井伊影男の植物観察

植物の生き方の不思議さ、彼らのたくましさ、したたかさに触れる。しかし、観察者が井伊加減男だからなあ。

樹木ウォッチング冬から夏へ161ヤマモミジとハウチワカエデ3

2017年05月12日 | 日記


ハウチワカエデの幼葉。カエデ科カエデ属。
芽吹き時の幼葉は両面に軟毛が密生する。
この軟毛が冬芽の変化や芽吹き時の様子を演出する。



ヤマモミジの花序。
ヤマモミジの仲間は雄性雌雄同株で、同じ花序に雄花と両性花とが混生するとされるが、雄花の方が圧倒的に多い花序も存在する。



ハウチワカエデの花序。
この花序には雄花と両性花が混在する。
両性花は雄しべは退化していて雌花の働きをするとも言われる。
子房は一部が伸びだし、翼果の形を見せ出している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樹木ウォッチング冬から夏へ... | トップ | 樹木ウォッチング冬から夏へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。