井伊影男の植物観察

植物の生き方の不思議さ、彼らのたくましさ、したたかさに触れる。しかし、観察者が井伊加減男だからなあ。

オタネ浜の花33ツルウメモドキ1

2016年10月31日 | 日記


ツルウメモドキの果実。ニシキギ科ツルウメモドキ属。
ツルウメモドキは「つる性のウメモドキ」の意味。
葉腋に赤い果実がかたまってつく所がモチノキ科のウメモドキに似てつる性であるところからの命名。
「ウメモドキ」は「梅擬」で葉が梅の葉に似るからだという。ツルウメモドキには梅の名が含まれるが梅とのつながりは全くない。
果実は蒴果で熟すと黄色い果皮が割れ、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が現われる。
その彩りが美しいので生け花やリースによく使われる。



ツルウメモドキの果実2.
果実は黄色く熟す。黄色い果皮が裂開した状態になると果皮は落ちやすくなってしまう。
そこで生け花などに使う場合は、黄色く色づいたところで採取するという。



ツルウメモドキの幼果実。
幼果実は緑色。花屋がツルウメモドキを扱う場合には、果皮が色づき、裂開する時期をコントロールするために緑色の状態で採取するのだという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オタネ浜の花32キンギンボク | トップ | オタネ浜の花34ツルウメモ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。