダチソウの群落。
アキノキリンソウの仲間の帰化種にオオアワダチソウとセイタカアワダチソウなどがある。
在来種のアキノキリンソウの草丈が80cm以下であるのに対して、帰化種のオオアワダチソウやセイタカアワダチソウは大きいものでは200cmにもなる。
オオアワダチソウの方が花期が早く、札幌周辺で8月に開花していればオオアワダチソウ、9月に開花するものはセイタカアワダチソウと見て先ず間違いない。



セイタカアワダチソウの花序。
オオアワダチソウもセイタカアワダチソウも花序は円錐形で良く似ている。
頭花の径はオオアワダチソウで6~7mm、セイタカアワダチソウでは3~4mmで小さい。



セイタカアワダチソウの茎。
花期や頭花の大きさで、オオアワダチソウとセイタカアワダチソウとは大凡見分ける事ができるが、中には判定に迷うケースもよくある。
そんな時に決定的な見分けのポイントは、茎や葉の毛の状態。セオオアワダチソウの場合は無毛で感触はツルツル、セイタカアワダチソウでは剛毛が密生していてザラザラでなる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オタネの花3アキノキリンソウ... | トップ | オタネの花5クサフジ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。