井伊影男の植物観察

植物の生き方の不思議さ、彼らのたくましさ、したたかさに触れる。しかし、観察者が井伊加減男だからなあ。

樹木ウォッチング冬から夏へ197ヤブガラシ1

2017年06月18日 | 日記


ヤブガラシの群落。ブドウ科ヤブガラシ属。
ブドウ科のつる植物で、伸ばしたつるで他の植物に絡みつき、かぶさるように覆う。そんな形でその植物を枯らしてしまうので「藪枯らし」と呼ばれる。
この写真、葛の繁殖力も相当なものだが五分に戦っている。



ヤブガラシのつる。
ヤブガラシの巻きひげは葉と対生する。
始めは1本で伸びるが、やがて枝分かれし二股になり、両腕で抱きつくように絡みついていく。



ヤブガラシの葉。
一見掌状複葉に見えるが、5小葉の基部が1ケ所に集まらない。
側小葉から後ろ向きに1小葉が分れて5小葉となる。こうした複葉を「鳥足状複葉」と呼ぶ。アマチャヅルなどにも見られる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樹木ウォッチング冬から夏へ... | トップ | 安倍晋三の戦前レジームへの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。